吉川版『三国志』の考察 第298話 「麦青む(むぎあおむ)」

魏(ぎ)に降った苟安(こうあん)の流言が効き、前線から成都(せいと)に呼び戻された諸葛亮(しょかつりょう)。彼は劉禅(りゅうぜん)の誤解を解くと、すぐさま漢中(かんちゅう)へ引き返す。

231年2月、諸葛亮は鹵城(ろじょう)を攻略したうえ、さらに隴上(ろうじょう)の麦を確保するべく自ら軍勢ひきいて進む。だが、すでに隴上には司馬懿(しばい)の軍勢が充満していた。そこで諸葛亮は一計を案じ……。

第298話の展開とポイント

(01)成都(せいと)

諸葛亮(しょかつりょう)は成都に還ると、すぐ参内して劉禅(りゅうぜん)へ奏する。

「いったいいかなる大事ができて、かくにわかに臣をお召し還しあそばされましたか?」

もとより何の根拠もないことなので、劉禅はただうつむいていたが、やがて正直に答えた。

「久しく相父(しょうほ。諸葛亮に対する敬称)の姿を見ないので、慕わしさのあまり召し還したまでで別に理由はない」

諸葛亮は色を改め、おそらくはこれ何か内官の讒(ざん)によるものではありませぬかと突っ込んで尋ねる。劉禅は黙然たるままだったが、こう言って深く後悔のさまを示した。

「いま相父に会い初めて疑いの心も解けたが、悔ゆれども及ばず。まったく朕の誤りだった」

(02)成都 丞相府(じょうしょうふ)

諸葛亮は丞相府へ退がると、ただちに内官の言動を調べさせる。出師(すいし。出兵)の不在中に彼を誹謗(ひぼう)したり、根もない流説を触れ回ったりしていた悪質な者数人は、前からわかっていたのですぐに連れてこられた。

諸葛亮が詰問すると、ひとりの内官は懺悔(ざんげ)してまっすぐに自白する。

「戦いがやみさえすれば暮らし向きも気楽になり、諸事以前のような栄耀(えいよう)が見られると存じまして、つい……」

諸葛亮は痛嘆し、彼らの小児病的な現実観を哀れむ。説諭を受けた内官たちはみな深く頭(こうべ)を垂れたまま、ひとことの言い訳もできなかった。

さらに諸葛亮が風説の出どころを手繰ってみると、「苟安(こうあん)」であることが明瞭(めいりょう)になる。

先に苟安が蜀から魏(ぎ)へ降ったことについては、前の第297話(03)を参照。

苟安の隠れ家へ丞相府から保安隊の兵が捕縛に向かったものの、彼は風を食らい、とうに魏へ逃げ失せていた。

諸葛亮は百官を正し、蔣琬(しょうえん)や費禕(ひい)などの大官にも厳戒を加え、意気を改めて漢中(かんちゅう)へ向かう。

(03)漢中

連年の出師に兵の疲れも思われたので、諸葛亮は全軍をふたつに分け、一半をもって漢中に残し、もう一半をもって祁山(きざん)へ進発。そして、これが戦場にある期間を約3か月と定め、「百日交代の制」を立てた。

要するに、100日ごとに二軍を日月のごとく戦場に入れ替え、絶えず清新な士気を保ち、魏の大軍を砕かんとしたものである。

井波版『三国志演義』(第101回)では、この仕組みを諸葛亮に献言していたのは「楊儀(ようぎ)」。

(04)洛陽(らくよう)

蜀の建興(けんこう)9(231)年は魏の太和(たいわ)5年にあたる。この春2月、またも急は洛陽の人心へ伝えられ、さっそく曹叡(そうえい)は司馬懿(しばい)を招き、軍政作戦をすべて託した。

(05)長安(ちょうあん)

司馬懿は早くも長安へ出て全軍の配備にあたった。左将軍(さしょうぐん)の張郃(ちょうこう)を大先鋒とし、郭淮(かくわい)に隴西(ろうせい)の諸郡を守らせる。こうして司馬懿の中軍は堂々、左翼右翼、前後軍に護られて渭水(いすい)の前に大陣を敷いた。

(06)渭水 司馬懿の本営

祁山は霞(かす)み、渭水の流れも温んできたが、春日の遅々たる天、久しく両軍の鼓も鳴らない。ある日、司馬懿は張郃と会って語る。

「思うに孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)は、相変わらず兵糧の悩みに種々(くさぐさ)の工夫を巡らせているのだろう。隴西地方の麦もようやく実ってきたころだ。きっと彼は静かに軍勢を向けてこれを刈り取り、兵食の資(たすけ)に充てようと考えるに違いない」

こう言って張郃と4万騎を渭水の陣に残し、その余の大軍を自らひきい隴西へ向かう。

(07)鹵城(ろじょう)

司馬懿の六感は誤らなかった。時しも諸葛亮は、隴西の麦を押さえる目的で鹵城を包囲し、守将の降を容れて質問していた。

「いま麦は、どの地方がよく熟しているか?」

これに降将が答える。

「今年は隴上(ろうじょう)のほうが早く熟れているようです。それに隴上のほうが麦の質も上等です」

こう聞いた諸葛亮は、占領した鹵城には張翼(ちょうよく)と馬忠(ばちゅう)を留め、自ら残余の軍勢をひきい隴上へ出ていった。

「隴上」については先の第202話(01)を参照。

(08)隴上の近く

諸葛亮のもとに、先駆した小隊から報告が届く。

「隴上には入れません。すでに魏の軍馬が充満しております。中軍を望むと司馬懿の旗が見えます」

諸葛亮は深く期し、その夕べに沐浴(もくよく)して身を清め、平常乗用の四輪車と同じ物を4輛(りょう)も引き出させる。

やがて夜に入るや、帷幕(いばく。作戦計画を立てる場所)に3人の将を呼び、遅くまで何事か密やかに語らっていた。

最初に姜維(きょうい)がそこを出て、一輛の車を引かせ自陣へ帰る。続いて馬岱(ばたい)が、また一輛の車を引いて帰った。

最後に魏延が同じように一輛の車を自陣へと運んでいく。そして残った一輛の車はしばし星の下に置かれていたが、やがて営を出た諸葛亮が乗り関興(かんこう)に出陣を促した。関興は怪しげな一軍を差し招き、たちまち車の周りに配す。

まず車の左右に24人の屈強な武者が立ち並び、彼らが車を押した。みな裸足で黒き戦衣を着けており、髪を振りさばき、片手に鋭利な真剣を提げている。さらに4人。同じ姿の者が車の先に立ち、北斗七星の旗を護符のごとく捧げていた。

そして、なお500人の鼓兵が鼓を持って従い、槍隊の1千余騎は前後幾段にも分かれ、諸葛亮の車を衛星のように取り囲む。

諸葛亮の装束も常とは少し変わっていた。いつもの綸巾(かんきん。隠者がかぶる青糸で作った頭巾〈ずきん〉。俗に「りんきん」と読む)ではなく、頭には華やかな「簪冠(しんかん。簪〈かんざし〉で髪を留めた冠)」を頂いている。

衣はあくまで白く、佩剣(はいけん)の珠金が夜目にも燦爛(さんらん)としていた。

また関興やほかの旗本は、みな天蓬(てんぽう)の模様のある赤地錦(あかじにしき。いろいろな色糸や金銀の糸を横糸に使い、きれいな模様を織り出した厚い高価な赤地の織物)の戦袍(ひたたれ)を着け、馬を飛ばせば、さながら炎が飛ぶかと怪しまれた。

井波版『三国志演義』(第101回)では、関興に天蓬元帥(神話に登場する神)の扮装(ふんそう)をさせたとある。

かくて天より降れる鬼神の軍かと疑われるこの妖装軍(ようそうぐん)は、深更(しんこう。深夜)に陣地を発し隴上へと向かっていく。

その後から約3万の歩兵も前進。彼らは手に手に鎌(かま)を持っていた。日ごろの行軍編制とはまるで違う、何にしても異様なるありさまだった。

井波版『三国志演義』(第101回)では、諸葛亮は3万の軍勢の全員に鎌と縄を持たせ、麦の刈り取りに備えさせたとある。

(09)隴上 司馬懿の本営

本軍の前隊を哨戒(しょうかい)していた物見の兵は仰天する。こけ転(まろ)んで部将に告げ、部将は中軍へ急報した。

鬼神の軍が来たと聞くと司馬懿はあざ笑い、陣頭へ馬を進める。時はまさに丑(うし。午前2時ごろ)の真夜中であった。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・明帝紀〈めいていぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』には、この時の諸葛亮の出陣に対する魏でのやり取りが見えました。

魏の論者は、諸葛亮の軍には輜重(しちょう)がないので、きっと兵糧はつながらない。これは攻撃せずとも自滅するだろうから、兵を労する必要はない、と主張したのだと。

またある者は、上邽(じょうけい)付近の麦を刈り取り、敵の食糧補給の道を絶ってしまおうと考えた。しかし曹叡はいずれの意見にも従わず、次々と兵を派遣して司馬懿の軍を増員し、別に使者を遣って麦の監視を命じた。

司馬懿は諸葛亮と対峙するに及び、この麦を頼みとして軍の食糧を確保したのであると。

さらに、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・諸葛亮伝)の裴松之注に引く習鑿歯(しゅうさくし)の『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』にも、この年(231年)の祁山出撃の記事が見えます。

それによると、諸葛亮が上邽で魏の郭淮や費曜(ひよう)らを撃破し、その地の麦を大いに刈り取ったのだということでした。

まぁ妖装軍については、『演義』が得意とするパターンの創作なのでしょうけど……。元ネタには史実(裴松之注ですが)の要素があるとわかり、いくらか驚かされました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】