233年(〈魏の太和7年〉→青龍元年・蜀の建興11年・呉の嘉禾2年)の主な出来事

-233年- 癸丑(きちゅう)
【魏】 (太和〈たいわ〉7年) → 青龍(せいりょう)元年 ※明帝(めいてい。曹叡〈そうえい〉)
【蜀】 建興(けんこう)11年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 嘉禾(かか)2年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
甲申(こうしん)の日(23日)
魏(ぎ)の郟(きょう)の摩陂(まひ)の井戸の中に青い龍が現れる。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・明帝紀〈めいていぎ〉)

【01月】
呉(ご)の孫権が詔(みことのり)を下す。遼東(りょうとう)の公孫淵(こうそんえん)が宿舒(しゅくしょ)と孫綜(そんそう)を呉に遣わしてきたことを称え、大赦の実施を命ずるもの。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【02月】「魏の改元」
丁酉(ていゆう)の日(6日)
魏の曹叡が摩陂に行幸し青い龍を見る。それを受け「太和」を「青龍」と改元した。また摩陂を龍陂(りょうひ)と改め、男子に対して2等級の爵位を与え、「連れ合いのない男女、孤児、子のない老人は、この年の税を納めなくてもよい」とした。
『三国志』(魏書・明帝紀)

ここでも「男子に対して2等級の爵位を与え……」というくだりが出てくるが、よくわからなかった。

『後漢書(ごかんじょ)』や『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注を読み、「民に爵号を下賜した」という意味がわかった。

漢では国家に慶事もしくは凶事が起こったとき、民の男子(長男限定など、場合によって対象者は異なる)に爵位を賜与する制度があったという。当然、魏にも同じような制度があったということだった。このあたりのことについては215年1月の記事を参照。

215年(漢の建安20年)の主な出来事
-215年- 乙未(いつび)【漢】 建安(けんあん)20年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)月別および季節別の主な出来事【01月】献帝が、曹操(そうそう)の真ん中の娘を皇后(こうごう)に立てる。『三国志』(魏書〈...

【03月】
甲子(こうし)の日(3日)
魏の曹叡が公卿(こうけい)に詔を下し、賢良篤行の士(けんりょうとっこうのし。才能や人格が優れ、行いが誠実な人物)をそれぞれひとりずつ推挙させる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【03月】
呉の孫権が公孫淵の使者である宿舒と孫綜を帰国させ、その際に呉の太常(たいじょう)の張弥(ちょうび)、執金吾(しつきんご)の許晏(きょあん)、将軍(しょうぐん)の賀達(がたつ)らに兵1万をひきいて同行するよう命じ、財宝珍貨と九錫(きゅうせき)の下賜品を持たせ、海路で遼東(りょうとう)の公孫淵に授けようとした。

これに対し丞相(じょうしょう)の顧雍(こよう)以下、呉の大臣らがこぞって孫権に思いとどまるよう諫めたが、孫権は聞き入れようとしなかった。その後、公孫淵は呉の張弥らを斬ってその首を魏に送り、兵士と食糧を奪い取った。

孫権は激怒し自ら公孫淵の征伐に出ようとしたが、尚書僕射(しょうしょぼくや)の薛綜(せつそう)らが口を極めて諫めたので、ようやく思いとどまった。
『三国志』(呉書・呉主伝)

裴松之(はいしょうし)の考え…孫権が群臣の諫めを聞かず、公孫淵からの帰属の申し入れを信じたうえ、九錫の礼物と策命書を届けるために1万もの兵を動かしたことについて、「民への配慮を欠き、暗愚暴虐の極みである」と批判。

⇒03月
呉の孫権が張弥と許晏らを遣わし、公孫淵に九錫を授けて燕王(えんおう)に封ずる。しかし公孫淵は呉の使者を斬り、その首を魏に送った。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【05月】
壬申(じんしん)の日(12日)
魏の曹叡が詔を下し、亡き大将軍(だいしょうぐん)の夏侯惇(かこうとん)、大司馬(だいしば)の曹仁(そうじん)、車騎将軍(しゃきしょうぐん)の程昱(ていいく)を、太祖(たいそ。曹操〈そうそう〉)の霊廟(れいびょう)の園庭に祭る。
『三国志』(魏書・明帝紀)

『魏書』…このときの詔。

【05月】
戊寅(ぼいん)の日(18日)
魏の北海王(ほっかいおう)の曹蕤(そうずい)が薨去(こうきょ)する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【閏05月】
庚寅(こういん)の日(1日)
日食が起こる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【閏05月】
丁酉の日(8日)
魏の曹叡が詔を下し、諸王の娘ではない帝族の娘について、みな邑主(ゆうしゅ)と呼称させる。また郡国にも詔を下し、祠典(してん。祭の規定を著した書物)に名の記されていない山川を祭ることを禁じた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【06月】
魏の洛陽宮(らくようきゅう)で蹴鞠(けまり)をするための部屋が焼ける。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【?月】
先に魏に帰順し、国境地帯を守っていた鮮卑族(せんぴぞく)の大人(たいじん。部族の有力者)の歩度根(ほどこん)と反乱を起こした鮮卑族の大人の軻比能(かひのう)が、密かに誼(よしみ)を通ずる。

魏の幷州刺史(へいしゅうしし)の畢軌(ひつき)が曹叡に上表し、ただちに出兵して国境外にいる軻比能を威嚇(いかく)し、国境内にいる歩度根を鎮圧する旨を伝える。

曹叡は畢軌に詔を下し、「両者の連合を防ぐために出兵する場合は、くれぐれも国境を越えて句注(こうちゅう)に立ち寄ってはならない」と戒めた。この詔が届いたころ、畢軌は軍を進めて陰館(いんかん)に駐屯し、将軍の蘇尚(そしょう)と董弼(とうひつ)を遣わして鮮卑を追撃させていた。

軻比能が、息子に1千騎あまりをひきいて歩度根の部落民を迎えに行かせたところ、楼煩(ろうはん)で蘇尚・董弼と出くわして戦闘になり、魏の両将が戦死した。歩度根の部落民はこぞって反旗を翻して国境を出、軻比能と合流し一帯に害を加えた。曹叡は驍騎将軍(ぎょうきしょうぐん)の秦朗(しんろう)に討伐を命じ、ようやく賊徒は砂漠の北方へ逃走した。
『三国志』(魏書・明帝紀)

⇒10月
鮮卑族の歩度根の部落の大人である戴胡阿狼泥(たいこあろうでい)らが、幷州に行き魏に降る。これにより魏の秦朗は軍を引き揚げて帰還した。
『三国志』(魏書・明帝紀)

『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』…秦朗について。

『献帝伝(けんていでん)』…秦朗の父の秦宜禄(しんぎろく)について。

『世語(せいご)』…秦朗の息子の秦秀(しんしゅう)について。

『魏略(ぎりゃく)』…孔桂(こうけい)について。

【09月】
先に魏に帰順し、安定(あんてい)の国境地帯を守っていた匈奴(きょうど)の大人の胡薄居姿職(こばくきょししょく)らが反乱を起こす。魏の司馬懿(しばい)が将軍の胡遵(こじゅん)らを遣わし、これを討ち破り降伏させた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【冬】
蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)が諸軍に兵糧を運ばせて斜谷口(やこくこう)に集め、斜谷の邸閣(ていかく。食糧貯蔵庫)を整備させる。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

【12月】
公孫淵が呉の孫権の使者である張弥と許晏を斬り、その首を魏に送る。魏の曹叡は公孫淵を大司馬に任じたうえ、楽浪公(らくろうこう)に封じた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

この件については3月の『三国志』(呉書・呉主伝)でも触れられている。

『世語』…漢のもとの度遼将軍(どりょうしょうぐん)である范明友(はんめいゆう)の鮮卑族の奴隷についての話。

『博物志(はくぶつし)』…都(洛陽)にいたという姓名不詳の男の話。10人分くらいの食物をむさぼり食らう者。

『傅子(ふし)』…太原(たいげん)で墓を発(あば)いて柩(ひつぎ)を壊したとき、その中からひとりの生きた女性が出てきた話。

【?月】
この年、南方の蛮族の劉胄(りゅうちゅう)が蜀に対して反乱を起こす。しかし蜀の将軍の馬忠(ばちゅう)が撃破し、これを平定した。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【?月】
この年、呉の孫権が自ら魏の合肥新城(ごうひしんじょう)に軍を進めるとともに、将軍の全琮(ぜんそう)には六安(りくあん)の討伐を命ずる。しかし、両者とも敵を降すことができないまま軍を引き揚げることになった。
『三国志』(呉書・呉主伝)

⇒?月
この年、呉の孫権が魏の合肥新城を攻めようとするが、満寵(まんちょう)に撃退された。
『正史 三国志8』の年表

【?月】「陳寿(ちんじゅ)の誕生」
この年、陳寿が生まれた(~297年)。
『正史 三国志8』の年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 230年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました