吉川版『三国志』の考察 第234話 「荊州変貌(けいしゅうへんぼう)」

荊州に入城した孫権(そんけん)は、虞翻(ぐほん)を遣り公安(こうあん)の傅士仁(ふしじん)を説かせ、戦わずして降伏させる。次いで傅士仁を用いて南郡(なんぐん)の糜芳(びほう。麋芳)を説かせ、こちらも戦うことなく降す。

孫権の使者から戦況を伝えられた曹操(そうそう)は、陽陵坡(ようりょうは)に留めていた徐晃(じょこう)に進撃を命じ、自身も大軍をひきいて南下する。

第234話の展開とポイント

(01)荊州(けいしゅう。江陵〈こうりょう〉?)

呉(ご)は大きな宿望のひとつを遂げた。荊州を版図に加えることは、実に劉表(りゅうひょう)が滅んで以来の積年の望みだった。やがて陸口(りくこう)から陸遜(りくそん)もやってきて祝賀を述べる。その折、呂蒙(りょもう)が列座の中で尋ねた。

「すでに荊州の中府は占領したが、これで荊州の版図がわが手に帰したとは言えない。公安(こうあん)には傅士仁(ふしじん)があり、南郡(なんぐん)には糜芳(びほう。麋芳)の一軍がいる。貴兄(同輩や同輩以上の相手を呼ぶ尊敬語)にそれを討つ良計はないか?」

これは毎度の疑問だが、公安に傅士仁がいるとするなら、糜芳がいるという南郡こそ「荊州(江陵?)」ということになるのでは? なお「傅士仁」については先の第226話(08)を参照。

すると陸遜ではなく、虞翻(ぐほん)が立って豪語する。

「その儀なれば、弓を張り、矢をつがえるにも及びません」

孫権(そんけん)が遠慮なく計を述べるよう促すと、虞翻は一礼して続けた。

「されば、それがしと傅士仁とは幼少からの友です。必ずそれがしの説く利害には彼も耳を貸しましょう。ゆえに公安の無血占領は信じて疑いません」

ここにもあるように、虞翻は会稽郡(かいけいぐん)余姚県(よようけん)の出身。だが、傅士仁(士仁)は広陽郡(こうようぐん)の出身である。揚州(ようしゅう。楊州)にある会稽郡と幽州(ゆうしゅう)にある広陽郡は相当離れている。このふたりが幼少からの友だった、というのはどうなのだろうか?

(02)公安

虞翻は孫権から500騎を授かり、自信に満ちて公安へ向かう。一方の傅士仁は堀を深くして城門を閉じ、物見を放ち鋭敏になっていた。

ここへ、友人の虞翻が500騎ほどを連れてやってくると聞いたが、なお疑心に捕らわれ城中に鳴りを静めていた。

虞翻は城門の下まで近寄り、書簡を矢に挟んで城中へ射込む。傅士仁は繰り返し矢文を見て考えた。

「たとえここを守り通しても、いずれ関羽(かんう)が帰ってくれば戦前の罪を問われ、罪と功とが棒引きになるぐらいが上の部だ。もし呉軍に囲まれ関羽の来援が間に合わなかったら、ここで完全に自滅だ。虞翻の説くところは、心からおれを思ってくれる言葉に違いない」と。

傅士仁は城門を開くよう命じ、虞翻を迎え入れる。虞翻は傅士仁を伴い、さっそく荊州へ帰った。

(03)荊州(江陵?)

もちろん孫権は上機嫌で受け入れる。虞翻を重く賞したうえ、傅士仁にもこう告げて寛度を示した。

「汝(なんじ)の心底を見たからには決して旧臣と分け隔てはせぬ。立ち帰ったらよく部下を諭し、呉に以後の忠誠を誓わせろ。そして、これまで通り公安の守将たることを許す」

恩を謝して傅士仁が退がろうとすると、呂蒙が孫権の袖(そで)を引き何かささやく。孫権は急に侍臣を走らせ、傅士仁を呼び戻して命じた。南郡の糜芳を説くようにと。

傅士仁は命を受け退出したが、浮かない顔で虞翻に相談する。糜芳は余人と違い、劉備(りゅうび)が微賤(びせん)をもって旗揚げしたころからの宿将だから、おれの舌三寸(したさんずん)でおめおめ降るわけはないと。

虞翻は励まし、紙片に何か書き示す。傅士仁は首を寄せ黙読していたが、悟ったような顔をしてひどく感心したかと思うと、たちまち勇気づいた様子を見せる。

(04)南郡(ここも江陵を指すはずだが……)

傅士仁が10騎ばかりを従えて着くと、糜芳は城を出て友を迎えた。まず関羽の消息を問い、荊州の落城を嘆ずると悲涙を押し拭(ぬぐ)う。

傅士仁はすでに呉に降ったことを打ち明け、彼にも降伏を勧める。糜芳が聞こうとせず怒っていると、戦場の関羽から早馬が着いたとの知らせ。使者は、火急のことゆえ口上をもって述べますと断り、次のような要求を伝えた。

「樊川(はんせん)地方の大洪水のため戦況は有利に進んだが、兵糧の欠乏は言語に絶し、全軍は疲弊の極みに達している。ついては南郡と公安から至急糧米10万石(せき)を調達し、わが陣まで届けてもらいたい。もし怠りがあれば成都(せいと)に上申し厳罰に処す」

糜芳と傅士仁は顔を見合わせる。まったく無理な注文である。糧米10万石も困難だし、荊州の陥ちたいま、輸送する方法もない。

ここで突然、血しぶきの下に使者が倒れる。いきなり斬ったのは傅士仁だった。傅士仁は真っ青になって言う。

「足下(きみ)には関羽の心が読めないのか? 関羽は、その不可能を知りながら無理難題を言いつけ、後に荊州の敗因をわれらの怠慢にありとする腹黒い考えでおるのだ」

傅士仁は剣を収め、糜芳の手を引っ張った。もちろんこれは虞翻が授けた策で、関羽の要求というのも噓(うそ)だし、その使いも偽使者であることは言うまでもない。

糜芳は迷っていたが、この時はや呉の大軍が城を囲んでいた。傅士仁は茫然(ぼうぜん)自失している糜芳の腕を組み、無理やり城を出る。そして虞翻を介して呂蒙に会い、また呂蒙は糜芳を伴い孫権にまみえた。

(05)鄴都(ぎょうと)

呉の特使が鄴都へ来て伝える。

井波版『三国志演義』(第76回)では、このとき曹操(そうそう)は許都(きょと)にいたことになっていた。

「呉すでに荊州を破る。なぜ魏(ぎ)はこの機会をつかみ関羽を討たないのか?」

「今はよし」と曹操も動きだす。大軍をひきいて洛陽(らくよう)の南へ出た。そこからさらに南の陽陵坡(ようりょうは)には、すでに先発させていた徐晃軍(じょこうぐん)5万が敵に対峙している。

「陽陵坡」については先の第231話(02)を参照。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注には「『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)によると、ここで曹操は洛陽の南の『摩陂(まは)』に陣を敷いたとある」という。

(06)偃城(えんじょう)

徐晃は軍使から曹操の進撃命令を受け取ると、徐商(じょしょう)と呂建(りょけん)に自分の大将旗を掲げさせ正攻法を採らせる。

そして、徐晃自身は500余騎の奇襲部隊を編制し、沔水(べんすい)の流れに沿い、敵の中核とみられる偃城の後方へ迂回(うかい)した。

このとき関平(かんぺい)が偃城に屯(たむろ)しており、廖化(りょうか)は四冢(しちょう)に陣していた。その間、連々と12か所の寨塁(とりで)を広野の起伏に連ね、一面で樊城を囲み、一面で魏の増援軍に備えていた。

関平は陽陵坡の魏軍の動きを聞くと、精鋭3千をひきい城を出、地の利を取り陣列を展開。だが魏の大将旗は偽りである。駆け出してきたのは徐商や呂建だった。

けれど関平の勇は徐商を追い、呂建を斬り立て、かえってふたりをあわてさせる。さらに逃げるふたりを追い、10余里(り)も追撃した。

するとまったく予測していなかった方面から、一彪(いっぴょう)の軍馬が側面へ掛かってくる。ひとりの大将が罵ったが、それが真の徐晃だった。

「知らずや関平! すでに荊州は呉の孫権に取られておるぞ。汝、家なき敗将の小倅(こせがれ)。何を目当てに、なお戦場をまごついておるかっ!」

管理人「かぶらがわ」より

荊州の本城に続き公安と南郡が無血開城。こう書くと何だか3つの城が陥落したように見えますけど、実際は「荊州の本城」というのが「南郡(つまり江陵)」なのだと思います。

傅士仁と糜芳の情けなさが目立っていましたが、これも関羽の判断が直接の原因なのでしょうね。魏のほうでは曹操が自ら大軍をひきいて南下を開始。先行していた徐晃も動きだしたことで、蜀軍(しょくぐん)はより不利な形勢へと追い込まれてしまいました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】