吉川版『三国志』の考察 第244話 「七歩の詩(しちほのし)」

臨淄(りんし)の曹植(そうしょく)のもとに、兄の曹丕(そうひ)から父の葬儀に参列しなかった罪を問う使者が着く。だが使者は、曹植の側近たる丁儀(ていぎ)や丁廙(ていい)の侮辱を受けたうえ追い返された。

怒った曹丕は許褚(きょちょ)に命じて曹植らを捕らえる。曹植・丁儀・丁廙は魏王宮(ぎおうきゅう)へと連行され、まず丁兄弟が斬られた。曹丕は母の卞氏(べんし)の懇願を受け、曹植にある難題を突きつける。

第244話の展開とポイント

(01)鄴都(ぎょうと) 魏王宮(ぎおうきゅう)

弟で臨淄侯(りんしこう)の曹植(そうしょく)のもとへ遣った問罪の使者は、その寵臣である丁儀(ていぎ)と丁廙(ていい)にひどく侮辱され帰ってきた。怒った曹丕(そうひ)は許褚(きょちょ)に厳命を下す。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「『臨淄』は青州(せいしゅう)に属する県。戦国(せんごく)時代の斉国(せいこく)の首都であった」という。

(02)臨淄

許褚は精兵3千余を引っ提げ、ただちに臨淄城へ殺到。配下の将士たちは防ぎ戦う暇も与えずに閣中へ混み入り、この日も遊宴していた丁儀や丁廙を始め、曹植をも捕縛して車に乗せ、たちまち鄴都の魏城へ帰ってきた。

(03)鄴都 魏王宮

曹丕は一類を階下に引かせると、一眄(いちべん)をくれるやいな、「まず、そのふたりから先に誅殺を加えろ」と許褚に命ずる。剣光の閃(ひらめ)く下、ふたつの首は無造作に転がった。

そのとき曹丕の後ろにあわただしい足音が聞こえ、たまげるような老女の泣き声が彼の足元へすがる。

ふたりの家臣を目の前で斬られ、血潮の中に喪心していた曹植が、青ざめた顔を上げてふと見ると、それは自分たち兄弟を生んだ実の母たる「卞氏(べんし)」だった。

卞氏は、曹植が先王(曹操〈そうそう〉)の大葬に会さなかったことを激しく叱りつつ、話を聞いてほしいと言い、曹丕を偏殿(へんでん)の陰へと伴う。

母の涙ながらの懇願を聞くと、曹丕は言った。

「もう、もう。そのようにお嘆きなさいますな。なあに、もとより弟を殺す気などありません。ただ懲らしめのためですから」

そのまま曹丕は奥へ隠れ、数日は政を執る朝にも姿を見せなかった。華歆(かきん)がそっと来て機嫌を伺う。そして、話のついでに言った。

「先日、母公が何か仰せになったでしょう。曹植を廃すなかれ、と御意あそばしはしませんか?」

華歆は立ち聞きしたわけではないと言う。それくらいなことはわかりきっていると。さらに言葉を続け、今のうちに御舎弟を除いておしまいにならないと、後には大きな患いになると告げる。

曹丕が母公と、曹植を廃すようなことはしないと約束してしまったと聞き、舌打ちする華歆。だが、ここで一策をささやく。

今ここへ御舎弟を呼び出し、その詩才を試してみて、もし不出来だったらそれを口実に殺してしまうのだと。また、もしうわさ通りの才華を示したら、官爵を貶(おと)して遠地へ追い、この天下繁忙の時代に詩文にのみふけっている輩(やから)の見せしめとしたらよいとも。

曹丕は自室へ曹植を呼び出し、今日この場で詩文の才を試すと告げる。そして、壁に掛けてある大幅古画を指した。

二頭の牛の格闘を描いた墨画で、それに何人(なにびと)か蒼古(そうこ)な書体をもって、「二頭闘檣下(にとうしょうかにたたこうて) 一牛墜井死(いちぎゅういにおちてしす)」と賛してある。

その題賛の字句を一字も用いず、闘牛の詩を作ってみよという難題を与えたのだった。

料紙と筆を乞い受けると曹植はたちどころに一詩を賦(ふ)し、兄の手元へ差し出す。「牛」という字も「闘」という字も用いず、立派な「闘牛之詩」が賦されてあった。

井波版『三国志演義』(第79回)では、曹植がこの詩を七歩あるく間に完成させたとある。

曹丕も大勢の臣も舌を巻き、その才に驚いた。あわてた華歆は、机の下から曹丕の手に何か書いたものを渡す。ふと目を伏せてそれを見ると、曹丕は声を高め次の難題を出した。

「植っ。立て! 室内を七歩あゆむのだ。もし七歩あゆむ間に一詩を作らなければ、汝(なんじ)の首は八歩目には床へ落ちているものと思え」

曹植は壁に向かって歩みだす。一歩、二歩、三歩と……。そして、歩とともに哀吟した。

「豆ヲ煮ルニ豆ノ萁(まめがら)ヲ燃(た)ク。豆ハ釜中(ふちゅう)ニ在(あ)ッテ泣ク。本(もと)是(こ)レ同根ヨリ生ズルヲ。相煮ルコト何ゾ太(はなは)ダ急ナル」

新潮文庫の註解(渡邉義浩氏)によると、「(この詩では)同母兄弟である曹丕と曹植が、豆と豆がらにたとえられている」という。

井波版『三国志演義』(第79回)では、曹植がこの詩を(七歩あるく間ではなく、)すぐに口で唱えたとある。

さらに、参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「一般にはこの詩が『七歩の詩』と見なされている(『世説新語〈せせつしんご〉』文学篇)」ともいう。

さすがの曹丕もついに涙を流し、群臣もみな泣いた。詩は人の心琴を奏で、人の血を搏(う)つ。曹植の詩は彼の命を救った。即日、曹植は「安郷侯(あんきょうこう)」に貶されて孤影を馬の背に託し、悄然(しょうぜん)と兄の魏王宮から別れ去ったのである。

管理人「かぶらがわ」より

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、第244話で描かれた「七歩賦詩」については(『三国志』の)『魏書・曹植伝』には見当たらず、『世説新語・文学篇』から出たものだということです。

「東阿王(とうあおう)」だったころの曹植が、曹丕の前で七歩あるくうちに詩を作るよう命ぜられたことがあったのだと。

史実では、丁儀と丁廙が処刑されたのが魏の黄初(こうしょ)元(220)年のこと。曹植はこのとき確かに「臨菑侯(りんしこう)」でした。「シ」の字体は違いますけど……。

ですが、その後「雍丘王(ようきゅうおう)」から「東阿王」に移封されたのが魏の太和(たいわ)3(229)年のこと。すでに曹丕ではなく、息子の曹叡(そうえい)の時代に入っているのですよね。

ということで、出典の記事にも混乱(というより意図的なものかも)が見られるようですが、これらの材料をうまく組み合わせた話になっていると思います。ひどい話のようにも見えますし、そうではないようにも見えます。何とも心に響くエピソードでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】