吉川『三国志』の考察 第005話 「桑の家(くわのいえ)」

ようやく劉備(りゅうび)は楼桑村(ろうそうそん)に帰り着き、母との再会を果たした。

それから3、4年が経った春のある日、「魯(ろ)の李定(りてい)」と名乗る老人がやってきて劉備の家にある桑の大木を眺め、予言めいた話を聞かせる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第005話の展開とポイント

(01)楼桑村(ろうそうそん)

ようやく楼桑村へ帰り着いた劉備(りゅうび)。城門の番人から、このごろ顔を見せなくなったという彼の母が、患って寝ているらしいと聞かされ帰路を急ぐ。

(02)楼桑村 劉備の家

劉備は自宅に戻ったが、召し使いの老婆や下僕(しもべ)の姿が見えない。そして、母の部屋にだけあった箪笥(たんす)や寝台もなくなっていた。

ここで劉備の家に立っていたという桑の大木についての説明があった。

劉備は薄暗い灯火の下、ひとりで蓆(むしろ)を織っていた母の姿を見つける。

話を聞き、箪笥や寝台は黄匪(こうひ。黄巾賊〈こうきんぞく〉)討伐のための軍費として税吏に持っていかれたこと。召し使いの老婆(婆や)は息子が黄匪の仲間に入っているという疑いで捕縛されたこと。若い下僕は兵隊として取られたことがわかった。

自分の留守中、思わぬ苦労をかけたことを知り、足下にひれ伏して詫びる劉備。

母は自分の部屋の床下に隠しておいた瓶(かめ)から粟(アワ)などを取り出し、それを煮ると、ふたりで貧しい食卓を囲んだ。

そこで劉備が素晴らしいお土産を買ってきたと話す。しばらくのやり取りの後、お土産が洛陽(らくよう)の銘茶であることを明かす。初めはどうやって手に入れたのかと心配した母だったが、そのあたりの経緯を聞くと納得。息子の孝心に感動するあまり涙を流す。

(03)楼桑村 桃園

翌朝、劉備は4里(り)ほど離れた鶏村(けいそん)まで清水をくみに行く。その間に母は桃園の一部を清掃し、家にしまってあった土炉や茶碗(ちゃわん)などを運び、茶を入れる準備を整えた。

清水をくんで劉備が戻り、母がご先祖に供えておいたという茶壺(ちゃつぼ)を取ってくると、母が改まって彼の身なりを見ていた。

すると母は、佩(は)いている剣が夫の遺物(かたみ)として授けた剣ではないことを問いただす。やむなく劉備は一命を救われた礼として、その剣を張飛(ちょうひ)に渡したことを打ち明ける。

劉備が張飛に命を救われたことについては、前の第4話(01)を参照。

訳がわからず、うろたえる劉備を叱りつける母。しかし劉備は母の言葉を聞き、自身が土民の中で貧窮しているうちに、心まで土民になりかけていたことに気づかされる。このまま土民として朽ち果てるつもりはないとの決意を述べ、ようやく母も安心。

ここで母は、劉備の先祖が漢(かん)の中山靖王(ちゅうざんせいおう)劉勝(りゅうしょう)だと言っていた。これはまぁいいとしても、「お前のお父さまも、お祖父(じい)さまも、お前のように沓(くつ)を作り蓆を織り、土民の中に埋もれたままお果てなされてはいるけれど……」は引っかかる。

史実では、劉備の祖父の劉雄(りゅうゆう)は「范県令(はんけんのれい)」まで務めているし、父の劉弘(りゅうこう)も劉備が幼いころに亡くなったとはあるが、州郡に仕えていたともあった。少なくとも、祖父の代に沓作りや蓆織りをやっていた、ということはないと思う。

また母が、景帝(けいてい。劉啓〈りゅうけい〉)の玄孫にあたるということを滅多に口に出すなと言い、「なぜならば、今の後漢(ごかん)の帝室は、私たちのご先祖を滅ぼして立った帝王だからです」とも言っていたが――。

後漢の初代の「皇帝(こうてい)」である光武帝(こうぶてい。劉秀〈りゅうしゅう〉)は、前漢(ぜんかん)の景帝の皇子である長沙定王(ちょうさのていおう。劉発〈りゅうはつ〉)の子孫にあたる。つまり劉勝と劉発とは異母兄弟である。なので、ここで母が言っていることについてはイマイチしっくりこなかった。

(04)楼桑村 劉備の家

それから3、4年が過ぎた春のある日、白い山羊(ヤギ)の背に2個の酒瓶(中身の酒は、道中で悪漢〈わるもの〉に飲まれたので空っぽ)を乗せ、それを引いた旅の老人が劉備の家の中庭に入ってくる。

老人は「魯(ろ)の李定(りてい)」と名乗り、この家の桑の大木は霊木で、遠くないこの春、葉が青々とつくころになるといい友達が訪ねてくると告げる。

さらに、蛟龍(こうりょう。みずち〈龍の一種〉)が雲を得たように、それからここの主は恐ろしく身の上が変わってくるとも伝えた。

李定は引いていた山羊を劉備の母に献ずると、この瓶に酒を買い、この山羊を屠(ほふ)り、劉備を祝ってやるよう言い残して立ち去る。

管理人「かぶらがわ」より

「羊仙(ようせん)」こと李定がいい味を出していました。今後の劉備の飛躍を、李定の予言という形で表現しているわけですよね。

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)でも劉備の家にあった桑の大木の話に触れており、「ある人が『(この家からは)きっと貴人が出るだろう』と予言した」とあります。

この部分の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く習鑿歯(しゅうさくし)の『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』に、これを予言したのが涿(たく)の人である李定だとありました。

なぜ劉焉(りゅうえん)がこの地の「太守(たいしゅ)」と呼ばれているのかは謎でしたが、とりあえず置いておきましょう。ちなみに、校尉(こうい)の「鄒靖(すうせい)」という人物は正史『三国志』にも登場しています。
吉川『三国志』の考察(全311話タイトル一覧)
吉川『三国志』の全311話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。(一)桃園(とうえん)の巻(第001話) 「黄巾賊(こうきんぞく)」(第002話) 「流行る童歌(はやるどうか)」(第003話...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(1) 桃園の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました