吉川『三国志』の考察 第097話 「玄徳冀州へ奔る(げんとくきしゅうへはしる)」

袁紹(えんしょう)の援軍が来ないことを知り落胆する劉備(りゅうび)だったが、その間にも曹操(そうそう)の大軍は小沛(しょうはい)へ迫っていた。

劉備は張飛(ちょうひ)の献策を容れ奇襲を試みるも、裏をかかれ失敗。小沛と徐州(じょしゅう)の両城を失って行き場をなくし、やむなく冀州(きしゅう)に向かう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第097話の展開とポイント

(01)小沛(しょうはい)

劉備(りゅうび)は冀州(きしゅう)から帰った孫乾(そんけん)の報告を聞き、明らかに周章(しゅうしょう)していた。彼がふさぎ込むところ、張飛(ちょうひ)が陽気に献策。

短気な曹操(そうそう)のことだから、その軍勢は許都(きょと)から休む間もなく駆け下ってきたに違いないとして、敵軍の用意が整わないうちに、また長途の疲れも癒えないうちに、自分が部下の猛卒をひきいて奇襲を仕掛け、まず敵の出はなに大打撃を加えるという。

その後、下邳(かひ)の関羽(かんう)と掎角(きかく)の形を取り、呼応して敵に変化の暇(いとま)を与えないようにすれば、かえって大軍は弱点となり、やがて破たんを来すことは明らかだとも。

劉備は感心してこの献策を容れ、張飛は準備を整え奇襲の機会をうかがう。20万の曹操軍は、まもなく小沛の県境まで近づいてきた。

掎角の形については先の第74話(01)を参照。

(02)小沛の郊外

曹操の軍勢が小沛の県境を越えたその日、一陣の狂風が吹いて中軍の牙旗(がき)が折れる。

『三国志演義 改訂新版』(立間祥介〈たつま・しょうすけ〉訳 徳間文庫)の訳者注によると「(牙旗は)大将の旗。陣頭に立てる大きな旗で、竿(さお)の先を象牙(ぞうげ)で飾るからこう言うともいわれる」とある。

普段はあまり御幣を担がない曹操ながら、着陣当日だったためひとり馬上で瞑目(めいもく)して吉凶を占い、なお試みに諸将にも尋ねた。

荀彧(じゅんいく)は、風が東南(たつみ)から吹いており、折れた旗の色が真紅だったと聞くと、兵法の「天象篇占風訣(てんしょうへんせんふうけつ)」の一項に見える通り、敵に夜陰の動きがある兆しだと言う。

ここで出てきた「天象篇占風訣」については出典がわからなかった。

なお『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第24回)では、吹いてきた風の方角は東南で同じだったが、青と赤の二色旗が折れたことになっていた。

この時、先鋒の毛玠(もうかい)もわざわざ駒を返してきて荀彧と同じ意見を述べた。

曹操は、軍勢を九陣に分けて八面に埋伏させることにし、日没を待ち必殺の捕捉陣(ほそくじん)を敷き待ち構える。やがて劉備は孫乾を城の守りに残し、張飛とふた手に分かれて出撃。

敵陣に近づいた張飛は、物見から哨兵(しょうへい)まで眠りこけていると聞くと、一団になってまっしぐらに駆け入った。

ところが陣中には一兵の姿もなく、ただ広い空沢があるだけで、どこかでせせらぐ水音が聞こえるばかり。いぶかしんでいるところへ十方から曹操軍が現れ、逆に奇襲を仕掛けてくる。

張遼(ちょうりょう)・許褚(きょちょ)・于禁(うきん)・李典(りてん)に加え、徐晃(じょこう)・楽進(がくしん)・夏侯惇(かこうじゅん)・夏侯淵(かこうえん)らが八面鉄桶(てっとう)の象(かたち)を作り、その数十分の一にも足らない劉備や張飛の小勢を完全に包囲した。

数か所の手傷を負いながらようやく張飛は一方の血路を開いたが、続いてきた味方は20騎もいない。小沛へ戻ることもできず、残兵をひきいボウ蕩山(ぼうとうざん。山+芒。芒碭山)方面へ落ち延びていった。

ボウ蕩山については先の第73話(05)を参照。

(03)徐州(じょしゅう)の近郊

そこで道を変え、徐州を目指して夜明けまで駆け続けたが、その徐州城にも曹操軍の旗が翻っているのが見えた。行き場を失った劉備は、ふと孫乾から聞いていた袁紹の言葉を思い出し、ひとまず冀州へ行くことにする。

袁紹の言葉については前の第96話(03)を参照。

(04)青州(せいしゅう。臨淄〈りんし〉?)

劉備は楽進や夏侯惇の軍勢から追撃を受け続け、自分も馬も土にのめるばかりな苦しみをあえぎつつも、翌日には死地を逃れて青州の地を踏んだ。

青州の城主は袁紹の嫡男の袁譚(えんたん)だったので、劉備は旅舎を与えられ、この旨を伝える使いが袁紹のところへ飛ぶ。

(05)平原(へいげん)

ただちに袁紹は一軍を差し向け、劉備の身を引き取る。そのうえ冀州(鄴城〈ぎょうじょう〉?)の城外30里(り)にある平原まで車馬を連ね、自ら出迎えた。

(06)冀州(鄴城?)

袁紹は城内で改めて劉備と対面し、先に使いの孫乾を空しく帰したことを言い訳すると、大船に乗ったお心で幾年でもおいでになられるがよいと言う。劉備は肩身が狭く、ひたすら謙虚に身を低くして頼むばかりだった。

管理人「かぶらがわ」より

せっかくの張飛の献策でしたが、中軍の牙旗が折れたことがきっかけとなり曹操に看破されてしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (04) 臣道の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました