231年(魏の太和5年・蜀の建興9年・呉の黄龍3年)の主な出来事

-231年- 辛亥(しんがい)
【魏】 太和(たいわ)5年 ※明帝(めいてい。曹叡〈そうえい〉)
【蜀】 建興(けんこう)9年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 黄龍(こうりょう)3年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
魏(ぎ)の曹叡が籍田(せきでん。お供えの穀物を収穫する田)を耕す。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・明帝紀〈めいていぎ〉)

【02月】
蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)が再び軍を出し魏の祁山(きざん)を包囲する。この際、初めて木牛(ぼくぎゅう。牛をかたどった、機械仕掛けで動く車。詳細は不明)による輸送を行う。魏の司馬懿(しばい)と張郃(ちょうこう)が祁山の救援に向かった。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

【02月】
呉(ご)の孫権が太常(たいじょう)の潘濬(はんしゅん)に5万の軍勢を付けて遣わし、武陵(ぶりょう)の異民族を討伐させる。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

⇒?月
呉の潘濬と呂岱(りょたい)が五谿(ごけい。武陵近辺の谿谷)の異民族を討伐する。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【03月】「曹真(そうしん)の死」
魏の大司馬(だいしば)の曹真が死去する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【03月】
蜀の諸葛亮が魏の天水郡(てんすいぐん)に侵攻する。魏の曹叡は大将軍(だいしょうぐん)の司馬懿に詔(みことのり)を下し、これを防がせた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【03月】
辛巳(しんし)の日(9日)
昨年(230年)10月から雨が降らなかったため、魏の曹叡が大がかりな雨乞いの儀式を執り行う。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【春】
呉の孫権が、先に夷洲(いしゅう)と亶洲(たんしゅう)の探索に遣わし成果を上げられなかった衛温(えいおん)と諸葛直(しょかつちょく)について、ふたりとも投獄したあと誅殺する。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【04月】
鮮卑族(せんぴぞく)の附義王(ふぎおう)の軻比能(かひのう)が、同部の族人と丁零(ていれい)の大人(たいじん。部族の有力者)の児禅(げいぜん)を引き連れて魏の幽州(ゆうしゅう)に到着し名馬を献ずる。これを受け、魏の曹叡は再び護匈奴中郎将(ごきょうどちゅうろうしょう)の官を設置した。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【06月】「張郃の死」
蜀の諸葛亮が兵糧が尽きたため軍を撤退させる。これを魏の張郃が追撃し、青封(せいほう)で諸葛亮と交戦したものの矢に当たって戦死した。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【夏】
呉で、野蚕(やままゆ)が卵ほどの大きさの繭(まゆ)を作り、由拳県(ゆうけんけん)では野生の稲が生えた。これを受けて、孫権は由拳県を禾興県(かこうけん)と改めた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【07月】
丙子(へいし)の日(6日)
魏の曹叡が、蜀の諸葛亮を撤退させた功績に対して官位と封爵の引き上げを行う。これには功績の大小により格差がつけられた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【07月】
乙酉(いつゆう)の日(15日)
魏の曹叡に息子の曹殷(そういん)が誕生し大赦が行われる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【08月】
魏の曹叡が詔を下す。「魏の諸王および親族の公侯は、それぞれ嫡子ひとりを朝廷に参内させるよう命ずる」というもの。ただし「今後、魏において幼少の皇帝が即位し、その母后が宮中にある場合。先帝(曹丕〈そうひ〉)の命令(魏の諸王を都の洛陽〈らくよう〉に住まわせない)の通りとするように」とも、重ねてはっきりと布令に書き記させた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【08月】
蜀の都護(とご)の李平(りへい。李厳〈りげん〉)が罷免され梓潼郡(しとうぐん)に配流(はいる)される。
『三国志』(蜀書・後主伝)

『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』…10月、蜀の江陽(こうよう)から江州(こうしゅう)に至る地域で、長江(ちょうこう)を南から北へ渡ろうとした鳥たちが水に落ち、4ケタに上る数が死んだという話。

【冬】
魏の曹叡が詔を下す。「魏の諸王は翌年(232年)の正月に参内せよ」というもの。
『三国志』(魏書・陳思王植伝〈ちんしおうしょくでん〉)

【10月】
呉の孫権が阜陵(ふりょう)に大軍を伏せ、魏の王淩(おうりょう)を待ち受けたものの、王淩は危険を察知して逃げ去る。これは、呉の中郎将の孫布(そんふ)が魏に降ると見せかけて王淩を誘い出したものだったが、結局は失敗に終わった。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【11月】
乙酉の日(17日)
月が軒轅大星(けんえんたいせい。獅子座のアルファ星)を犯す。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【11月】
戊戌(ぼじゅつ)の日(30日)、晦(かい)
日食が起こる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【12月】
甲辰(こうしん)の日(6日)
月が塡星(ちんせい。鎮星とも。土星)を犯す。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【12月】
戊午(ぼご)の日(20日)
魏の太尉(たいい)の華歆(かきん)が死去する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【冬】
呉の孫権のもとに「会稽郡(かいけいぐん)の南始平(なんしへい)で嘉禾(かか。穂がたくさん付いた、おめでたい穀物)が生えた」との報告が届く。
『三国志』(呉書・呉主伝)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 230年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました