丁廙(ていい)

【姓名】 丁廙(ていい) 【あざな】 敬礼(けいれい)

【原籍】 沛郡(はいぐん)

【生没】 ?~220年(?歳)

【吉川】 第244話で初登場。
【演義】 第079回で初登場。
【正史】 登場人物。

曹植(そうしょく)を推したため誅殺という最期

父は丁沖(ていちゅう)だが、母は不詳。丁儀(ていぎ)は兄。

丁廙は若くして才能を評価され、容姿も立派で広い学識と見聞を備えていた。初め公府に召され、建安(けんあん)年間(196~220年)に「黄門侍郎(こうもんじろう)」となる。

丁廙は曹植と親しく、まだ曹操(そうそう)が跡継ぎを決めていなかったころ、たびたび曹操の前で曹植の聡明(そうめい)さをたたえてみせ、その心を動かした。だが、このことから曹丕(そうひ)の恨みを買う。

217年、最終的に曹操は曹丕を(魏〈ぎ〉の)「王太子(おうたいし)」とした。

220年、曹丕が「魏王」を継ぐと、丁廙や兄の丁儀を始め、一族の男性は皆殺しにされたという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・陳思王植伝〈ちんしおうしょくでん〉)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『文士伝(ぶんしでん)』によるものです。

丁兄弟の曹植推しはうまくいかず、ふたりとも曹丕に誅殺されてしまいましたが……。彼らには文学の才があったので、曹植とより強く結びつくことになったのでしょう。曹植の存在というのは、曹操や曹丕以外の多方面にも大きな影響を与えていたのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】