張楊(ちょうよう)

【姓名】 張楊(ちょうよう) 【あざな】 雅叔(がしゅく)

【原籍】 雲中郡(うんちゅうぐん)

【生没】 ?~198もしくは199年(?歳)

【吉川】 第028話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・張楊伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

空腹時の食糧は金銀財宝にも勝る

父母ともに不詳。

張楊は武勇を見込まれて幷州(へいしゅう)で採用され、武猛従事(ぶもうじゅうじ)となった。

霊帝(れいてい。在位168~189年)の末期には天下が混乱。そのため188年8月、霊帝は寵愛していた小黄門(しょうこうもん)の蹇碩(けんせき。蹇磧)を(西園〈せいえん〉)上軍校尉(じょうぐんこうい)に任じた。

このとき天下の豪傑が召し寄せられ、曹操(そうそう)が典軍校尉(てんぐんこうい)に、袁紹(えんしょう)が中軍校尉(ちゅうぐんこうい)に、それぞれ任ぜられ、「西園八校尉」のひとりとして蹇碩に従うことになった。

張楊は幷州刺史(へいしゅうしし)の丁原(ていげん)の命を受け、軍勢をひきいて蹇碩のもとへ駆けつける。そして仮司馬(かしば)に任ぜられた。

翌189年4月に霊帝が崩御(ほうぎょ)すると、蹇碩は大将軍(だいしょうぐん)の何進(かしん)に殺害された。張楊は何進の命により幷州へ帰還。1千余りの兵を募ると、そのまま上党(じょうとう)に留まって山賊を討伐した。

同年8月、何進は宦官(かんがん)を誅滅しようとして敗北し、上洛した董卓(とうたく)が乱を起こした。丁原は執金吾(しつきんご)として洛陽(らくよう)にいたが、董卓の誘いに乗った呂布(りょふ)に殺害された。

そこで張楊は配下の軍勢をひきい、壺関(こかん)にいた上党太守(じょうとうたいしゅ)を攻撃した。しかし壺関を攻め落とすことができず、諸県を荒らし回っているうちに配下の兵士が数千に増えた。

翌190年1月、山東(さんとう)で反董卓連合軍が決起。その盟主となった袁紹が河内(かだい)まで来たとき、張楊は彼と合流し、さらに匈奴(きょうど)の単于(ぜんう。王)の於夫羅(おふら)とともに漳水(しょうすい)に駐屯した。

於夫羅が反逆を企てたが、袁紹と張楊は計画に同調しなかった。張楊が於夫羅に捕らえられ連れ去られると、袁紹は部将の麴義(きくぎ)に追撃を命じ、鄴(ぎょう)の南で於夫羅を討ち破った。

於夫羅は張楊を捕らえたまま黎陽(れいよう)へ移り、度遼将軍(どりょうしょうぐん)の耿祉(こうし)の軍勢を撃破し勢いを盛り返した。

張楊は董卓の意向により建義将軍(けんぎしょうぐん)・河内太守に任ぜられた。

192年4月、司徒(しと)の王允(おういん)と尚書僕射(しょうしょぼくや)の士孫瑞(しそんずい)が呂布と共謀し、董卓を誅殺。

195年7月、献帝(けんてい)が洛陽への還幸を決める。

同年12月、献帝が河東郡(かとうぐん)へ入ると、張楊は軍勢をひきいて安邑県(あんゆうけん)まで駆けつけた。こうして安国将軍(あんこくしょうぐん)に任ぜられ晋陽侯(しんようこう)に封ぜられた。

張楊は献帝を護衛して洛陽へ帰ろうとしたものの、諸将が反対。このため任地である河内郡の野王県(やおうけん)へ引き揚げることにした。

翌196年7月、献帝は楊奉(ようほう)・董承(とうしょう)・韓暹(かんせん)らとともに洛陽へ戻ったが食糧が欠乏していた。張楊は食糧を用意して献帝を道中で出迎え、ともに洛陽へ入る。張楊は献帝の命を受けて宮室の修理にあたり、その宮殿は揚安殿(ようあんでん。楊安殿)と名付けられた。

同年8月、献帝が揚安殿に移り住んだ。

張楊は諸将にこう告げて野王へ帰る。

「私は都のことに専念するより外難を防ぐことに努めたい」

一連の功績が評価され、張楊は一躍、大司馬(だいしば)に昇進した。

張楊は以前から呂布と親しかった。198年、その呂布が下邳(かひ)で曹操に包囲された。張楊は救援したいと思ったものの、野王と下邳では離れすぎていて駆けつけることはできない。そこで野王の東まで兵を出し、遠く呂布へ声援を送るにとどめた。

翌199年2月、部将の楊醜(ようしゅう)が曹操に寝返り、張楊を殺害。このあと、同じく張楊配下の部将の眭固(すいこ)が楊醜を殺害。眭固は、軍勢をひきいて北方の袁紹に合流しようとした。

曹操は史渙(しかん)に迎撃を命じ、犬城(けんじょう)で眭固を斬殺。もともと張楊がひきいていた軍勢はことごとく曹操の手中に収められることになった。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『英雄記(えいゆうき)』によると、張楊は慈愛深く温和な性格で、悪人に対しても威圧したり刑罰を加えることができなかったそうです。

奴僕(ぬぼく)の謀反の企てが発覚したときでさえ、奴僕に向かい涙を流し、すぐに許して不問に付したのだとか。ただ、謀反の企てまで罪に問わないというのはどうなのか? これは疑問を感じますけどね……。

張楊と呂布とは古くからの友人だったようです。でも、呂布は仕えていた丁原を殺害していますよね。丁原には張楊も仕えていたのですが、そのあたりの呂布への割り切りは何だったのでしょうか?

また、196年8月の大司馬任命は唐突な感じがしました。まぁ、このとき献帝は韓暹を大将軍に、楊奉を車騎将軍(しゃきしょうぐん)に、それぞれ任じてもいますけど……。

范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』(献帝紀〈けんていぎ〉)によると、「このころ宮室はみな焼け落ちたままで、百官はいばらを切り払い、垣根に寄り添って雨露をしのいでいた。州郡はそれぞれ強兵を擁しており、年貢を運ぶ車も来なかった。群僚は飢餓に苦しみ、『尚書郎(しょうしょろう)』以下の者は自らリョ(禾+呂。野生の稲)を採取したが、ある者は牆壁(しょうへき)の間で餓死し、ある者は兵士に殺されるというありさまだった」ということですので――。

当時の危機的な状況の中、食糧を運んできたり、宮殿を修理してくれたりといった張楊の働きは相当インパクトが大きかったのでしょう。

張楊の死については、同じく「献帝紀」に198年11月のこととあり、翌199年2月の記事に見えている『三国志』(魏書・武帝紀〈ぶていぎ〉)とは時期的なズレがあります。
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました