吉川『三国志』の考察 第096話 「小児病患者(しょうにびょうかんじゃ)」

曹操(そうそう)は荀彧(じゅんいく)や郭嘉(かくか)の意見を聴いたうえ、徐州(じょしゅう)の劉備(りゅうび)討伐に乗り出す。

劉備は曹操軍の動きをつかむと、すぐさま孫乾(そんけん)に書簡を託し、河北(かほく)の袁紹(えんしょう)へ救援を求めた。しかし、ちょうどこのとき袁紹の愛息が……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第096話の展開とポイント

(01)許都(きょと) 丞相府(じょうしょうふ)

粛清の嵐と血の清掃をひとまず済ませた曹操(そうそう)。翌日には何事もなかったような顔をして明日への百計にふけっていた。

曹操は、まだ西涼(せいりょう)の馬騰(ばとう)と徐州(じょしゅう)の劉備(りゅうび)が片づいていないと言い、策を尋ねる。

荀彧(じゅんいく)は、いま許都を手薄にはできないとして、まず甘言をもって馬騰を都へ呼び寄せ、欺いてこれを殺す。次に劉備へも交術を施して鋭気を削ぎ、一面では流言の法を行い、彼と袁紹(えんしょう)との間を猜疑(さいぎ)させるのが万全の計だと述べた。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第24回)では、馬騰を都へ誘い込んで倒すよう進言したのは「程昱(ていいく)」。また、徐州の劉備については、簡単に攻撃することはできないと述べていた。

曹操は、荀彧の献策が悠長すぎると言い、あくまで先に劉備を討伐したいという態度を見せる。

そこへちょうど郭嘉(かくか)が入ってきたので、曹操は彼にも意見を聴く。すると郭嘉は、一気に劉備を討伐してしまうに限ると即答。

劉備が徐州を治めて日が浅いこと。そして、袁紹配下の部将は一致を欠いており、袁紹自身も優柔不断であるため、神速の兵を動かせるわけがないことを指摘する。

郭嘉の説が自分の志望と合致したので、曹操はたちどころに決心。軍監(ぐんかん)や参謀から糧食や輸送などの各司令らを一堂に呼び集め、20万の兵を整えて5部隊に分け、3つの道から徐州へ攻め下るよう命じた。

井波『三国志演義(2)』(第24回)では、曹操は20万の大軍を動かし、軍勢を5方面に分けて徐州へ向かったとある。

(02)小沛(しょうはい)

徐州に曹操軍の動きが伝わると、いち早く知った孫乾(そんけん)は下邳(かひ)の関羽(かんう)に急を告げ、その足ですぐに劉備のもとへ馬を飛ばす。

劉備は、献帝(けんてい)の血の密詔が露見し、董承(とうじょう)らが殺されたことも併せて知り驚愕(きょうがく)。孫乾は劉備から救援を要請する書簡を預かり、河北(かほく)の袁紹のもとへ急ぐことになった。

(03)冀州(きしゅう。鄴〈ぎょう〉?)

まず孫乾は袁家の重臣である田豊(でんほう)を訪ね、その斡旋(あっせん)により翌日には袁紹に謁見する。ところが袁紹はひどく憔悴(しょうすい)しており、衣冠も正していない。

怪しんだ田豊が尋ねると、かわいがっている五男が疥瘡(かいそう。疥癬虫〈かいせんちゅう〉の寄生で起こる、伝染性のひどくかゆい皮膚病。疥癬)を病み、命も危うい容体なのだという。

井波『三国志演義(2)』(第24回)では、一番下の息子(五男)が疱瘡(ほうそう。天然痘〈てんねんとう〉)にかかり、死にかけているとあった。

しばらく用件を言い出せなかった田豊。やがて一転の機を話中につかむと、劉備配下の孫乾が早馬で着き、曹操が大軍をひきい徐州へ向かっていると伝えてきたと告げる。

田豊は手薄になっている許都を攻めるよう促すが、袁紹は五男の病気が気がかりだと言い、どうしても承知しない。

孫乾が田豊に目顔で合図をしながら退出しようとすると、袁紹は、もし劉備が徐州を捨てるほかなくなった場合は、いつでも冀州を頼ってくるよう伝えてくれと言った。

退出後、田豊は足ずりして長嘆したが、孫乾は馬を求めてあいさつすると、すぐに鞭(むち)を打ち徐州へ引き返す。

管理人「かぶらがわ」より

徐州攻めに動きだす曹操と、愛息の病が気になって動かない袁紹。病のことはともかく、袁紹が動かないのは郭嘉が予想した通りでした。

庶民であれば息子思いの父親ということになるのでしょうが、大国を治める統治者としては駄目っぽいですね。

なお、この第96話のタイトルに使われている「小児病」は、「考えが浅くて極端に走ろうとする、大人らしくもない見解や行動」という意味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (4) 臣道の巻
このページをシェアする
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました