172年(〈漢の建寧5年〉→熹平元年)の主な出来事

-172年- 壬子(じんし)
【漢】 (建寧〈けんねい〉5年) → 熹平(きへい)元年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【03月】
壬戌(じんじゅつ)の日(8日)
太傅(たいふ)の胡広(ここう)が死去する。
『後漢書(ごかんじょ)』(霊帝紀〈れいていぎ〉)

【05月】「漢(かん)の改元」
己巳(きし)の日(16日)
霊帝が大赦を行い「建寧」を「熹平」と改元する。
『後漢書』(霊帝紀)

【05月】
長楽太僕(ちょうらくたいぼく)の侯覧(こうらん)に罪があり自殺する。
『後漢書』(霊帝紀)

【06月】
洛陽(らくよう)で大雨による被害が出る。
『後漢書』(霊帝紀)

【06月】「竇太后(とうたいこう)の崩御(ほうぎょ)」
癸巳(きし)の日(10日)
竇太后が崩御する。
『後漢書』(霊帝紀)

⇒?月
竇太后の母が配流先(はいるさき)の比景県(ひけいけん)で亡くなり、竇太后は悲しみのため病気になり崩御した。位にあること7年だった。竇太后は宣陵(せんりょう。桓帝〈かんてい〉の陵)に合葬された。
『後漢書』(竇皇后紀〈とうこうごうき〉)

【07月】
甲寅(こういん)の日(2日)
霊帝が桓思竇皇后(かんしとうこうごう)を葬る。
『後漢書』(霊帝紀)

【07月】
宦官(かんがん)が司隷校尉(しれいこうい)の段熲(だんけい)に示唆し、太学生(たいがくせい)1千余人を逮捕させる。
『後漢書』(霊帝紀)

李賢注(りけんちゅう)によると「このときある者が朱雀闕(すざくけつ)に、『天下は大いに乱れているのに公卿(こうけい)はみな無駄飯食らい』と大書した。このため犯人とおぼしき太学生を逮捕した」という。「この事件については『後漢書』(宦者伝〈かんじゃでん〉)に見える」ともある。

【10月】
勃海王(ぼっかいおう)の劉悝(りゅうかい)が謀反の謗(そし)りを受ける。

丁亥(ていがい)の日(6日)
劉悝が妻子とともに自殺する。
『後漢書』(霊帝紀)

【?月】
孫堅(そんけん)が、会稽(かいけい)の妖賊の許昌(きょしょう)とその息子の許韶(きょしょう。許昭)を州郡の官兵とともに攻め破る。許昌は句章(こうしょう)で反乱を起こし自ら陽明皇帝(ようめいこうてい)と名乗っていたもの。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫堅伝〈そんけんでん〉)

後の174年にも同じような記事が出てくる。この年に許昌の討伐が始まり、174年になって鎮圧されたという意味なのか、どちらかが誤りなのかよくわからなかった。

174年(漢の熹平3年)の主な出来事
-174年- 甲寅(こういん)【漢】 熹平(きへい)3年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉)月別および季節別の主な出来事【01月】夫余国(ふよこく)の使者が漢(かん)に来朝し貢ぎ物を献ずる。『後漢書(ごかんじょ)』(...

⇒11月
会稽郡の許生(きょせい)が越王(えつおう)を自称し郡県に侵攻する。揚州刺史(ようしゅうしし)の臧旻(そうびん)と丹陽太守(たんようたいしゅ)の陳夤(ちんいん)が討伐にあたり、これを討ち破った。
『後漢書』(霊帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注によると「許生は『三国志』(孫堅伝)では許昌に作る。息子の許昭に立てられて越王(孫堅伝では陽明皇帝)を名乗り、句章県で挙兵。揚州刺史の臧旻の討伐を受けて敗北したあとも抵抗を繰り返したが、3年後に平定された」という。

同じく『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「許昭は『三国志』(孫堅伝)では許詔(司馬昭〈しばしょう〉の諱〈いみな〉を避けたため)に作る。会稽郡の人。父の許生を立てて越王とし、自らは大将軍(だいしょうぐん)を名乗って句章県で挙兵。太守の尹端(いんたん)を討ち破ったが、揚州刺史の臧旻の討伐を受け敗北。その後も兵を集めて抵抗を続けたが、3年後に平定された」という。

『後漢書』の記事や『全譯後漢書 第2冊』の補注などにより、ここでの疑問はほぼ解決。ただ、許昭が『三国志』では許韶と作られているのか許詔と作られているのか、揺れがあってわからず。許昭を許韶と作る箇所はあったものの、許詔と作る箇所は見つけられなかった。

あと、補注には3年後に平定されたとあったが、この172年も含めて3年というニュアンスだろうか? 『後漢書』などを見ると許生が斬られたのは174年のようなので、正確には2年後なのでは?

【12月】
霊帝が司徒(しと)の許栩(きょく)を罷免し、大鴻臚(だいこうろ)の袁隗(えんかい)を司徒に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
鮮卑(せんぴ)が幷州(へいしゅう)に侵攻する。
『後漢書』(霊帝紀)

【?月】
この年、甘陵王(かんりょうおう)の劉恢(りゅうかい)が薨去(こうきょ)した。
『後漢書』(霊帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』の補注では「劉恢は王先謙(おうせんけん)の『後漢書集解(ごかんじょしつかい)』に引く銭大昕(せんたいきん)の指摘によれば劉理(りゅうり)。甘陵王の系譜に劉恢の名がないうえ、甘陵威王(かんりょういおう)の劉理の没年がこの172年にあたるため」という。加えて、理と悝を混同したうえ悝が恢と同音であること、あるいは草書体の近接性から誤記した可能性を指摘している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
170年代 正史年表
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました