219年(漢の建安24年)の主な出来事

-219年- 己亥(きがい)
【漢】 建安(けんあん)24年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
曹操(そうそう)配下の曹仁(そうじん)が宛(えん)を陥し、反乱を起こしていた侯音(こうおん)を斬る。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)

【?月】「夏侯淵(かこうえん)の死」
曹操配下の夏侯淵が、陽平(ようへい)で劉備軍(りゅうびぐん)と戦い戦死する。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒春
劉備が陽平関から南下して沔水(べんすい)を渡り、山に沿いつつ前進し、定軍山(ていぐんざん)に陣営を築く。曹操配下の夏侯淵が来攻し、その地の争奪戦が演じられた。劉備は黄忠(こうちゅう)に命じて高所に登らせ、陣太鼓を打ち鳴らして夏侯淵を攻めさせ、夏侯淵や曹操が任命した益州刺史(えきしゅうしし)の趙顒(ちょうぎょう)らを斬り殺した。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)

⇒01月
劉備配下の黄忠が曹操配下の夏侯淵を斬る。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

【02月】
壬子(じんし)の日(30日)、晦(かい)
日食が起こる。
『後漢書(ごかんじょ)』(献帝紀〈けんていぎ〉)

【03月】
曹操が長安(ちょうあん)から斜谷(やこく)を抜け、陽平に到着する。劉備は要害を盾に抵抗した。
『三国志』(魏書・武帝紀)

『九州春秋(きゅうしゅうしゅんじゅう)』…曹操が「鶏肋(けいろく)」という布令を出した際、主簿(しゅぼ)の楊脩(ようしゅう)が帰還の意図を読み解いた話。

⇒03月
曹操が漢中(かんちゅう)で劉備と対峙する。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄著 潮書房光人社)の『三国志』年表

【05月】
曹操が軍を引き揚げ長安に帰還する。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒05月
劉備が(曹操から)漢中を奪う。
『後漢書』(献帝紀)

⇒05月
曹操が漢中から撤退する。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【07月】
曹操が卞氏(べんし)を魏(ぎ)の王后(おうこう)に立てる。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【07月】
曹操が于禁(うきん)を遣わし、樊城(はんじょう)の曹仁を援けて劉備配下の関羽(かんう)を攻めるよう命ずる。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【秋】「漢中王(かんちゅうおう)劉備」
劉備配下の群臣が、劉備を漢中王に推挙する旨を献帝に上表する。
『三国志』(蜀書・先主伝)

⇒07月
庚子(こうし)の日(?日)
劉備が自ら漢中王を称する。
『後漢書』(献帝紀)

⇒07月
劉備が自ら漢中王を称し、息子の劉禅(りゅうぜん)を王太子(おうたいし)に立てる。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【08月】
漢水(かんすい)が氾濫し曹操配下の于禁の陣が水没する。劉備配下の関羽は于禁を捕らえたうえ樊城の曹仁を包囲した。曹操はさらに徐晃(じょこう)を救援に差し向けた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒08月
漢水が氾濫する。
『後漢書』(献帝紀)

⇒08月
劉備配下の関羽が樊城の曹仁を包囲し、于禁を降す。しかし、救援に駆けつけた曹操配下の徐晃に敗れる。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【09月】「魏諷(ぎふう)の反乱」
曹操配下の西曹掾(せいそうえん)の魏諷が反乱を企てたものの未遂に終わる。魏の相国(しょうこく)の鍾繇(しょうよう)が、この事件に連座して罷免された。
『三国志』(魏書・武帝紀)

『世語(せいご)』…魏諷とこのときの反乱計画について。

⇒?月
曹操配下の魏諷がクーデターを謀り、曹丕(そうひ)に誅殺される。魏の相国の鍾繇が、この事件に連座して罷免された。
『正史 三国志8』の年表

【10月】
曹操が軍をひきいて洛陽(らくよう)に帰還する。
『三国志』(魏書・武帝紀)

ここで「『曹瞞伝(そうまんでん)』にいう」として、「このとき曹操は改めて洛陽北部尉(らくようほくぶい)の役所を修理し、旧来のものより立派にした」ともある。

【?月】
孫権(そんけん)が曹操のもとに使者を遣わして上奏文を奉り、「関羽を討伐することで忠誠を示したい」と述べる。
『三国志』(魏書・武帝紀)

ここで「『魏略』にいう」として、「曹操は、孫権が自ら臣と称した上奏文を外部の者に示して言った……」ともあるので、どうやら洛陽にいた曹操のところへ孫権が上奏文を送ってきたという解釈らしい。

【閏10月】
孫権が関羽討伐の軍を動かし、先に呂蒙(りょもう)を遣わして公安(こうあん)を襲わせ、劉備配下の将軍(しょうぐん)の士仁(しじん)を捕虜にした。さらに呂蒙が南郡(なんぐん)まで進むと、劉備配下の南郡太守の麋芳(びほう)は城を挙げて降伏した。

呂蒙は江陵(こうりょう)に本営を置き、その地の老人や幼少者を慈しむことで人々の心を和らげ、捕らえられていた曹操配下の于禁を解放した。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

⇒?月
孫権が関羽討伐の軍を動かし、その配下の呂蒙が、関羽の根拠地であった南郡を占領する。これにより関羽の軍はバラバラになった。
『正史 三国志8』の年表

⇒10月
孫権が曹操と通じ、配下の呂蒙に江陵を襲わせて占拠する。劉備配下の関羽がひきいていた兵士たちは意気阻喪して四散。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』の『三国志』年表

【?月】
曹操が関羽討伐のため洛陽から南下したものの、その到着前に徐晃が関羽を攻め破る。関羽が逃走したため、樊城の曹仁の包囲も自然に解けた。曹操は摩陂(まひ)に駐留した。
『三国志』(魏書・武帝紀)

『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』…夏侯惇(かこうとん)が曹操に、天意に応えて民心に従う(帝位に即く)よう勧めた話。

【11月】
孫権が(劉備から)荊州(けいしゅう)を奪う。
『後漢書』(献帝紀)

【11月】
劉備配下の関羽が麦城(ばくじょう)に入る。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【12月】「関羽・関平(かんぺい)の死」
孫権配下の潘璋(はんしょう)のもとで司馬(しば)を務める馬忠(ばちゅう)が、章郷(しょうきょう)で関羽と息子の関平、さらに都督(ととく)の趙累(ちょうるい)らを捕らえる。
『三国志』(呉書・呉主伝)

⇒12月
関羽と関平が捕らえられ、ふたりとも斬られる。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
この年、疫病が流行したため、荊州の租税がすべて免除された。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
この年、曹操が献帝に上表し、孫権を驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)に任じて仮節(かせつ)としたうえ荊州牧(けいしゅうのぼく)を兼ねさせ、南昌侯(なんしょうこう)に封ぜられるよう取り計らった。

これに対して孫権は、校尉(こうい)の梁寓(りょうぐう)を遣わし漢(かん)の朝廷に献上品を捧げさせる一方、それと同時に王惇(おうとん)に馬の買い入れを命ずる。また、捕らえていた曹操配下の朱光(しゅこう)らを釈放して送り帰した。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
この年、孫権が(南郡の)巫県(ふけん)・秭帰(しき)の両県を分けて固陵郡(こりょうぐん)を設置した。
『後漢書』(郡国志〈ぐんこくし〉)の劉昭注(りゅうしょうちゅう)に引く『魏氏春秋』

【?月】「呂蒙の死」
この年、孫権配下の呂蒙が病死した。
『三国志全人名事典』(『中国の思想』刊行委員会編著 徳間書店)の関連略年表

「この年(219年)に亡くなったとされる人物」
夏侯栄(かこうえい)夏侯淵(かこうえん)関羽(かんう)魏諷(ぎふう)蔣欽(しょうきん)曹均(そうきん)孫皎(そんこう)龐悳(ほうとく。龐徳)楊脩(ようしゅう)陸績(りくせき)呂蒙(りょもう)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 210年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました