238年(魏の景初2年・蜀の延熙元年・〈呉の嘉禾7年〉→赤烏元年)の主な出来事

-238年- 戊午(ぼご)
【魏】 景初(けいしょ)2年 ※明帝(めいてい。曹叡〈そうえい〉)
【蜀】 延熙(えんき)元年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 (嘉禾〈かか〉7年) → 赤烏(せきう)元年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
魏(ぎ)の曹叡が詔(みことのり)を下し、太尉(たいい)の司馬懿(しばい)に軍を統率させ遼東(りょうとう)への攻撃を命ずる。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・明帝紀〈めいていぎ〉)

『晋紀(しんき)』…このときの明帝(曹叡)と司馬懿のやり取り。

『魏名臣奏(ぎめいしんそう)』…散騎常侍(さんきじょうじ)の何曾(かそう)の上奏文。

『志記(しき)』…このとき毌丘倹(かんきゅうけん)が司馬懿の副将に選ばれた。

⇒01月
魏の曹叡が司馬懿を遼東の討伐に向かわせる。公孫淵(こうそんえん)は呉(ご)に救援を求めた。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【02月】
癸卯(きぼう)の日(11日)
魏の曹叡が太中大夫(たいちゅうたいふ)の韓曁(かんき)を司徒(しと)に任ずる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【02月】
癸丑(きちゅう)の日(21日)
月が心宿(しんしゅく。さそり座の中央部)の距星(きょせい。アル・ニヤト)を犯したうえ、心宿の中央の大星(大火〈たいか〉。さそり座のアンタレス)も犯す。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【01月】「蜀(しょく)の改元」
蜀の劉禅が張氏(ちょうし。先后の妹で、同じく張飛〈ちょうひ〉の娘)を皇后(こうごう)に立てる。この際、大赦を行い「建興」を「延熙」と改元した。さらに、息子の劉璿(りゅうせん)を皇太子(こうたいし)に立て、同じく息子の劉瑶(りゅうよう)を安定王(あんていおう)に封じた。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

この年も前年に引き続き、魏の暦が蜀および呉の暦より1か月繰り上がっている点に注意が必要。以下に出てくる蜀や呉の記事についても載せる位置が難しい。

【春】
呉の孫権が、1枚で1千銭の価値を持つ大銭(だいせん)を鋳造する。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【04月】
庚子(こうし)の日(9日)
魏の司徒の韓曁が死去する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【04月】
壬寅(じんいん)の日(11日)
魏の曹叡が、沛国(はいこく)から蕭県(しょうけん)・相県(しょうけん)・竹邑(ちくゆう)・符離(ふり)・蘄県(きけん)・銍県(ちつけん)・龍亢(りょうこう)・山桑(さんそう)・洨県(こうけん)・虹県(こうけん)の10県を分割し、汝陰郡(じょいんぐん)を設置する。

また、宋県(そうけん)と陳郡(ちんぐん)の苦県(こけん)を譙郡(しょうぐん)に併せる。さらに、沛県・杼秋(ちょしゅう)・公丘(こうきゅう)の3県と彭城郡(ほうじょうぐん)の豊国(ほうこく)・広戚(こうせき)の両県を併せて沛国とした。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【04月】
庚戌(こうじゅつ)の日(19日)
魏の曹叡が大赦を行う。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【05月】
乙亥(いつがい)の日(15日)
月が再び心宿の距星を犯し、心宿の中央の大星も犯す。
『三国志』(魏書・明帝紀)

『魏書』…戊子(ぼし)の日(5月28日)に出された魏の曹叡の詔。「漢(かん)の高祖(こうそ。劉邦〈りゅうほう〉)や光武帝(こうぶてい。劉秀〈りゅうしゅう〉)の御陵(みささぎ)が崩壊し、「子どもや牧童がその上で飛んだり跳ねたりしているのは、魏王朝が先代の王朝を尊びあがめんとする意に反している」として、「御陵の100歩(ぽ)四方に標識を立て、民の農耕・牧畜・伐採を許さない」というもの。

【06月】
魏の太尉の司馬懿の軍勢が遼東に到着する。
『三国志』(魏書・公孫度伝〈こうそんたくでん〉)に付された「公孫淵伝」

⇒06月
魏の司馬懿が遼東に至り、襄平(じょうへい)で公孫淵を包囲する。
『正史 三国志8』の年表

【06月】
魏の曹叡が漁陽郡(ぎょようぐん)から狐奴県(こどけん)を廃止し、再び「安楽県(あんらくけん)」を設置する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【夏】
呉の呂岱(りょたい)が廬陵(ろりょう)の反徒を討伐し終え、軍を還して陸口(りくこう)に戻る。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【08月】
焼当(しょうとう)の羌王(きょうおう)の芒中(ぼうちゅう)や注詣(ちゅうけい)らが魏に背く。涼州刺史(りょうしゅうしし)が諸郡の兵をひきいて討伐にあたり、注詣を斬った。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【08月】
癸丑の日(24日)
彗星が張宿(ちょうしゅく。うみへび座の中央部)に現れる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』…史官の上奏を受けた魏の曹叡が大々的にお祓(はら)いの儀式を行い、邪気を抑えたという話。

【09月】「公孫淵の死」
丙寅(へいいん)の日(7日)
魏の太尉の司馬懿が襄平で公孫淵を討ち破り、その首を洛陽(らくよう)に送る。これにより海東(かいとう。遼東)の諸郡が平定された。
『三国志』(魏書・明帝紀)

⇒08月
丙寅の日(7日?)
夜、長さ数十丈(じょう)もある大流星が、首山(しゅざん)の東北から襄平城の東南の方向へ落ちる。
『三国志』(魏書・公孫度伝)に付された「公孫淵伝」

⇒08月
壬午(じんご)の日(23日?)
公孫淵の軍勢が総崩れとなる。公孫淵は息子の公孫脩(こうそんしゅう)とともに、数百の騎兵をひきいて魏軍の包囲を突破し東南へ逃亡した。

魏の大軍はこれを急襲し、ちょうど丙寅の日(8月7日?)の夜に流星が落ちた地点で公孫淵父子を斬り殺した。公孫淵の首は洛陽に送られ、遼東・帯方(たいほう)・楽浪(らくろう)・玄菟(げんと)の4郡はことごとく魏に平定された。
『三国志』(魏書・公孫度伝)に付された「公孫淵伝」

⇒08月
魏の司馬懿が襄平を陥し、梁水(りょうすい)のほとりで公孫淵父子を斬る。これにより遼東・帯方・楽浪・玄菟の4郡はみな魏に帰属した。
『正史 三国志8』の年表

『三国志』(魏書・公孫度伝)に付された「公孫淵伝」のふたつの記事については、魏の暦と合っていないと思う。ただ、これを1か月繰り上げて解釈し直すと、今度は『三国志』(魏書・明帝紀)のいう丙寅の日の解釈が難しくなる。ここは謎が残った。

【08月】「呉の改元」
呉の孫権のもとに「武昌(ぶしょう)で麒麟(キリン)が現れた」との報告が届く。先に孫権が宮殿の前庭で赤い烏(カラス)を見ていたこともあり、「嘉禾」を「赤烏」と改元した。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【09月】
蜀(しょく)の陰平太守(いんぺいたいしゅ)の廖惇(りょうとん)が謀反を起こし、魏の守善羌侯(しゅぜんきょうこう)の宕蕈(とうしん)の陣を攻める。魏の雍州刺史(ようしゅうしし)の郭淮(かくわい)が、広魏太守(こうぎたいしゅ)の王贇(おういん)と南安太守(なんあんたいしゅ)の游奕(ゆうえき)を遣わし廖惇の討伐にあたらせた。

郭淮の上奏を受けた曹叡は、魏軍がふた手に分かれて敵を包囲していることを知り、配置を変えるよう詔を下したものの、その詔が届く前に游奕は廖惇に敗れ、王贇も流れ矢に当たり戦死していた。
『三国志』(魏書・明帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏書』

ここにある「蜀の陰平太守の廖惇が謀反を起こし……」というくだり、イマイチよくわからなかった。訳書では、廖化(りょうか。廖惇・廖淳〈りょうじゅん〉)という感じで同一人物としてまとめられているようだ。ちなみに廖惇は、この『魏書』だけの登場。

『三国志』(蜀書・宗預伝〈そうよでん〉)に付された「廖化伝」によると「廖化はあざなを元倹(げんけん)、もとの名を淳といって……」とある。なので廖化(廖淳)は確かだが、廖惇まで同一人物と言えるのか、はっきりしなかった。

【11月】
魏の曹叡が公孫淵討伐の勲功の大小に応じ、太尉の司馬懿以下に領邑(りょうゆう)の加増や封爵を行う。
『三国志』(魏書・明帝紀)

このくだりでは公孫淵討伐に送り込む兵力や、司馬懿が遼東に到着したあと、長雨に遭っていたときの曹叡と臣下たちとのやり取りが出てくる。

【11月】
壬午の日(24日)
魏の曹叡が、司空(しくう)の衛臻(えいしん)を司徒に、司隷校尉(しれいこうい)の崔林(さいりん)を司空に、それぞれ任ずる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【閏10月】
戊子(ぼし)の日(1日)
呉の孫権の夫人である歩氏(ほし)が死去する。孫権は歩氏に皇后の位を追贈した。
『三国志』(呉書・呉主伝)

『三国志』(呉書・孫権歩夫人伝)の記事から日付を補っておく。

【閏11月】
月が心宿の中央の大星を犯す。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【12月】
乙丑(いっちゅう)の日(8日)
魏の曹叡が病の床に就く。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【12月】
辛巳(しんし)の日(24日)
魏の曹叡が郭氏(かくし)を皇后に立てる。この際、天下の男子に爵位を2等級ずつ授け、やもめ、未亡人、孤児、子のいない老人に穀物を下賜した。
『三国志』(魏書・明帝紀)

相変わらず「天下の男子に爵位を2等級ずつ授け……」という意味がイマイチわからない。ただここの訳なら、臣下に恩を施す意味で封爵を行ったということか。これまで「天下の男子に」というような表現が引っかかっていたが、単に特別昇進という解釈でよかったのかも?

『後漢書(ごかんじょ)』や『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注を読み、「民に爵号を下賜した」という意味がわかった。

漢では国家に慶事もしくは凶事が起こったとき、民の男子(長男限定など、場合によって対象者は異なる)に爵位を賜与する制度があったという。当然、魏にも同じような制度があったということだった。このあたりのことについては215年1月の記事を参照。

甲申(こうしん)の日(27日)
魏の曹叡が大将軍の曹宇を罷免し、武衛将軍(ぶえいしょうぐん)の曹爽(そうそう)を大将軍に任ずる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

『漢晋春秋』…明帝(曹叡)に重用されていた中書監(ちゅうしょかん)の劉放(りゅうほう)と中書令(ちゅうしょれい)の孫資(そんし)が謀り、大将軍の曹宇を罷免に追い込んだ話。

【12月】
その昔(魏の青龍〈せいりょう〉3〈235〉年)、寿春(じゅしゅん)の農民の妻が「私は天の神から登女(仙女)となるよう命ぜられた者だ」と言いだした。この女が病人に水を飲ませたりケガ人の傷口を洗ってやったりすると、病気やケガが治癒する者が多数あった。

そこで曹叡は彼女のため奥御殿に屋敷を建てて厚遇した。しかし明帝(曹叡)が病床に伏すに及び、彼女の水を飲んでも効き目がなかったため、このとき彼女は殺害された。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【11月】
蜀の大将軍(だいしょうぐん)の蔣琬(しょうえん)が出撃し漢中(かんちゅう)に駐屯する。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【?月】
この年、呉の孫権が信任していた校事(こうじ)の呂壱(りょいつ)が、悪事の発覚により誅殺される。孫権は過ちを認めて自らを責め、中書郎(ちゅうしょろう)の袁礼(えんれい)を遣わし、各軍の指揮官に陳謝の言葉を伝えさせるとともに、現在の施策に改めるべき点がないかを尋ねさせた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

『江表伝(こうひょうでん)』…真っ白な狐(キツネ)はいないが、真っ白な狐の裘(かわごろも)は存在するというたとえを用いた孫権の言葉。

【?月】「倭国(わこく)の使者」
この年、倭の女王の卑弥呼(ひみこ)が魏に使者を遣わす。魏は卑弥呼を親魏倭王(しんぎわおう)に封じた。
『正史 三国志8』の年表

『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表でも同じ内容で取り上げられていたが、「あるいは239年?」としてあった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 230年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました