230~239年の主な出来事(ダイジェスト版)

こちらの10年間では曹叡(そうえい)や劉協(りゅうきょう。献帝〈けんてい〉)を始め、鍾繇(しょうよう)・曹真(そうしん)・張郃(ちょうこう)・華歆(かきん)・曹植(そうしょく)・曹洪(そうこう)・諸葛亮(しょかつりょう)・魏延(ぎえん)・李厳(りげん)・潘璋(はんしょう)・楊儀(ようぎ)・軻比能(かひのう)・陳羣(ちんぐん)・董昭(とうしょう)・張昭(ちょうしょう)・呉懿(ごい)・公孫淵(こうそんえん)らが世を去り――。

一方で孫綝(そんりん)・曹芳(そうほう)・張華(ちょうか)・陳寿(ちんじゅ)・孫休(そんきゅう)・司馬炎(しばえん)らが誕生しました。

個人的には、やはり倭国(わこく)の使者が魏(ぎ)に来朝した件が興味深いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年別の主な出来事

-230年-
魏の蜀(しょく)進攻。大雨により撤退。
呉(ご)の夷洲(いしゅう)・亶洲(たんしゅう)探索。
鍾繇の死。

-231年-
諸葛亮の北伐。
曹真・張郃・華歆の死。
孫綝の誕生。

-232年-
曹植・曹殷(そういん)・曹洪・孫慮(そんりょ)の死。
曹芳・張華の誕生。

-233年-
魏の改元。
呉の合肥新城(ごうひしんじょう)攻め。魏の満寵(まんちょう)が撃退。
曹蕤(そうずい)・虞翻(ぐはん)の死。
陳寿の誕生。

-234年-
諸葛亮の北伐。
劉協(献帝)の薨去(こうきょ)。
呉の魏進攻。曹叡の親征。
諸葛亮の陣没。
魏延・李厳・孫奐(そんかん)・孫泰(そんたい)・潘璋の死。
王戎(おうじゅう)の誕生。

-235年-
曹袞(そうこん)・郭氏(かくし。文徳郭皇后〈ぶんとくかくこうごう〉)・楊儀・軻比能の死。
孫休の誕生。

-236年-
陳羣・董昭・張昭の死。
司馬炎の誕生。

-237年-
魏の改元。
公孫淵の謀反。
毛氏(もうし。明悼毛皇后〈めいとうもうこうごう〉)・張氏(ちょうし。敬哀皇后〈けいあいこうごう〉)・呉懿・淩統(りょうとう)?の死。

-238年-
蜀の改元。
司馬懿の公孫淵討伐。
呉の改元。
倭国の使者が魏に来朝(異説もある)。
公孫淵・呂壱(りょいつ)の死。

-239年-
曹叡の崩御(ほうぎょ)。
曹芳の即位。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 230年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました