孟達(もうたつ)A ※あざなは「子度(したく)」

【姓名】 孟達(もうたつ) 【あざな】 子度(したく)

【原籍】 扶風郡(ふふうぐん)

【生没】 ?~228年(?歳)

【吉川】 第189話で初登場。
【演義】 第060回で初登場。
【正史】 登場人物。

関羽(かんう)の救援要請を断ったことから破滅へ

父は孟他(もうた)だが、母は不詳。孟興(もうこう)という息子がいた。

孟達はもとのあざなを「子敬(しけい)」といったが、劉備(りゅうび)の叔父である劉敬(りゅうけい)の名を避け「子度」と改めたのだという。

建安(けんあん)年間(196~220年)の初めに天下が飢饉(ききん)に見舞われた際、孟達は同郡の法正(ほうせい)とともに蜀(しょく)へ赴き劉璋(りゅうしょう)に仕えた。

211年、劉璋は遠縁にあたる劉備を益州(えきしゅう)へ迎え入れ、漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)討伐を依頼する。このとき孟達は法正の副将となり、それぞれ2千ずつの兵をひきいて荊州(けいしゅう)まで劉備を迎えに行く。ここで孟達は劉備の命を受け、そのまま江陵(こうりょう)に駐屯した。

翌212年、劉備が劉璋との間に戦端を開く。

214年、劉備が成都(せいと)で劉璋を降し蜀を平定すると、孟達は「宜都太守(ぎとのたいしゅ)」に任ぜられた。

219年、孟達は秭帰(しき)から北上して房陵(ぼうりょう)を攻め、配下の兵が房陵太守の蒯祺(かいき)を討ち取った。

次いで劉封(りゅうほう)や李厳(りげん)と上庸(じょうよう)で合流し進撃を続ける。上庸太守の申耽(しんたん)は弟の申儀(しんぎ)とともに軍勢を挙げて降伏し、妻子や一族を成都へ送った。

そのころ関羽は樊城(はんじょう)や襄陽(じょうよう)を包囲しており、たびたび劉封と孟達に増援を要請してくる。だが、ふたりは上庸一帯が従属したばかりだったので、この地域に動揺を与えないためとして断り続けていた。

ところが同年12月、関羽は孫権(そんけん)の急襲を受け、捕らえられ処刑されてしまう。劉備は援軍を出さなかった孟達らをひどく恨む。加えてもともと孟達は劉封と仲が悪く、劉封が孟達の軍楽隊を没収するということもあった。

翌220年7月、孟達は関羽の件で処罰されることを恐れていたうえ、劉封への憤りも感じていた。そこで劉備に決別の上表文を送り、軍勢(私兵4千余家)をひきい魏(ぎ)に降伏。

曹丕(そうひ)に譙(しょう)で謁見したところ大いに気に入られ、「散騎常侍(さんきじょうじ)・建武将軍(けんぶしょうぐん)」に任ぜられ「平陽亭侯(へいようていこう)」に封ぜられる。また、房陵・上庸・西城(せいじょう)の3郡を併せて「新城郡(しんじょうぐん)」が新設され、その「太守」まで兼ねることになった。

ほどなく孟達は、征南将軍(せいなんしょうぐん)の夏侯尚(かこうしょう)や右将軍(ゆうしょうぐん)の徐晃(じょこう)とともに劉封を攻める。

このとき手紙を送り、劉封が養子である点を指摘して魏に降ることを勧めた。しかし劉封は応じず、申儀の離反もあって敗れ、成都へ逃げ戻った末に劉備の問責を受けて自殺した。

226年、孟達を厚遇していた曹丕が崩御(ほうぎょ)。さらに、彼と親しくしていた桓階(かんかい。没年不詳)や夏侯尚(225年没)も同じころに亡くなってしまう。

すると、自分は他国から身を寄せた者にすぎないのに、長期にわたり辺境の守備を任されていることを考え、心中で不安になってきた。

そうした孟達の心情を察した蜀の諸葛亮(しょかつりょう)から、手紙による誘いを何度も受ける。そのうち孟達と不仲だった魏興太守(ぎこうたいしゅ)の申儀が、諸葛亮との内通の件を密奏した。

曹叡(そうえい)は密奏の内容を信ずるまでに至らなかったものの、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の司馬懿(しばい)が参軍(さんぐん)の梁幾(りょうき)を派遣し調査させる。一方で孟達は入朝を求められ、ますます不安を募らせた。

翌227年12月、ついに孟達が反乱を起こすと、曹叡の詔(みことのり)を受けた司馬懿が討伐に向かう。

翌228年1月、孟達は司馬懿の急襲を受けて斬殺され、その首は洛陽(らくよう)の四つ辻(つじ)で焼かれた。なお、息子の孟興は「議督軍(ぎとくぐん)」となり、264年に扶風に帰ったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・文帝紀〈ぶんていぎ〉)や『三国志』(魏書・明帝紀〈めいていぎ〉)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)、さらに『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)、『三国志』(蜀書・劉封伝)、『三国志』(蜀書・法正伝)とその裴松之注によるものです。

孟達の名が『三国志』のどのあたりに見えているかを追っていくと、おおよそ彼の考え方もうかがえます。

劉璋は為政者としての資質に疑問が感じられますので、孟達が劉備に鞍(くら)替えしたことは非難しませんけど……。それ以後の彼の動きはどうなのでしょう?

関羽軍に対する状況判断を誤ったのか、関羽個人への思い入れという点で古参の将軍たちとは意識が違いすぎたのか? 上庸での相棒が劉封だったというのも、不運な巡り合わせと言えるでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】