193年(漢の初平4年)の主な出来事

-193年- 癸酉(きゆう)
【漢】 初平(しょへい)4年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)

月別および季節別の主な出来事

【01月】
甲寅(こういん)の日(1日)、朔(さく)
日食が起こる。
『後漢書(ごかんじょ)』(献帝紀〈けんていぎ〉)

李賢注(りけんちゅう)によると、「袁宏(えんこう)の『後漢紀(ごかんき)』に『(午後4時ごろにあたる)晡(ほ)の8刻前、太史令(たいしれい)の王立(おうりゅう)が献帝に上奏し、『太陽が(日食が予想されている宿)度をよぎりますが、(日食の)変異は起こりません、と述べた』。『朝臣は(天譴〈てんけん〉である日食が起こらないということで)みなお祝いを申し上げた。ところが献帝がこれを確認させると、晡の1刻前になって日食が起こった』」。

「『賈詡(かく)は献帝に上奏し、王立は観測をつかさどる立場でありながら(事象を)明確にできず、上下の者を誤らせました。どうか刑獄の官に下されますように、と述べた。献帝は、天道は遥かなもの。その事象は明らかにしがたいものだ。(そもそも日食は、天が朕〈ちん〉に対して天譴として下すものであって、)罪を史官に負わせようとしてはますます不徳を重ねるばかりである、と言っ(て許し)た』とある」という。

【01月】
丁卯(ていぼう)の日(14日)
献帝が大赦を行う。
『後漢書』(献帝紀)

【春】
曹操(そうそう)が鄄城(けんじょう)に陣を置く。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)

【?月】
荊州牧(けいしゅうぼく)の劉表(りゅうひょう)が袁術(えんじゅつ)の糧道を絶つ。袁術は軍をひきいて陳留郡(ちんりゅうぐん)に入り、封丘(ほうきゅう)に駐屯。黒山(こくざん)の残党と匈奴(きょうど)の於夫羅(おふら)らが袁術を援けた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】 「匡亭(きょうてい)の戦い」
曹操が匡亭の袁術配下の劉詳(りゅうしょう)を攻める。曹操は加勢に駆けつけた袁術を大破し、袁術は封丘に退却した。
『三国志』(魏書・武帝紀)

『後漢書』(郡国志〈ぐんこくし〉)の劉昭注(りゅうしょうちゅう)によると「(陳留郡〈ちんりゅうぐん〉の平丘県〈へいきゅうけん〉にある)匡人亭(きょうじんてい)は、曹操が袁術を討ち破った場所である」という。

【?月】
曹操が封丘の袁術を包囲しようとする。袁術は、包囲網が完成する前に襄邑(じょうゆう)に逃げた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
曹操が襄邑を攻め破り、袁術が逃げ込んだ太寿(たいじゅ)に進み、掘り割りを決壊させ城に水を注ぎ込む。さらに袁術は寧陵(ねいりょう)に逃げた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
曹操が袁術の追撃を続ける。袁術は九江(きゅうこう)まで逃げた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【03月】
袁術が揚州刺史(ようしゅうしし)の陳温(ちんおん)を殺害し、淮南(わいなん)を拠点とする。
『後漢書』(献帝紀)

【03月】
長安(ちょうあん)の宣平門(せんぺいもん)の外屋が自然に壊れる。
『後漢書』(献帝紀)

李賢注によると「『三輔黄図(さんぽこうず)』に、『(宣平門は)長安城の東面北頭の門である』とある」という。

【夏】
曹操が袁術の追撃から引き返し、定陶(ていとう)に陣を置く。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
陶謙(とうけん)が「徐州牧(じょしゅうのぼく)」に、趙イク(ちょういく。日+立)が「広陵太守(こうりょうのたいしゅ)」に、王朗(おうろう)が「会稽太守(かいけいのたいしゅ)」に、それぞれ任ぜられる。
『参考年表』

【05月】
癸酉の日(22日)
雲がないのに雷が鳴る。
『後漢書』(献帝紀)

ここでは具体的な場所についての記述はなかった。

【06月】
扶風(ふふう)で大風(おおかぜ)が吹き、雹(ひょう)も降る。
『後漢書』(献帝紀)

【06月】
華山(かざん)が崩れ、その山肌が裂ける。
『後漢書』(献帝紀)

【06月】
献帝が太尉(たいい)の周忠(しゅうちゅう)を罷免し、太僕(たいぼく)の朱儁(しゅしゅん)を「太尉」に任じたうえ「録尚書事(ろくしょうしょじ)」とする。
『後漢書』(献帝紀)

【?月】
下邳(かひ)の闕宣(けつせん)が数千の軍勢を集め、「天子(てんし)」を自称する。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒06月
下邳国の賊である闕宣が「天子」を自称する。
『後漢書』(献帝紀)

【?月】
徐州牧の陶謙が闕宣と結んで兵を挙げ、泰山郡(たいざんぐん)の華県(かけん)・費県(ひけん)の両県を奪ったうえ任城国(じんじょうこく)を攻略する。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【06月】
水害がある。
『後漢書』(献帝紀)

ここでは具体的な場所についての記述はなかった。

【06月】
献帝が侍御史(じぎょし)の裴茂(はいぼう)を遣わし詔獄(しょうごく)を視察させ、軽罪の者を赦免する。
『後漢書』(献帝紀)

【06月】
辛丑(しんちゅう)の日(20日)
天狗(てんこう。音がする流星)が西北の空を流れる。
『後漢書』(献帝紀)

李賢注によると、「『前書音義(ぜんしょおんぎ)』(『漢書〈かんじょ〉』楚元王伝〈そげんおうでん〉の顔師古注〈がんしこちゅう〉)に、『(流星は)音がすれば天狗とし、音がしなければ枉矢(おうし)とする』とある」という。

【09月】
甲午(こうご)の日(?日)
献帝が儒生(じゅせい)40余人の試験を行い、上第(じょうだい)の者は「郎中(ろうちゅう)」に、これに次ぐ者は「太子舎人(たいししゃじん)」に、それぞれ任じたうえ、下第(かだい)の者は罷免する。
『後漢書』(献帝紀)

【09月】
献帝が詔(みことのり)を下し、老儒生を哀れむ考えを示したうえ、「この9月の試験により罷免された者を『太子舎人』とするように」とした。
『後漢書』(献帝紀)

李賢注によると、「劉艾(りゅうがい)の『献帝紀』に、『このとき長安中でこの件に関する童謡が流行し、頭はそれはもう真っ白、稼ぎはとても足りゃしない。上着をたたんで袴(こ)をからげ、いざ古里へ帰ろじゃないか。そしたら聖主が哀れんで、みな郎官(ろうかん)にしてくれた。こんな布衣(ふい)など捨て去って、玄黄(げんこう)の服に着替えなきゃ、と囃(はや)した』とある」という。

訳者補注(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「ここでの李賢注にいう『謡(童謡)』は単なる『わらべうた』ではなく、その形式を借りた豪族層の輿論(よろん)の発露であった」という。

【?月】 「曹嵩(そうすう)の死」
曹操の父である曹嵩が、陶謙配下の部将に殺害される。
『参考年表』

【秋】
曹操が徐州の陶謙を攻め、10余城を陥す。陶謙は城を固守し、あえて出撃しようとはしなかった。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【10月】
太学(たいがく)で儀礼(ぎれい)が執り行われる。献帝は永福門(えいふくもん)に行幸して観覧し、博士(はくし)以下に差をつけ下賜を行った。
『後漢書』(献帝紀)

【10月】
辛丑の日(22日)
長安で地震が起こる。
『後漢書』(献帝紀)

【10月】
星が天市(てんし)をよぎる。
『後漢書』(献帝紀)

李賢注によると「袁宏の『後漢紀』に、『星が天市をよぎるのは、天子が都を遷し、その後にまた東遷する兆候である』とある」という。

訳者補注(渡邉義浩氏)によると「天市は星座の名。彗星が天市に現れるのは、外軍の徴である」という。

【10月】
献帝が司空(しくう)の楊彪(ようひゅう)を罷免し、太常(たいじょう)の趙温(ちょうおん)を「司空」に任ずる。
『後漢書』(献帝紀)

【10月】
公孫瓚(こうそんさん)が大司馬(だいしば)の劉虞(りゅうぐ)を殺害する。
『後漢書』(献帝紀)

【12月】
辛丑の日(23日)
地震が起こる。
『後漢書』(献帝紀)

ここでは具体的な場所についての記述はなかった。

【12月】
献帝が司空の趙温を罷免する。
『後漢書』(献帝紀)

【12月】
乙巳(いつし)の日(27日)
献帝が衛尉(えいい)の張喜(ちょうき)を「司空」に任ずる。
『後漢書』(献帝紀)

李賢注によると「『献帝春秋(けんていしゅんじゅう)』は、(張喜の)『喜』の字を『嘉(か)』の字に作る」という。

【12月】
献帝が漢陽(かんよう)・上郡(じょうぐん)の両郡を分割して「永陽郡(えいようぐん)」を設置し、郷(きょう)や亭(てい)を属県とする。
『後漢書』(郡国志)の劉昭注に引く『献帝起居注(けんていききょちゅう)』

【?月】
この年、袁術の指示を受けた孫策(そんさく)が長江(ちょうこう)を渡る。その後、孫策は数年で江東(こうとう)を手中に収めることになった。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
この年、献帝が太傅(たいふ)の馬日磾(ばじつてい)と太僕の趙岐(ちょうき)を派遣し、関東(かんとう)の将軍たちを和解させようとした。
『三国志』(魏書・袁紹伝〈えんしょうでん〉)

この記事については昨年(192年)8月の『後漢書』に同じものがあった。昨年の8月からこの年(193年)にかけ、各地の慰撫を続けていたと解釈すべきか? ただ、この年の6月の『後漢書』には「太僕の朱儁が『太尉』に任ぜられた」という記事がある。ということから、「この年」とは言っても、少なくとも6月以前を想定していると思われる。

【?月】
この年、琅邪王(ろうやおう)の劉容(りゅうよう)が薨去(こうきょ)した。
『後漢書』(献帝紀)

【?月】
この年、献帝が(巴郡〈はぐん〉の充国県〈じゅうこくけん〉を)再び分割して「南充国県(なんじゅうこくけん)」を設置した。
『後漢書』(郡国志)の劉昭注に引く譙周(しょうしゅう)の『巴記(はき)』

「この年(193年)に亡くなったとされる人物」
曹嵩(そうすう)・劉虞(りゅうぐ)・陳温(ちんおん)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

「この年(193年)に生まれたとされる人物」
張温(ちょうおん)・駱統(らくとう)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】