160~169年の主な出来事(ダイジェスト版)

こちらの10年間では、やはり劉備(りゅうび)の誕生を押さえておきたいところ。

そのほかにも荀彧(じゅんいく)・張遼(ちょうりょう)・太史慈(たいしじ)・曹仁(そうじん)・顧雍(こよう)など、いずれ活躍することになる面々もこの世代。第1次および第2次の党錮(とうこ)事件が起こったことも重要ポイントだと言えますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年別の主な出来事

-160年-
特になし。

-161年-
劉備の誕生。

-162年-
特になし。

-163年-
荀彧の誕生。

-164年-
特になし。

-165年-
鄧皇后(とうこうごう)の廃位と死。
張遼の誕生。

-166年-
大秦国王(だいしんこくおう。ローマ皇帝)の使者が漢(かん)に来朝。
第一次党錮(とうこ)の禁。
馬融(ばゆう)の死。
太史慈の誕生。

-167年-
漢の改元。
党錮の解除。
桓帝(かんてい)の崩御(ほうぎょ)。
竇皇后(とうこうごう)が皇太后(こうたいごう)として臨朝。

-168年-
霊帝(れいてい)の即位と漢の改元。
竇武(とうぶ)・陳蕃(ちんはん)の死。
曹仁・顧雍の誕生。

-169年-
第二次党錮の禁。
李膺(りよう)・杜密(とみつ)の死。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
160年代 正史年表
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました