211年(漢の建安16年)の主な出来事

-211年- 辛卯(しんぼう)
【漢】 建安(けんあん)16年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
曹操(そうそう)が、息子の曹丕(そうひ)を五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう)に任じて属官を設けたうえ、丞相(じょうしょう)の補佐とする。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)

【01月】
庚辰(こうしん)の日(11日)
献帝が曹操に返書を下し、先に曹操が辞退を申し出た2万戸のうち5千戸を削減したうえ、残りの3県1万5千戸を分割して曹操の3人の息子に与える。

この際、曹植(そうしょく)が平原侯(へいげんこう)に、曹拠(そうきょ)が范陽侯(はんようこう)に、曹豹(そうほう。曹林〈そうりん〉)が饒陽侯(じょうようこう)に、それぞれ封ぜられた。その領邑(りょうゆう)は5千戸ずつとされた。
『三国志』(魏書・武帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏書』

【?月】
商曜(しょうよう)らが大陵(たいりょう)で反乱を起こす。曹操は夏侯淵(かこうえん)と徐晃(じょこう)を遣わし、これらを包囲して撃破させた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
張魯(ちょうろ)が漢中(かんちゅう)を占拠する。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【03月】
曹操が鍾繇(しょうよう)に張魯討伐を命ずる。また、夏侯淵らにも河東(かとう)に出て鍾繇と合流するよう命じた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
曹操配下の鍾繇の漢中遠征に対して関中(かんちゅう)にいた馬超(ばちょう)が疑心を抱き、韓遂(かんすい)・楊秋(ようしゅう)・李堪(りかん)・成宜(せいぎ)らとともに反乱を起こす。曹操は曹仁(そうじん)を遣わして討伐にあたらせ、馬超らは潼関(とうかん)に陣取った。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【07月】
曹操自身も西方へ向かい、馬超らと潼関を挟んで陣を敷く。曹操は対峙する一方、密かに徐晃と朱霊(しゅれい)らに命じ、夜中に蒲阪津(ほはんしん)を渡らせ、黄河(こうが)の西を占めて陣営を築かせた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒07月
このとき曹丕は鄴(ぎょう)の留守を命ぜられていた。
『三国志』(魏書・文昭甄皇后伝〈ぶんしょうしんこうごうでん〉)

【?月】
曹操が潼関から北へ渡河する。渡りきらないうちに馬超が攻めかかったものの、曹操配下の校尉(こうい)の丁斐(ていひ)が牛や馬を解き放ったため、馬超の兵はこれを鹵獲(ろかく)しようとして混乱を起こす。これにより曹操も無事に渡河することができ、黄河に沿って甬道(ようどう)を築きつつ南へ向かった。馬超は退却して渭口(いこう)を固めた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
曹操が多数の疑兵を配置したうえ、密かに兵を舟に乗せて浮き橋を造らせ、夜中に兵を分け渭水(いすい)の南に陣営を築かせる。馬超らはこの陣営に夜襲をかけたものの、曹操の伏兵に撃破された。馬超らは渭水の南に陣取り、書簡を送って黄河以西を割くことを条件に講和を求めたが、曹操は承知しなかった。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【09月】
曹操が軍を進めて渭水を渡る。馬超らはあくまでも土地を分けるよう要求し、その代わり人質を送ることも申し出る。曹操は賈詡(かく)の献策を容れ、表向きこの申し出を承知した。

曹操は韓遂の求めに応じ会見したが、あえて軍事には言及せず、ただ都(洛陽〈らくよう〉)での昔の思い出などを語り合っただけだった。馬超は、韓遂に曹操と話した内容を尋ねたが、韓遂は「特に何もなかった」と答えるだけ。このことで馬超らに疑心が生まれた。

別の日、曹操は韓遂に書簡を送ったが、わざと消したり書き改めたりした箇所を多く作り、あたかも韓遂がそうしたように見せかけた。馬超らはいよいよ韓遂に疑惑を抱いた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

このくだりでは「曹操が韓遂の父と同年の孝廉(こうれん)であるうえ、韓遂とも同じ時期に旗揚げした仲間だった」ともある。

さらに「『曹瞞伝(そうまんでん)』による」として、「曹操の軍が渭水を渡るたび馬超の騎兵隊に突撃され、陣営を築くことができなかった。この土地は砂が多く、砦を造ることも不可能だった」とあり。「婁子伯(ろうしはく。婁圭〈ろうけい〉)が、砂の城壁を造ったあと水をかける(氷の城壁を造る)よう進言した」とある。

これについて「ある人が『当時は9月であるから、まだ水は凍るはずがない』と疑念を示している」と続き、裴松之が『魏書』を調べたところ、「曹操軍は8月に潼関に到着し、閏月(うるうづき)に北へ渡河している。とすれば、その年の閏8月である。この時期に大変な寒気が訪れるはずがあろうか?」と、同じく疑問を呈している。

【?月】「曹操の関中平定」
曹操が日を定めて馬超らと合戦し散々に討ち破る。この戦いで李堪と成宜らが斬られ、馬超と韓遂らは涼州(りょうしゅう)に逃走。楊秋は安定(あんてい)に奔った。これにより曹操が関中を平定した。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒09月
庚戌(こうじゅつ)の日(15日)
曹操が渭南(いなん)で韓遂や馬超らと戦い大破する。これにより函谷関(かんこくかん)から西の地が平定された。
『後漢書(ごかんじょ)』(献帝紀〈けんていぎ〉)

李賢注(りけんちゅう)によると「『曹瞞伝』に『このとき婁子伯が曹操に、いまは寒い日が続いておりますから砂を盛って城を造るとよいでしょう。これに水を注げば、一夜にして完成しましょうと説いた。曹操はこれに従い、翌朝には城が完成した。馬超と韓遂はしばしば(この城に)挑んだが得るところなく(撤退し)、曹操は虎騎(こき)を用いて挟撃し、これを大破した。馬超と韓遂は涼州に逃げた』とある」という。

『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注によると「『曹瞞伝』は書名。呉人(呉の人)の作と言われる。曹操の小字(こあざな)である阿瞞(あまん)から書名を取るように、曹操に悪意を持って書かれている」という。

同じく『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「婁子伯は婁圭。子伯は字。南陽(なんよう)の人。劉表と連携を持ったのち曹操に起用された。しばしば国家の大計を述べたが、不遜な言辞を吐いて処刑された」という。

【10月】
曹操が長安(ちょうあん)から北へ向かい、安定の楊秋を包囲する。楊秋が降伏したため曹操はもと通りの爵位を与え、その地に留まり住民の鎮撫にあたるよう命じた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【12月】
曹操が安定から帰途に就く。この際、夏侯淵を残して長安に駐留させた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
劉璋(りゅうしょう)が法正(ほうせい)の意見を容れ、劉備(りゅうび)を益州(えきしゅう)に迎え入れる。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

⇒?月
この年、劉璋が劉備に張魯討伐を依頼し、益州に迎え入れた。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

【?月】
この年、孫権(そんけん)が自身の政庁を秣陵(ばつりょう)に移した。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

『後漢書』(郡国志〈ぐんこくし〉)の劉昭注(りゅうしょうちゅう)によると「(丹陽郡〈たんようぐん〉の秣陵県は)もとは金陵(きんりょう)と言ったが、秦(しん)の始皇帝(しこうてい)が(秣陵と)改めた。建安16(211)年に孫権は建業(けんぎょう)と改め、建安17(212)年に石頭(せきとう。石頭城)を築いた」という。

【?月】
この年、呉郡(ごぐん)余杭県(よこうけん)の平民の郎稚(ろうち)が一族郎党を集めて反乱を起こす。孫権配下の賀斉(がせい)がこれを討伐した。賀斉の上表により、余杭県を分割して臨水県(りんすいけん)が設置された。
『三国志』(呉書・賀斉伝)

【?月】
この年、孫権配下の呂岱(りょたい)が郎将の尹異(いんい)らを指揮し、2千の兵をひきいて西方へ向かう。そして漢中の反乱者たちの首領である張魯に誘いかけ、漢興郡(かんこうぐん)のケン城(けんじょう)まで出てくるよう伝えた。

しかし張魯が孫権の真意を疑い、両者をつなぐ道を通れなくしたため、この計画はうまくいかなかった。孫権はそのまま呂岱に帰還を命じた。
『三国志』(呉書・呂岱伝)の裴松之注に引く『呉書』

漢興郡について、『後漢書』(郡国志)の劉昭注によると「『魏略(ぎりゃく)』に『曹操は関中を分けて漢興郡を設置し、その太守(たいしゅ)として游楚(ゆうそ)を起用した』とある」という。

【?月】
この年、趙王(ちょうおう)の劉赦(りゅうしゃ)が薨去(こうきょ)した。
『後漢書』(献帝紀)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 210年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました