171年(漢の建寧4年)の主な出来事

-171年- 辛亥(しんがい)
【漢】 建寧(けんねい)4年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
甲子(こうし)の日(3日)
霊帝が元服を迎え大赦を行う。ただし党人(とうじん)については赦さず。また、公卿(こうけい)以下に差をつけ下賜を行った。
『後漢書(ごかんじょ)』(霊帝紀〈れいていぎ〉)

【02月】
癸卯(きぼう)の日(13日)
地震が起こり海水があふれる。その一方、黄河(こうが)の水が澄む。
『後漢書』(霊帝紀)

ここでは地震の具体的な場所についての記述はなかった。

【03月】
辛酉(しんゆう)の日(1日)、朔(さく)
日食が起こる。
『後漢書』(霊帝紀)

【03月】
霊帝が太尉(たいい)の聞人襲(ぶんじんしゅう)を罷免し、太僕(たいぼく)の李咸(りかん)を太尉に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【03月】
霊帝が公卿以下600石(せき)までの官吏に詔(みことのり)を下し、それぞれに封事(ほうじ)を奉らせる。
『後漢書』(霊帝紀)

【03月】
疫病が流行する。霊帝は中謁者(ちゅうえっしゃ)を巡行させ医薬品を賜与するよう命じた。
『後漢書』(霊帝紀)

ここでは具体的な場所についての記述はなかった。

【03月】
霊帝が司徒(しと)の許訓(きょくん)を罷免し、司空(しくう)の橋玄(きょうげん)を司徒に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【04月】
霊帝が太常(たいじょう)の来豔(らいえん)を司空に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【05月】
河東郡(かとうぐん)で地割れが起こる。雹(ひょう)が降り鉄砲水もあった。
『後漢書』(霊帝紀)

【07月】
霊帝が司空の来豔を罷免する。
『後漢書』(霊帝紀)

【08月】
癸丑(きちゅう)の日(25日)
霊帝が貴人(きじん)の宋氏(そうし)を皇后(こうごう)に立てる。
『後漢書』(霊帝紀)

⇒08月
宋氏の父である執金吾(しつきんご)の宋酆(そうほう)は不其郷侯(ふききょうこう)に封ぜられた。
『後漢書』(宋皇后紀〈そうこうごうき〉)

【08月】
霊帝が司徒の橋玄を罷免し、前の司空の許栩(きょく)を司徒に任ずる。また、太常の宗倶(そうく)を司空に任じた。
『後漢書』(霊帝紀)

【10月】
戊子(ぼし)の日(1日)、朔
霊帝が群臣をひきいて南宮を訪れ、竇太后(とうたいこう)に自ら贈り物をし長寿を言祝(ことほ)ぐ。

黄門令(こうもんれい)の董萌(とうぼう)は、これを機にしばしば竇太后のため恨み言を訴えるようになった。霊帝は深くその言を容れ、竇太后に支給する歳費を増やした。
『後漢書』(竇皇后紀〈とうこうごうき〉)

ここは干支(かんし)を補っておく。

【冬】
鮮卑(せんぴ)が幷州(へいしゅう)に侵攻する。
『後漢書』(霊帝紀)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
170年代 正史年表
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました