252年(魏の嘉平4年・蜀の延熙15年・〈呉の太元2年〉→〈神鳳元年〉→建興元年)の主な出来事

-252年- 壬申(じんしん)
【魏】 嘉平(かへい)4年 ※少帝(しょうてい。曹芳〈そうほう〉)
【蜀】 延熙(えんき)15年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 (太元〈たいげん〉2年) → (神鳳〈しんほう〉元年) → 建興(けんこう)元年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉) → 会稽王(かいけいおう。孫亮〈そんりょう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
癸卯(きぼう)の日(2日)
魏(ぎ)の曹芳が撫軍大将軍(ぶぐんだいしょうぐん)の司馬師(しばし)を大将軍(だいしょうぐん)に任ずる。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)

【01月】
呉(ご)の孫権が、もとの皇太子(こうたいし)の孫和(そんか)を南陽王(なんようおう)に封じて長沙(ちょうさ)に、息子の孫奮(そんふん)を斉王(せいおう)に封じて武昌(ぶしょう)に、同じく息子の孫休(そんきゅう)を琅邪王(ろうやおう)に封じて虎林(こりん)に、それぞれ置く。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【02月】
魏の曹芳が、張氏(ちょうし)を皇后(こうごう)に立てたうえ大赦を行う。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【02月】「呉の改元」
呉の孫権が大赦を行い、「太元」を「神鳳」と改元する。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【02月】「潘皇后(はんこうごう)の崩御(ほうぎょ)」
呉の潘皇后が崩御する。
『三国志』(呉書・呉主伝)

『三国志』(呉書・孫権潘夫人伝〈そんけんはんふじんでん〉)によると「潘氏は陰険な性格で多くの人々から恨まれていた。彼女が孫権の看病疲れで病気になり寝ていたところ、宮女たちに縊(くび)り殺された」とある。

【02月】
呉の部将や官吏たちが王表(おうひょう)のもとを訪れ、孫権のために福を乞うたところ、王表が逃亡する。
『三国志』(呉書・呉主伝)

一応、2月のこととみたが、3月に入ってからのことかも?

【?月】
呉の孫権が危篤に陥り、諸葛恪(しょかつかく)・孫弘(そんこう)・滕胤(とういん)・呂拠(りょきょ)を召し寄せて後事を託す。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【04月】「孫権の崩御」
呉の孫権が崩御する。このとき71歳だった。孫権は大皇帝(たいこうてい)と諡(おくりな)された。
『三国志』(呉書・呉主伝)

『三国志』(呉書・諸葛恪伝)によると「呉の諸葛恪が、弟で公安督(こうあんのとく)を務める諸葛融(しょかつゆう)に与えた手紙にいう」として、「今月(4月)乙未(いつび)の日(16日?)、大行皇帝陛下(孫権)は万国の民を打ち捨てて崩御され、臣民たちは貴賤(きせん)を問わず、悲しみ悼まぬ者はない……」とある。

原文では今月16日乙未とあるが、4月の乙未の日は16日ではなく26日だと思われる。

『傅子(ふし)』…孫策(そんさく)と孫権の活躍について。

【04月】「孫亮の即位と呉の改元」
呉の孫亮が帝位に即き大赦を行う。また「神鳳」を「建興」と改元した。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

『三国志』(呉書・諸葛恪伝)によると「呉の諸葛恪が、弟で公安督を務める諸葛融に与えた手紙にいう」として、「~皇太子殿下(孫亮)は丁酉(ていゆう)の日(28日)に帝位に登られ……」とある。

【04月】
呉の諸葛恪が孫弘を殺害して実権を握る。
『正史 三国志8』の年表

【05月】
魏で2匹の魚が武庫の屋根の上に現れる。
『三国志』(魏書・斉王紀)

『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』…以前、呉の孫権が東興隄(とうこうてい)を築いて巣湖(そうこ)をせき止めた。後年、魏が淮南(わいなん)を征討した際、その堤防は壊れてしまったが修復しなかった。

この年、呉の諸葛恪は軍を指揮して堤防の左右を山につなぎ、その両端にふたつの城砦を築き全端(ぜんたん)と留略(りゅうりゃく)に守備を命じ、自身は軍をひきいて帰還した。

魏では諸葛誕(しょかつたん)が司馬師に、「呉の侵入を機会に、文舒(ぶんしょ。王昶〈おうちょう〉)を江陵(こうりょう)に迫らせ、仲恭(ちゅうきょう。毌丘倹〈かんきゅうけん〉)を武昌(ぶしょう)に向かわせ、呉の上流域の動きを封じてから精鋭を選り抜き、ふたつの城砦を攻められますように」と提案して容れられた。

【閏04月】
呉の孫亮が、諸葛恪を太傅(たいふ)に、滕胤を衛将軍(えいしょうぐん)に、それぞれ任じて尚書(しょうしょ)の職務を兼任させ、上大将軍(じょうだいしょうぐん)の呂岱(りょたい)を大司馬(だいしば)に任ずる。これと同時にもろもろの文武の官にある者の爵位を進めて恩賞を下賜し、一般の官吏もそれぞれ昇級させた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【07月】
呉の孫亮が、孫権を建業(けんぎょう)北郊の蔣陵(しょうりょう)に葬る。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【10月】
呉の太傅の諸葛恪が軍をひきいて巣湖に向かい、その地で魏軍の侵出を押しとどめたうえ東興に城を築く。そして将軍の全端を西城の守備に、都尉(とい)の留略を東城の守備に、それぞれ充てた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

⇒10月
呉の諸葛恪が東興大堤(とうこうだいてい)とそれに付属するふたつの城を築く。
『正史 三国志8』の年表

【11月】
魏の曹芳が詔(みことのり)を下し、征南大将軍(せいなんだいしょうぐん)の王昶、征東将軍(せいとうしょうぐん)の胡遵(こじゅん)、鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)の毌丘倹らに呉の征伐を命ずる。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【12月】
丙申(へいしん)の日(1日)、朔(さく)
呉で強風が吹き雷も鳴る。魏は将軍の諸葛誕や胡遵らに歩騎7万で東興を包囲させ、将軍の王昶には南郡(なんぐん)を攻めさせ、毌丘倹には武昌への進軍を命じた。

甲寅(こういん)の日(19日)
呉の諸葛恪が大軍をひきい、魏の侵攻に対抗するため出発する。

戊午(ぼご)の日(23日)
諸葛恪の軍勢が東興に到着する。ここで魏軍と交戦して大破し、魏の将軍の韓綜(かんそう)と桓嘉(かんか)らが戦死した。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

⇒12月
呉の大将軍(だいしょうぐん)の諸葛恪が東関(とうかん)で魏軍を大破する。
『三国志』(魏書・斉王紀)

ここでは大将軍の諸葛恪とあったが、『三国志』(呉書・孫亮伝)では太傅の諸葛恪としか書かれておらず、大将軍も兼ねていたのかよくわからなかった。

『漢晋春秋』…このとき呉に敗れた毌丘倹と王昶らの処分について。

司馬師が「公休(こうきゅう。諸葛誕)の言うことを聞かなかった私の過ちだ」として、敗走した魏の諸将をみな赦した。なお、このとき司馬昭(しばしょう)が監軍(かんぐん)として諸軍を統帥していたので、彼の爵位を削ることですべての処分が決着した。

またこの年、魏の雍州刺史(ようしゅうしし)の陳泰(ちんたい)が司馬師に、「幷州(へいしゅう)と協力して蛮族を討伐したい」と申し入れて許された。しかしこの軍が結集する前に、雁門(がんもん)と新興(しんこう)の両郡が遠方へ戦役に出向くことに動揺し反乱を起こした。

このときも司馬師は朝廷の人士に謝意を表し、「これは私の過失である。玄伯(げんぱく。陳泰)の責任ではない」と言った。魏の人々は赤面しつつも喜び、それぞれ司馬師に恩返ししたいものだと思った。

また「習鑿歯(しゅうさくし)はいう」として、司馬師がふたつの責めを負うたことについて、智恵者だと評価している。

⇒12月
呉の諸葛恪が東興の救援に赴き、丁奉(ていほう)らが魏軍に打撃を与える。
『正史 三国志8』の年表

【12月】
呉で雷雨があり、武昌の端門(たんもん。宮城の南の正門)が落雷によって焼ける。端門を作り直したところ、今度は内殿で火災が起こった。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

裴松之(はいしょうし)および『呉録(ごろく)』…このとき焼けた武昌宮についての考察。

【?月】
この年、蜀(しょく)の劉禅が息子の劉琮(りゅうそう)を西河王(せいかおう)に封じた。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

【?月】
この年、蜀の劉禅が詔を下し、大将軍の費禕(ひい)に幕府(大将軍府)を開かせた。
『三国志』(蜀書・費禕伝)

【?月】
この年、魏華存(ぎかそん)が生まれた。
『正史 三国志8』の年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 250年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました