176年(漢の熹平5年)の主な出来事

-176年- 丙辰(へいしん)
【漢】 熹平(きへい)5年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉)

月別および季節別の主な出来事

【04月】
癸亥(きがい)の日(?日)
霊帝が大赦を行う。
『後漢書(ごかんじょ)』(霊帝紀〈れいていぎ〉)

【04月】
益州郡(えきしゅうぐん)の異民族が反乱を起こしたものの、益州太守(えきしゅうたいしゅ)の李顒(りぎょう)が討伐にあたり、これを平定する。
『後漢書』(霊帝紀)

【04月】
霊帝が、「崇高山(すうこうざん)」を「嵩高山(すうこうざん)」と改名する。
『後漢書』(霊帝紀)

李賢注(りけんちゅう)によると「『漢書(かんじょ)』(武帝紀〈ぶていぎ〉)に、武帝が中嶽(ちゅうがく)を祭り『嵩高山』を改め『崇高山』としたとある」という。

「また『東観漢記(とうかんかんき)』に、(霊帝が)中郎将(ちゅうろうしょう)の堂谿典(どうけいてん)に雨乞いを行わせ、「これにより(堂谿典が霊帝に)上言して改名し、名づけて『嵩高山』としたとある」という。

【04月】
霊帝が大規模な雩祭(うさい。雨乞いの儀式)を執り行う。
『後漢書』(霊帝紀)

【04月】
霊帝が侍御史(じぎょし)に詔獄(しょうごく)と亭部を巡行させ、冤罪の者がいないか調査を命じたうえ、軽罪の者は赦して保釈する。
『後漢書』(霊帝紀)

【05月】
霊帝が太尉(たいい)の陳耽(ちんたん)を罷免し、司空(しくう)の許訓(きょくん)を「太尉」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【閏05月】
永昌太守(えいしょうたいしゅ)の曹鸞(そうらん)が党人(とうじん)を弁護する訴えをした罪により公開処刑となる。霊帝は詔(みことのり)を下し、「党人の門生・故吏・父兄子弟のうち官位にある者については、みな免官して禁錮(きんこ)とせよ」とした。
『後漢書』(霊帝紀)

【06月】
壬戌(じんじゅつ)の日(3日)
霊帝が、太常(たいじょう)の劉逸(りゅういつ)を「司空」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【07月】
霊帝が太尉の許訓を罷免し、光禄勲(こうろくくん)の劉寛(りゅうかん)を「太尉」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【10月】
壬午(じんご)の日(24日)
御殿の後庭の槐樹(かいじゅ。エンジュの木)が自然に抜けて倒れる。
『後漢書』(霊帝紀)

【10月】
霊帝が司徒(しと)の袁隗(えんかい)を罷免する。
『後漢書』(霊帝紀)

【11月】
丙戌(へいじゅつ)の日(10月28日?)
霊帝が光禄大夫(こうろくたいふ)の楊賜(ようし)を「司徒」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
甘陵王(かんりょうおう)の劉定(りゅうてい)が薨去(こうきょ)する。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
霊帝が、太学生(たいがくせい)のうち60歳以上の者100余人を試験するよう命ずる。この結果に応じ、成績上位の者は「郎中(ろうちゅう)」や「太子舎人(たいししゃじん)」に、成績下位の者は諸王家の「郎官(ろうかん)」や郡国の「文学吏(ぶんがくり)」に、それぞれ任ぜられた。
『後漢書』(霊帝紀)

【?月】
この年、譙(しょう)に黄色い龍が現れた。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・文帝紀〈ぶんていぎ〉)

⇒?月
この年、霊帝のもとに、「沛国(はいこく)譙県で黄龍(こうりゅう)が現れた」との報告が届いた。
『後漢書』(霊帝紀)

【?月】
この年、鮮卑(せんぴ)が幽州(ゆうしゅう)に侵攻した。
『後漢書』(霊帝紀)

「この年(176年)に生まれたとされる人物」
法正(ほうせい)・馬超(ばちょう)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

『正史三國志群雄銘銘傳(増補・改訂版)』(『三国志』年表)では、沈友(しんゆう)の生年が180年?から176年に改められていた。ただ、年表の生年部分の180年?もそのまま残されており、176年と併記する形になっている。意図的にこうしてあるのかは判断つかず。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】