283年(晋の太康4年)の主な出来事

-283年- 癸卯(きぼう)
【晋】 太康(たいこう)4年 ※武帝(ぶてい。司馬炎〈しばえん〉)

月別および季節別の主な出来事

【01月】 「山濤(さんとう)の死」
晋(しん)の山濤が死去する(205年~)。
『参考年表』

【03月】 「司馬攸(しばゆう)の死」
晋の司馬炎の冷遇を受け斉王(せいおう)の司馬攸が憤死する。
『参考年表』

【10月】
晋の司馬炎が魏舒(ぎしょ)を「司徒(しと)」に任ずる。
『参考年表』

【12月】 「孫晧(そんこう)の死?」
孫晧が死去する。このとき42歳だった。その後、孫晧は河南県(かなんけん)に葬られた。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫晧伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『呉録(ごろく)』

⇒12月
晋の帰命侯(きめいこう)の孫晧が洛陽(らくよう)で死去する(242年~)。
『参考年表』

なお『三国志』(呉書・孫晧伝)には「孫晧は太康5(284)年に洛陽で死去した」とあった。なぜ本伝と『呉録』に食い違いがあるのかはわからなかった。

「この年(283年)に亡くなったとされる人物」
司馬攸(しばゆう)・孫晧(そんこう)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

「孫晧」についてはさらなる考察を要する。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】