吉川版『三国志』の考察 第299話 「北斗七星旗(ほくとしちせいき)」

4輛(りょう)の同じ四輪車を用いた諸葛亮(しょかつりょう)の巧妙な計に、司馬懿(しばい)ひきいる魏軍(ぎぐん)は大混乱を起こす。

やがて司馬懿は捕らえた蜀兵(しょくへい)からの実相を聞きだすが、かえって諸葛亮の知謀に恐れを抱く。

第299話の展開とポイント

(01)隴上(ろうじょう)

「なるほど、妖気(ようき)が吹いてくる……」

司馬懿(しばい)は眸(ひとみ)を凝らして遠くを望み見ていた。

「隴上」については先の第202話(01)を参照。

陰風を巻いて駆けきたる一輛(いちりょう)の車には、それを囲む28人の黒衣の兵が見える。髪をさばいて剣を佩(は)き、みな裸足。北斗七星の旗はその先頭を駆け、炎の飛ぶがごとき赤装束の騎馬武者が全軍を叱咤(しった)してくる。

なおも見守っていると諸葛亮(しょかつりょう)の姿が見えた。四輪車は鳴り走ってくる。車上の白衣簪冠(しんかん。簪〈かんざし〉で髪を留めた冠)の人影こそ、まぎれなき諸葛亮に違いない。夜目にも遠目にも鮮やかだった。

突然、司馬懿は大笑する。そして旗本以下、屈強な兵2千を後ろから差し招き、ただちに号令した。

「鬼面人を嚇(おど)す、というやつだ。怪しむことはない。恐れることもない。破邪の剣を振るい駆け崩してみろ。化けた孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)も裸足になって逃げ出すだろう」

「汝(なんじ)らが迅速なれば、その襟髪をつかんで彼奴(あやつ)を捕虜(とりこ)となすこともできる。それっ、近づいてきた。掛かれっ!」

2千の鉄騎(精鋭の騎兵)は励み合い、武者声を発しながら驀進(ばくしん)した。すると諸葛亮の車はピタリと止まり、28人の黒衣兵も七星の旗も、赤装束の騎馬武者もみなにわかに後ろを見せ、静々と引き退いていく様子。

魏(ぎ)の鉄騎隊は馬に鞭(むち)打ったものの、不思議なことに追えども追えども追いつかない。怪しき霧が吹き起こり、白濛々(はくもうもう)黒迷々。彼方の車は目の前にありながら、馬は口に泡をかみ、身は汗に濡(ぬ)れるばかりで少しも距離が縮まらないのである。

呆(あき)れ返った魏勢が馬を留め、呆然(ぼうぜん)と怪しみに打たれていると、諸葛亮の車と一陣は、またこちらへ向かって進んできた。

今度こそは、と魏勢がわめき攻めかかる。だがこちらが走ると、彼方の影は再び後ろを見せ、悠々と騒がず乱れず逃げていく。

またも20余里(り)追う。鉄騎2千はみな息を切らせたが、諸葛亮の車との隔たりは依然として少しも変わっていない。「これはいよいよ凡事(ただごと)ではない」と魏勢は迷いに捕らわれ、ひとつ所に人馬の旋風を巻いていた。

そこへ後ろから馬を飛ばしてきた司馬懿が、口々に言う嘆を聞くと、さてはと悟り顔になる。にわかに下知を改め、急に馬首を向け変えた。

「察するに、これは孔明のよくなす『八門遁甲(はちもんとんこう)』の一法。『六甲天書(りくこうてんしょ)』の内に言う『縮地(しゅくち)の法』を用いたものであろう」

「悪くすると冥闇(めいあん)必殺の危地へと誘い込まれ、全滅の憂き目に遭うやも計りがたい。もはや追うな。もとの陣地へ退け」

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『八門遁甲』とは)道教経典『秘蔵通玄変化六陰洞微遁甲真経』のことか。招風の術や縮地の法を収め、諸葛亮が習得したと記す」という。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「(『縮地の法』は)地脈を縮め、千里の彼方にある土地を目前に引き寄せる方術。東晋(とうしん)の葛洪(かつこう)の『神仙伝』では、『費長房(ひちょうぼう)』がこの術の使い手とされる」という。

すると、不意に西方の山から鼓が鳴る。愕然(がくぜん)と闇を透かして望み見ると、星明かりの下を一彪(いっぴょう)の軍馬が風のごとく駆けてきた。たちまちその中から28人の黒衣の兵と、北斗七星の旗と、火炎のごとき騎馬の大将が現れ真っ先に進んでくる。

近づいてきたのを見れば、黒衣の兵はみな髪を振り乱し、白刃を引っ提げて裸足の態。四輪車の上の白衣簪冠の人も、前に追いかけた者と少しも違わない。

「や、や。ここにも諸葛亮がいる!」

司馬懿は味方がひるむのを恐れ、自ら先に立ち追いかけてみた。20里、30里と追いかけ馬に鞭打ったが、どうしても近づき得ないことも前の時と同じだった。

「奇怪だ。これは実に不思議きわまる」

司馬懿すらへとへとになり引き返してくると、また一方の山の尾根から、七星の旗と黒衣の怪兵28人が同じ人を乗せた四輪車を押し進めてきた。

人か鬼(死者)か? 実か幻か? 魏勢は駭然(がいぜん。驚く様子)と震え上がり、あえて討とうとする者もない。「退けや、退けや」と、司馬懿も今は肝も魂も身に添わず、逃げ奔る一方だった。

するとまたまた行く手の闇の広野に、颯々(さつさつ)たる旗風の声と車輪の音がしてくる。司馬懿は驚倒し目を見張った。車上の人は確かに孔明であり、左右の20余人の黒衣白刃の影も北斗七星の旗も、初めに見たものと寸分の相違もない。

「いったい孔明は何人いるのか? この分では蜀軍(しょくぐん)の数も計り知ることができない」

司馬懿と数千の鉄騎は、ほとんど悪夢の中を夜通し駆け歩いたように疲れ果て、翌朝ごろ、ようやく上邽(じょうけい)へ逃げ帰ってきた。

(02)上邽

その日、ひとりの蜀兵が捕虜となる。調べによれば、青麦を刈り鹵城(ろじょう)へ運送していたのだという。事態を悟った司馬懿が自ら吟味してみると、昨夜の怪しい妖陣のうち、確かに一陣は孔明の車に違いないことがわかった。

だが、後の三陣の隊伍と車は、姜維(きょうい)・魏延(ぎえん)・馬岱(ばたい)などが偽装していたもので。孔明の影武者だったにすぎないということもわかる。

司馬懿は「縮地の法」の手段が読めたものの、正直に諸葛亮を恐れた。そして、いよいよ守るを主としていた。

郭淮(かくわい)がしきりに主張する。

「鹵城にある蜀兵を深く探ってみましたところ、案外に少数です。大軍と見せていたのは諸葛亮の軍(いくさ)立てによる用兵の妙であり、味方の兵力をもって包囲すれば、おそらく袋の鼠(ネズミ)でしょう」

以後、良策のなきまま消極的に堕しすぎていたことを、自身も反省していた司馬懿。郭淮に説かれると言った。

「では、動かずと見せ急に前進し、一挙に鹵城を包囲してしまおう。それが成功すれば、後の作戦はいくらでも立つ」

夕日が西へ沈むころ、上邽の大軍は一度に発足した。鹵城はさして遠くない。夜半までには難しいが、明日の未明には着けるはずである。

(03)鹵城

途中の湿地帯と河原や山を除いたほかは、すべて熟れたる麦の畑。蜀の斥候は、その中に点々と一町(いっちょう)おきに隠れていた。

一条の縄から縄が、鹵城のすぐ下までつながっている。一兵が鳴子(なるこ)を引くと、次の兵から次の兵へと鳴子を伝え、電瞬の間に「魏の襲撃あり」は蜀軍の内へ予報されていた。

そのため諸葛亮は来たるべき敵に対して策を立て、配備をなし、なお十分に手ぐすね引いているほどの暇を持っていた。

もとより地方の一城なので塀は低く堀は浅い。城に取りつかれては最期である。姜維・馬岱・馬忠(ばちゅう)・魏延などの諸隊は、おおむねいち早く城外へ出ていた。

井波版『三国志演義』(第101回)では、姜維と魏延がぞれぞれ2千の兵をひきいて(鹵城の)東南と西北の2か所に潜伏。馬岱と馬忠もそれぞれ2千の兵をひきいて(鹵城の)西南と東北の2か所に潜伏したとある。

城外は一望の麦野で潜むには絶好である。深夜の風は麦の穂を波立てていた。音なき怒濤(どとう)のごとく、魏の大軍は迫ってくる。「敵はまだ悟らず」と思ったか、全軍を分散して城の東西南北に分かち始めた。

と思う間に鹵城の上から、数千の弩(ど)が一度に弦を切り乱箭(らんせん。箭〈矢〉が乱れ飛ぶ様子)を浴びせる。魏軍が堀を越え城壁にかかると、大石や巨木がなだれ落ちた。浅い堀はたちまち屍(しかばね)で埋まる。

「少々苦戦」と司馬懿はなお励ましていたが、一瞬の後、その少々は大々的に変わった。背後の麦畑がみな蜀兵と化したのである。いかに精鋭な魏軍でも乱れざるを得ない。

暁のころ、司馬懿はひとつの丘に馬を立てて唇をかんでいた。見事に夜来の一戦も敗れたのである。損害を数えると1千余の死傷者が出ているという。

井波版『三国志演義』(第101回)では、このとき魏軍の出した死傷者は3千以上だったとある。

(04)上邽

以来また司馬懿は、上邽城の殻に閉じこもる臆病なヤドカリになった。郭淮は無念に堪えず、日夜知恵を絞り次の一策を勧める。その計は奇想天外で、ようやく司馬懿の眉(まゆ)を晴れしめるに足りた。

(05)鹵城

鹵城は決して守るによい所ではなかったが、魏軍の動向は容易に計りがたい。諸葛亮もジッと堅守していた。

しかし彼は、この自重も策を得たものとはしていない。なぜなら、近ごろ司馬懿が雍涼(ようりょう。雍州と涼州)に檄文(げきぶん)を飛ばし、孫礼(そんれい)の軍勢を剣閣(けんかく)へ招いているふうが見える。

ひとたび魏がその膨大な兵力を分け、蜀境の剣閣でも襲うことになろうものなら、帰路を断たれて運輸の連絡もつかなくなり、ここの陣地にある数万の蜀軍は孤立してしまう。

ここで「剣閣」を蜀境(にある)としていることについては、先の第294話(04)を参照。

諸葛亮は魏延と姜維にこう命じた。

「あまりに動かざるは、かえって大なる動きあるによるともいう。どうも近ごろ魏軍の静かなのは不審だ。ふたりとも1万騎ずつを連れ剣閣へ加勢に行け。何となく心もとないのはあの要害である」

魏延と姜維は即日軍勢を整え、剣閣へと向かう。

井波版『三国志演義』(第101回)では、この任務を与えられていたのは「姜維」と「馬岱」。

その後、長史(ちょうし)の楊儀(ようぎ)が言った。

「先に漢中(かんちゅう)を発たれる際、丞相(じょうしょう。諸葛亮)は軍勢をふたつに分けられ、100日交代で休ませると宣言なされたでしょう。どうも弱ったことです」

「百日交代の制」については前の第298話(03)を参照。

諸葛亮がさらに聞くと、楊儀は続ける。

「もはやその100日の日限が来たのです。前線の兵と交代する漢中の兵は、もうかの地を出発したと伝えてまいりました」

諸葛亮は、法令化した以上、一日もたがえてはならないとし、ここにいる8万の軍勢を4万ずつ二度に分けて還すよう命ずる。諸軍は大いに喜び、それぞれ帰還の支度をしていた。

ところが、ここへ剣閣から早馬が着く。魏の孫礼が雍涼の勢を新たに20万騎も募り、郭淮とともに猛攻してきたという。それに加え、司馬懿が時を同じくして全軍に総攻撃の命を発し、今しもここへ押し寄せてくるとも伝えてきた。蜀軍が驚き恐れたことは言うまでもない。

楊儀は倉皇と告げる。

「こうなっては交代どころではございません。帰還のことはしばらく延期し、目前の敵の強襲を防がせねばなりますまい」

だが、諸葛亮は強く面を横に振って言った。

「わが師(いくさ)を出して多くの大将を用い、数万の兵を動かすも、みな信義を本(もと)としていることである。この信義を失っては蜀軍に光彩もなく、大きな力は出せなくなる」

「また、彼らの父母や妻子もすでに百日交代の規約を知っておるゆえ、家郷にあって指折り数え、わが子やわが夫の帰りを門に待っているだろう。たとい今いかなる難儀に及ぶとも、予は信義を捨てることはできない」

さっそく楊儀は、この言葉を蜀軍の兵に告げた。それまでいろいろと臆測して多少の動揺を見せていた兵たちも、諸葛亮の心を聞くと涙を流す。

彼らはこぞって願い出た。

「願わくは命を捨て、丞相のご高恩に報ぜん」

諸葛亮はなお還れと勧めたが、彼らは結束して踏みとどまる。そして、目に余るほどの魏の大軍に反撃を加え、ついには先を争って城外へ突出。雍涼勢の新手をも粉砕し、数日の間にさしもの敵を遠く退けてしまった。

けれど、一難去ればまた一難。全城が凱歌に沸き満ちている暇(いとま)もなく、永安城(えいあんじょう)にある李厳(りげん)から図らずも意外な急報を告げてきた。

管理人「かぶらがわ」より

「縮地の法」って……。この手の不思議戦術の登場にはどうも抵抗感が抜けません。

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・諸葛亮伝)の中で、郭沖(かくちゅう)の諸葛亮弁護を裴松之(はいしょうし)が次のように批判していました。

「諸葛亮の大軍が関(関中?)や隴(隴西?)にいるのに、どうして魏の兵がそれらを通り過ぎ、剣閣へ直行することができるのだろうか?」

「関中」については先の第204話(03)を参照。

確かにそうなのですよね。少数の部隊が密かに急行したというならまだしも、魏の大軍が祁山(きざん)の蜀軍を避ける形で、さらに漢中にも気づかれずにいきなり剣閣へ猛攻してくるというのは……。

また、祁山にいた諸葛亮が、守備兵の10分の2ずつを休養のために代わるがわる下山させていた、とする郭沖を、ここでも裴松之が批判。

諸葛亮は戦場に出た後、その地に長期にわたり滞在する計画など、もともと立ててはいなかった。ところが、その時に兵を休ませ蜀に帰らせるなどとは、まったくつじつまの合わぬ話であると、「百日交代の制」を完全否定。

この第299話ほど創作が過ぎると、かえって興味も削がれるものだという気がしました。まぁ創作がというよりも、このあたりの魏蜀の戦いにおいては、たびたび『演義』の訳者である井波先生も指摘されているように、地理的な誤解が多いのですよね。

特に目立つのは剣閣がらみの記述で、『演義』の作者らは、剣閣が実際よりずっと北にあったと誤解されていたようです。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】