吉川『三国志』の考察 第047話 「巫女(みこ)」

李傕(りかく)が献帝(けんてい)や皇后(こうごう。伏氏〈ふくし〉)を郿塢城(びうじょう)に閉じ込めると、城外に軍営を置いていた郭汜(かくし)のほうも、和睦を勧めに来た大臣らを捕らえて対抗する。

だが、巫女の言葉にばかり耳を傾ける李傕の態度に、配下の将士たちの間では不満が渦巻いていた――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第047話の展開とポイント

(01)郿塢(びう)の城外 郭汜(かくし)の軍営

太尉(たいい)の楊彪(ようひょう)は朝廷の大臣以下60余人とともに郭汜を訪ね、李傕(りかく)との和睦を勧める。

しかし郭汜は耳を貸さず、不意に兵に命じ楊彪らをひとからげに縛ってしまう。郭汜としては献帝(けんてい)と皇后(こうごう。伏氏〈ふくし〉)を郿塢城に閉じ込め強みとしている、李傕への対抗措置だった。

楊彪が声を荒らげてとがめたところ、郭汜は斬り捨てようとする。これを中郎将(ちゅうろうしょう)の楊密(ようみつ)が諫めたが、郭汜は許さず、楊彪と朱雋(しゅしゅん。朱儁)のふたりだけを営外へ追い返した。

老年の朱雋はこの使いでひどく精神的なショックを受け、家に帰ってまもなく血を吐き死んでしまう。柱に自分の頭をぶつけて憤死したのだった。

それから50余日は明けても暮れても、李傕と郭汜の両軍が毎日、巷(ちまた)に兵を出して戦っていた。

(02)郿塢

郿塢城内に幽閉されていた献帝は日夜、涙の乾く間もなく沈んでいた。そこへ侍中郎(じちゅうろう)の楊琦(ようき)がささやき、李傕の謀臣の賈詡(かく)を密かに召すよう勧める。

『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第13回)では、ここでも楊琦は侍中とあった。前の第46話(07)を参照。

李傕の周囲には数多くの巫女(みこ)がおり、みな重く用いられ絶えず帷幕(いばく。作戦計画を立てる場所)に出入りしていた。

巫女たちは事あるごとに祭壇に向かって祈りを捧げたり、調伏の火を焚いたり神降ろしなどをして、怪しげなご宣託を授けていた。李傕は恐ろしく信用し、何をやるにもすぐ巫女を呼び神さまのお告げを聴いた。

あるとき李傕と同郷の皇甫酈(こうほれき)が訪ねてきて、弁舌をもって彼の罪を鳴らし諫めた。李傕が剣を抜き斬ろうとすると、騎都尉(きとい)の楊奉(ようほう)がなだめて皇甫酈の身柄を預かり、外へ連れ出し放してやった。

井波『三国志演義(1)』(第13回)では、ここで侍中の胡邈(こばく)を登場させ、李傕を罵り続けていた皇甫酈をなだめていた。だが、吉川『三国志』では胡邈を使っていない。

皇甫酈は献帝の頼みで和睦の勧告に来ていたのだが、失敗に終わったため西涼(せいりょう)へと落ちていった。

その道中で「大逆無道の李傕は今に天子(てんし。献帝)をも殺しかねない人非人(にんぴにん)だ……」と言い触らした。

井波『三国志演義(1)』(第13回)では、ここで李傕が虎賁(こほん)の王昌(おうしょう)を差し向け、皇甫酈を追撃させていた。しかし、王昌は彼が忠義の人だと知っていたのでまったく追撃しようとせず、行方がわからなくなったと報告しただけだったとある。なお、吉川『三国志』では王昌を使っていない。

密かに献帝に近づいていた賈詡も、暗に世間の悪評を裏書きするようなことを兵士たちの間にささやき、李傕軍を内部から切り崩していた。

謀士の賈詡さえああ言うくらいだから見込みはないと、李傕のもとを脱して他国や郷里へ落ちていく兵が増えだす。夜が明けるたび、目に見えて李傕の兵が減っていった。

賈詡はほくそ笑み、再び献帝に献策。李傕を大司馬(だいしば)に上せて恩賞を下すよう勧める。

李傕は思いがけず大司馬に昇進して有頂天となり、巫女たちに莫大(ばくだい)な褒美を与える一方、将士たちには何も与えなかった。むしろこのころ、将士たちは脱走兵が多いことで叱られてばかりいた。

前の第46話(01)の時点では李傕を司馬としていた。ただ、相方の郭汜のほうを大将軍(だいしょうぐん)としており、李傕をただの司馬とすると釣り合いが取れない感じがする。ということで、ここで司馬から大司馬に昇進したようにも受け取れる描き方にはかなり異和感があった。

なお井波『三国志演義(1)』(第13回)では、ここで李傕を正式に大司馬に任じたとあり、上で触れたような疑問は感じられない。

その夜の二更(にこう。午後10時前後)、宋果は中軍から火の手を上げる手はずで、楊奉は外部にいて兵を伏せていた。

ところが、決めた時刻になっても火の手が上がらない。楊奉が物見を出して探らせたところ、事が発覚して宋果は首を刎(は)ねられたことがわかる。

ほどなく李傕の討手が楊奉の陣に殺到。楊奉は四更(しこう。午前2時前後)のころまで抗戦したものの散々に打ち負かされる。そして、夜明けとともにいずこともなく落ち延びた。

郭汜軍も戦いに疲れていたところ、陝西(せんせい)地方から張済(ちょうさい)が大軍をひきいて仲裁に駆けつけ、李傕と郭汜に和睦を押しつける。

これを拒否すると新手の張済軍に叩(たた)きのめされる恐れがあったため、ふたりとも和解に応じた。人質にされていた百官も解放され、献帝も初めて眉(まゆ)を開く。

張済はこの時の功により驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)に任ぜられた。

先の第41話(04)で、すでに張済は驃騎将軍に任ぜられていたはず……。ここはどういうことなのかわからなかった。

なお井波『三国志演義(1)』(第13回)では、ここで張済を驃騎大将軍(ひょうきだいしょうぐん)に任じたとあった。驃騎将軍に大を付けてもいいのか微妙だが、その分だけ昇進したという意味合いらしい。

驃騎大将軍については范曄(はんよう)の『後漢書』に数多くの用例があったので、将軍号として通用することがわかった。(2016/2/18追記)

献帝は張済の勧めに従い、長安(ちょうあん)から弘農(こうのう)へ遷(うつ)ることにした。弘農は旧都の洛陽(らくよう)にも近い。

折しも秋の半ば、献帝と皇后の輦(くるま)は長い戟(げき)をそろえた御林軍(ぎょりんぐん。近衛軍)の残兵に守られ長安の廃墟(はいきょ)を後にする。これに李傕も付き従った。

(03)行幸中の献帝

覇陵橋(はりょうきょう)を越えた後、華陰県(かいんけん)の辺りで郭汜が軍勢をひきいて追いついてくる。そのとき彼方の疎林や丘の陰から1千余騎をひきいた楊奉が現れる。

先ごろ李傕に背いて長安から姿を消した楊奉は、その後しばらく終南山(しゅうなんざん)に潜んでいた。天子がこの地を通ると聞き、にわかに手勢をひきい駆けつけてきたのだった。

管理人「かぶらがわ」より

李傕の大司馬や張済の驃騎将軍といった官位の絡みで気になるところがありましたが、長安における争いはひとまず終結ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (03) 草莽の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました