237年(〈魏の青龍5年〉→景初元年・蜀の建興15年・呉の嘉禾6年)の主な出来事

-237年- 丁巳(ていし)
【魏】 (青龍〈せいりょう〉5年) → 景初(けいしょ)元年 ※明帝(めいてい。曹叡〈そうえい〉)
【蜀】 建興(けんこう)15年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 嘉禾(かか)6年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【正月】
壬辰(じんしん)の日(?日)
魏(ぎ)の曹叡のもとに「山茌県(さんしけん)で黄色い龍が現れた」との報告が届く。このとき担当官吏が曹叡に上奏し、「魏は地統(ちとう)を得ておりますので、建丑(けんちゅう)の月(12月のこと)を正月とされるべきです」と述べた。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・明帝紀〈めいていぎ〉)

ここは理解できない部分があったため、こういう書き方に留めておく。『正史 三国志1』(今鷹真〈いまたか・まこと〉、井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま学芸文庫)では正月壬辰(の日)を18日と解釈されていたが、これについてもよくわからなかった。

交代の者を待たずに、職務を放棄して肉親の葬儀に駆けつけた者への罰則については様々な意見が出された。丞相(じょうしょう)の顧雍(こよう)がそれらの意見を取りまとめ、孫権に死刑の罰則を定めるよう上奏した。

その後、呉県令(ごけんれい)の孟宗(もうそう)が職務を放棄して母の葬儀に駆けつけた。孟宗は葬儀を終えたあと自分から名乗り出て武昌(ぶしょう)で投獄され、いかなる刑でも甘受する考えを示した。

陸遜(りくそん)の命乞いを容れ、孫権は孟宗の死一等を減じたが、今後は同じように刑を減ずることのないよう命じた。それ以降、職務を放棄して肉親の葬儀に駆けつけるという風はなくなった。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【02月】
呉の陸遜が、昨年(236年)反乱を起こした鄱陽(はよう)の賊徒の彭旦(ほうたん)らの討伐に向かう。そして、この年のうちにすべて討ち破った。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【03月】「魏の改元」
魏の曹叡が暦(こよみ)を改定し「青龍」を「景初」と改元したうえ、この月(3月)を4月とする。衣服の色は黄色を尊んで用いることにし、犠牲(いけにえ)には白い獣を用い、軍事では頭が黒の白馬(?)に乗り、大きな赤い旗を立て、朝廷の会合には大きな白い旗を立てた。また太和暦(たいわれき)を改め景初暦と名付けた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

『魏書』…曹叡の太子時代の論著。

ここで曹叡の太子時代とあったが、曹丕はなかなか太子を定めず、危篤に陥って初めて曹叡が皇太子に立てられたはず。曹叡の皇子時代ならいくらかわかるが、やや不可解だった。

裴松之(はいしょうし)の考え…このとき曹叡が取った措置についての考察。

『正史 三国志1』の訳者注によると「これより景初3(239)年の12月まで『景初暦』が用いられ、暦が1か月ずつ繰り上がることになる」という。

また、『三国志』(魏書・公孫度伝〈こうそんたくでん〉)に付された「公孫淵伝(こうそんえんでん)」の『正史 三国志2』(井波律子、今鷹真訳 ちくま学芸文庫)の訳者注には、「明帝(曹叡)は、青龍5(237)年3月、『景初』と改元すると同時に新暦(しんれき)を用い、旧暦の3月を4月とし、12月を正月とした」ともある。

⇒03月
魏の曹叡が「青龍」を「景初」と改元したうえ青龍5年3月を景初元年4月とする。また、服色(王朝のシンボルカラー)を黄色と定め、太和暦を景初暦と改めた。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【05月】
己巳(きし)の日(2日)
魏の曹叡が洛陽宮(らくようきゅう)に還幸する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【05月】
己丑(きちゅう)の日(22日)
魏の曹叡が大赦を行う。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【06月】
己亥(きがい)の日(3日)
魏の曹叡が、尚書令(しょうしょれい)の陳矯(ちんきょう)を司徒(しと)に、尚書右僕射(しょうしょゆうぼくや)の衛臻(えいしん)を司空(しくう)に、それぞれ任ずる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【06月】
丁未(ていび)の日(11日)
魏の曹叡が、魏興郡(ぎこうぐん)から魏陽県(ぎようけん)を、錫郡(せきぐん)から安富(あんふ)・上庸(じょうよう)の両県を、それぞれ分割し、上庸郡を設置する。また錫郡を廃止し、錫県を魏興郡に併せた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【06月】
戊申(ぼしん)の日(12日)
魏の洛陽で地震が起こる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【05月】
14日、呉で地震が起こる。
『三国志』(呉書・歩騭伝〈ほしつでん〉)

ここでは(原文にも)5月14日とだけあり、干支(かんし)についての記述はなかった。この時期、魏の暦が繰り上がっている関係から、記事の位置としてはここに入ると思われる。

【06月】
魏の担当官吏が曹叡に上奏する。「太祖(たいそ。曹操〈そうそう〉)・高祖(こうそ。曹丕〈そうひ〉)・烈祖(れっそ。曹叡)の三祖の霊廟(れいびょう)は万世(ばんせい)ののちまで壊さずにおかれ、そのほかの四廟(天子〈てんし〉の廟は七廟)は近い関係が絶えれば順次取り壊されて、周(しゅう)の后稷(こうしょく)・文王(ぶんおう)・武王(ぶおう)の三祖の霊廟の制度と同じようになさいますように」というもの。
『三国志』(魏書・明帝紀)

ここで「孫盛(そんせい)はいう」として、この上奏について「曹叡がまだ亡くなってもいないのに、前もって曹叡自身を烈祖と尊び顕彰していること」を指摘し、この上奏と曹叡を批判している。

【07月】
丁卯(ていぼう)の日(2日)
魏の司徒の陳矯が死去する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【07月】
呉の孫権が朱然(しゅぜん)らに2万の兵を付けて遣わし、魏の江夏郡(こうかぐん)を包囲する。魏の荊州刺史(けいしゅうしし)の胡質(こしつ)らが反撃したため朱然は退却した。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【07月】
以前、呉の孫権は高句驪(こうくり)に使者を遣わして誼(よしみ)を通じ、遼東(りょうとう)を攻めようとしていた。そこで魏では、幽州刺史(ゆうしゅうしし)の毌丘倹(かんきゅうけん)に諸軍および鮮卑(せんぴ)と烏丸(うがん)の軍勢も統率させ、遼東の南境に駐屯するよう命じた。さらに、曹叡の詔によって公孫淵(こうそんえん)が召し寄せられた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【07月】
遼東の公孫淵が魏に背く。魏の幽州刺史の毌丘倹は軍を進めて討伐しようとしたが、ちょうど10日間も雨が続き、遼水(りょうすい)が満ちあふれる。曹叡は毌丘倹に詔を下し、右北平(ゆうほくへい)への引き揚げを命じた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【07月】
烏丸の単于(ぜんう)の寇婁敦(こうろうとん)と遼西(りょうせい)の烏丸都督王(うがんととくおう)の護留(ごりゅう)らが、住んでいた遼東から部族をひきいて魏に帰順する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【07月】
己卯(きぼう)の日(14日)
魏の曹叡が詔を下し、遼東の将校・軍吏・兵士・庶民のうち公孫淵に脅迫されてやむなく従った者たちをみな赦す。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【07月】
辛卯(しんぼう)の日(26日)
太白星(たいはくせい。金星)が昼間に現れる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【?月】「公孫淵の自立。一時的ながら四国状態に」
遼東の公孫淵が魏の毌丘倹が引き揚げたあと、ついに自立して燕王(えんおう)と称し、独自の百官を設置する。また、年号を建てて「紹漢(しょうかん)元年」と称した。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【06月】「張皇后(ちょうこうごう)の崩御(ほうぎょ)」
蜀(しょく)の張皇后が崩御する。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

この記事についても、魏の暦が繰り上がっている関係から載せる位置が難しい。

【?月】
魏の曹叡が詔を下し、青州(せいしゅう)・兗州(えんしゅう)・幽州(ゆうしゅう)・冀州(きしゅう)の4州に大々的に海船の建造を命ずる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【09月】
冀州・兗州・徐州(じょしゅう)・豫州(よしゅう)の4州が洪水に見舞われたため、魏の曹叡は侍御史(じぎょし)を遣わして巡行視察を命じ、洪水で溺死した者や財産をなくした者に官倉を開き救済を図る。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【09月】「毛皇后(もうこうごう)の崩御」
庚辰(こうしん)の日(16日)
魏の毛皇后が崩御する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

⇒09月
魏の明帝(曹叡)が郭氏(かくし)を寵愛し毛皇后を殺害する。
『正史 三国志8』の年表

【10月】
丁未(ていび)の日(13日)
月が熒惑星(けいわくせい。火星)を犯す。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【10月】
癸丑(きちゅう)の日(19日)
魏の曹叡が悼毛后(とうもうこう。毛氏)を愍陵(びんりょう)に葬る。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【10月】
乙卯(いつぼう)の日(21日)
魏の曹叡が洛陽の南にある委粟山(いぞくざん)に円丘(えんきゅう。冬至に天を祭る場所)を造営する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

『魏書』…このときの曹叡の詔。

【10月】
呉の孫権が、衛将軍(えいしょうぐん)の全琮(ぜんそう)を遣わして六安(りくあん)を攻めさせる。しかし、全琮は戦果を挙げることができなかった。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【12月】
壬子(じんし)の日(19日)
魏の曹叡が初めて冬至に祭祀を執り行う。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【12月】
丁巳(ていし)の日(24日)
魏の曹叡が襄陽郡(じょうようぐん)から臨沮(りんしょ)・宜城(ぎじょう)・セイ陽(せいよう)・キ県(きけん。己+阝)の4県を分割し、襄陽南部都尉(じょうようなんぶとい)の官を設置する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【12月】
己未(きび)の日(26日)
魏の担当官吏が曹叡に上奏し、「都(洛陽)に文昭皇后(ぶんしょうこうごう。甄氏〈しんし〉)の霊廟を建立されますように」と求める。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【12月】
魏の曹叡が襄陽郡から鄀葉県(じゃくようけん)を分割し、義陽郡(ぎようぐん)に併せる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

『魏略(ぎりゃく)』…この年、長安(ちょうあん)にあった、もろもろの鐘や簴(きょ。鐘や太鼓を支える台)・駱駝像(らくだぞう)・銅人(どうじん)・承露盤(しょうろばん)を洛陽に移した話。

『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』…上の『魏略』の話の補足。「明帝(曹叡)が承露盤を移そうとした際、承露盤が壊れ、その音は数十里に響き渡り、金狄(きんてき。黄金の鋳造物)がすすり泣いたため、そのまま霸城(はじょう)に承露盤を留め置いた」という。

『魏略』…司徒軍議掾(しとぐんぎえん)の董尋(とうじん)が曹叡への上奏文で述べた諫言。

【?月】
この年、呉の諸葛恪(しょかつかく)が山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)平定の任務を終え、北へ出て廬江(ろこう)に軍を駐屯させた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 230年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました