156年(漢の永寿2年)の主な出来事

-156年- 丙申(へいしん)
【漢】 永寿(えいじゅ)2年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
桓帝が、初めて宦官(かんがん)が3年の喪に服すことを許す。
『後漢書(ごかんじょ)』(桓帝紀〈かんていぎ〉)

【02月】
甲申(こうしん)の日(26日)
東海王(とうかいおう)の劉臻(りゅうしん)が薨去(こうきょ)する。
『後漢書』(桓帝紀)

【03月】
蜀郡属国(しょくぐんぞっこく)の異民族が反乱を起こす。
『後漢書』(桓帝紀)

【07月】
鮮卑(せんぴ)が雲中郡(うんちゅうぐん)に侵攻する。
『後漢書』(桓帝紀)

⇒07月
鮮卑の檀石槐(だんせきかい)が雲中に侵攻する。李膺(りよう)が度遼将軍(どりょうしょうぐん)に任ぜられ、これを鎮めた。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【07月】
泰山郡(たいざんぐん)の賊である公孫挙(こうそんきょ)らが、青州(せいしゅう)・兗州(えんしゅう)・徐州(じょしゅう)の3州に侵攻する。 中郎将(ちゅうろうしょう)の段熲(だんけい)が遣わされ、これを討ち破った。
『後漢書』(桓帝紀)

⇒?月
公孫挙と東郭竇(とうかくとう)らが青州・兗州・徐州に侵攻する。これを段熲が討ち破る。
『正史 三国志8』の年表

【11月】
桓帝が太官右監丞(たいかんゆうかんじょう)の官を設置する。
『後漢書』(桓帝紀)

【12月】
洛陽(らくよう)で地震が起こる。
『後漢書』(桓帝紀)

【?月】
この年、張陵(ちょうりょう)が亡くなったとされる。
『正史 三国志8』の年表

「この年(156年)に生まれたとされる人物」
朱治(しゅち)孫堅(そんけん)?張昭(ちょうしょう)A ※あざなは子布(しふ)董昭(とうしょう)

孫堅について『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表では永寿元(155)年の生まれ、『正史 三国志8』の年表では永寿3(157)年の生まれだとあった。

155年(漢の永寿元年)の主な出来事
-155年- 乙未(いつび)【漢】 永寿(えいじゅ)元年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉)月別および季節別の主な出来事【01月】「漢(かん)の改元」戊申(ぼしん)の日(14日)桓帝が大赦を行い「永興(えいこう)」を「...

157年(漢の永寿3年)の主な出来事
-157年- 丁酉(ていゆう)【漢】 永寿(えいじゅ)3年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉)月別および季節別の主な出来事【01月】己未(きび)の日(?日)桓帝が大赦を行う。『後漢書(ごかんじょ)』(桓帝紀〈かんて...

ユリウス暦と漢の永寿2(156)年(対照表)
-156年- 丙申(へいしん)【漢】 永寿(えいじゅ)2年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉)漢の永寿2年は西暦(ユリウス暦)156年2月9日~157年1月27日ユリウス暦漢干支年月日...

三国志に関連する、年ごとの主な出来事
155~284年の主な出来事について史実(正史『三国志』および范曄〈はんよう〉の『後漢書〈ごかんじょ〉』)を中心にまとめたものです。5年分もしくは10年分のダイジェスト版と各年ごとの通常版があります。155~284年の記事を収録★1...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
150年代 正史年表
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました