199年(漢の建安4年)の主な出来事

-199年- 己卯(きぼう)
【漢】 建安(けんあん)4年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)

月別および季節別の主な出来事

【02月】
曹操(そうそう)が昌邑(しょうゆう)まで帰る。張楊(ちょうよう)配下の楊醜(ようしゅう)が張楊を殺害、晆固(すいこ)がまた楊醜を殺害し、その軍勢をもって袁紹(えんしょう)の配下に入り、射犬(しゃけん)に駐屯した。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)

張楊の死について、『後漢書(ごかんじょ)』(献帝紀〈けんていぎ〉)では昨年(198年)11月の記事に見えた。

【?月】 「公孫瓚(こうそんさん)の死」
袁紹が全軍を挙げ、易京(えきけい)の公孫瓚を包囲する。公孫瓚は敗北を免れないと悟り、妻子を殺害したのち自殺した。
『三国志』(魏書・公孫瓚伝)

⇒03月
袁紹が易京の公孫瓚を攻め、これを生け捕る。
『後漢書』(献帝紀)

李賢注(りけんちゅう)によると、「公孫瓚はたびたび(袁紹に)敗れたため、易河(えきが)に面して(大きな丘である)京を築いて守りを固めた。それゆえ『易京』と呼んだ。その城壁は三重であり、周囲は6里あった。唐(とう)の内城の中に土京があり、幽州(ゆうしゅう)帰義県(きぎけん)の南にある」という。また「『爾雅(じが)』(釈丘〈せききゅう〉)に、『特別に高大なものは、これを京という。人力によって造られていないものは、これを丘という』とある」ともいう。

公孫瓚について、「自殺」と「生け捕り」ではだいぶ違うと思うのだが……。

【?月】
袁紹が、烏丸(うがん)の蹋頓(とうとつ)らに「単于(ぜんう)」の印綬(いんじゅ)を与える。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

【03月】
献帝が衛将軍(えいしょうぐん)の董承(とうしょう)を「車騎将軍(しゃきしょうぐん)」に任ずる。
『後漢書』(献帝紀)

【04月】
曹操が軍を進めて黄河(こうが)に臨み、曹仁(そうじん)と史渙(しかん)に黄河を渡らせ晆固を攻めさせる。晆固は、張楊のもと長史(ちょうし)の薛洪(せつこう)と河内太守(かだいたいしゅ)の繆尚(びゅうしょう)を留めて守らせる一方、自身は兵をひきいて北方に行き、袁紹を迎えて救援を要請しようとした。しかし、犬城(けんじょう)で曹仁と史渙に遭遇し散々に敗れて斬られた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
曹操も黄河を渡り射犬を包囲する。薛洪と繆尚は軍勢をひきいて降伏し、曹操から「列侯(れっこう)」に封ぜられた。曹操は引き揚げて敖倉(ごうそう)に駐留。魏种(ぎちゅう)を「河内太守」に取り立てて河北(かほく)の軍政を委ねた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】 「袁術(えんじゅつ)の死」
袁術が病死。彼は陳(ちん)で敗れてより次第に行き詰まり、袁紹の息子の袁譚(えんたん)が青州(せいしゅう)から使者を遣わして迎えに行かせた。

袁術は下邳(かひ)を通って北方に行くつもりだったが、曹操は劉備(りゅうび)と朱霊(しゅれい)を遣わしてさえぎらせていた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒06月
袁術が死去する。
『後漢書』(献帝紀)

【?月】
劉備が下邳で徐州刺史(じょしゅうしし)の車胄(しゃちゅう)を殺害し、その地で旗揚げして沛(はい)に駐屯する。曹操は劉岱(りゅうたい)と王忠(おうちゅう)を遣わして劉備を攻めさせたものの、勝つことができなかった。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒?月
劉備が曹操から袁術討伐を命ぜられたことを機に、徐州に拠って独立する。劉備は小沛(しょうはい)を守り、配下の関羽(かんう)に下邳を守らせた。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

『正史三國志群雄銘銘傳(増補・改訂版)』(『三国志』年表)では、この記事に「5月?」という時期が追加されていた。この記事のあと、6月に袁術が病死するという流れになっている。

【08月】
曹操が黎陽(れいよう)に軍を進め、臧霸(そうは)らを青州に侵攻させて斉(せい)・北海(ほっかい)・東安(とうあん)を討ち破り、于禁(うきん)を黄河の河岸に駐屯させる。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【09月】
曹操が許(きょ)に帰還する。この際、兵を分けて官渡(かんと)を守らせた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【11月】
張繡(ちょうしゅう)が軍勢をひきいて曹操に降伏し、「列侯」に封ぜられる。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
廬江太守(ろこうたいしゅ)の劉勲(りゅうくん)が軍勢をひきいて曹操に降伏し、「列侯」に封ぜられる。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【12月】
曹操が官渡に陣取る。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒?月
袁紹が兵を進めて許を襲撃しようとし、これに対抗した曹操が官渡を固める。
『参考年表』

【?月】
先に曹操のもとを離れ、小沛で独立した劉備が袁紹と結ぶ。
『参考年表』

【?月】
この年、孫権(そんけん)が孫策(そんさく)に付き従い廬江太守の劉勲を討伐する。孫策は劉勲を討ち破るとさらに軍を進め、沙イ(さい)で劉表(りゅうひょう)配下の黄祖(こうそ)を討ち破った。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

『後漢書』(郡国志〈ぐんこくし〉)の劉昭注(りゅうしょうちゅう)によると「(廬江郡の尋陽県〈じんようけん〉には)置馬亭(ちばてい)がある。ここは劉勲の軍勢が散じた場所である」という。

⇒12月
孫策が劉表配下の黄祖を討ち破る。
『参考年表』

この年の『三国志』(魏書・武帝紀)にある、「劉勲が曹操に降伏して『列侯』に封ぜられた」という記事との兼ね合いがわかりにくい。劉勲は孫策に敗れたあと、残った軍勢をひきいて曹操に降ったということらしい。

地名の「沙イ」について、「沙イ」と「沙羨(させん)」は各所で混用が見られる。このサイトでは『後漢書』(郡国志)に従い「沙イ」としておく。

【?月】
この年、献帝が、初めて「尚書左僕射(しょうしょさぼくや)」と「尚書右僕射(しょうしょゆうぼくや)」の官を設置した。
『後漢書』(献帝紀)

【?月】
この年、武陵郡(ぶりょうぐん)で亡くなった女性が、14日後に生き返るという事件が起きた。
『後漢書』(献帝紀)

李賢注によると、「『続漢志(しょくかんし)』(五行志〈ごぎょうし〉)に、『李娥(りが)という女性が60歳余りで亡くなり城外に埋められていた。通りがかりの者が墓中から声がするのを聞き、家人に知らせてこれを掘り出させた』とある」という。

【?月】
この年、孫氏(孫策)が(会稽郡〈かいけいぐん〉の太末県〈たいばつけん〉を)分割して「豊安県(ほうあんけん)」を設置した。
『後漢書』(郡国志)の劉昭注

「この年(199年)に亡くなったとされる人物」
公孫瓚(こうそんさん)・袁術(えんじゅつ)・晆固(すいこ)・張楊(ちょうよう)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】