孟康(もうこう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 孟康(もうこう) 【あざな】 公休(こうきゅう)

【原籍】 安平郡(あんぺいぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

コネ登用の悪評を吹き飛ばす活躍

父は不詳(孟姓のはず)だが、母は郭イク(かくいく。日+立)か?

郭イクは文徳郭皇后(ぶんとくかくこうごう。曹丕〈そうひ〉の皇后)の姉。

曹丕の黄初(こうしょ)年間(220~226年)、孟康は郭皇后の親戚だったため九親(きゅうしん)の待遇を受け、「散騎侍郎(さんきじろう)」に任ぜられる。

「九親」は父方の4代、母方の3代、妻方の2代、これらを合わせた親族のこと。

そのころ「散騎侍郎」には優れた才能を持つ者や立派な儒者を充てていたが、孟康だけ皇后の縁者という理由で起用されたため、みな軽視し「阿九(あきゅう。九ちゃん)」と呼んだ。

それでも孟康は頭の働く人だったので、閑職にあることを幸いに広く書物を読む。のち弾劾駁論(ばくろん)する機会があったが、彼の文章は品があるうえに内容も適切だった。そのため人々は彼の見方を改め、一転して敬意を示すようになったという。

237年、「司徒(しと)」と「司空(しくう)」が欠員になった際、散騎侍郎の孟康は司隷校尉(しれいこうい)の崔林(さいりん)を推薦した。

曹芳(そうほう)の正始(せいし)年間(240~249年)になると地方へ出て「弘農太守(こうのうのたいしゅ)」を務め、「典農校尉(てんのうこうい)」を兼ねる。

着任後、孟康は清潔さをもって職務に励み、善を嘉(よみ)する一方、善を行えない者にも哀れみをかけた。こうして裁判沙汰を減らし、住民の希望に沿って利益をもたらす。

配下の郡吏が200余人いたが、正月ごろには休暇を与えるように取り計らってやり、このほかにも普段から4分の1の者に休暇を取らせた。

孟康はいったん承諾したことを引き延ばさず、巡察に出る際はあらかじめ督郵(とくゆう。官名)に命じ、(不備を指摘せずに済むよう)川や池を整備させておく。さらに行く先々へ人を遣り、属官らが無理に敬意を示すことのないようにさせた。

また、吏民を煩わせないよう配慮し、巡察時には各自が鎌を持ち、馬に与える草を刈って進んだ。孟康の一行は宿舎を使わず樹木の下で野宿し、お供の数も10余人にすぎなかったという。

弘農郡は多くの街道に囲まれていたが、そこを通過する賓客に対しても公法に該当しなければ品物を支給することはない。旧知の者が訪ねてきた場合は自分の家から出して与え、きちんとけじめをつけた。

初め孟康が「太守」に任ぜられたとき、人々は彼の志と器量は承知していたものの、長官を務めた経験がなかったため能力は保証できないと考えた。しかし彼の恩沢と統治能力がわかってくると、官民はたたえて歌にうたうほどになった。

嘉平(かへい)年間(249~254年)の末、孟康は「勃海太守(ぼっかいのたいしゅ)」から召し還され「中書令(ちゅうしょれい)」となり、やがて「中書監(ちゅうしょかん)」に転ずる。その後、病のため辞職(時期は不明)したという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・杜畿伝〈ときでん〉)に付された「杜恕伝(とじょでん)」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。そして崔林を推挙した件は『三国志』(魏書・崔林伝)に見えます。

孟康のようにコネで登用された人は、おおむね実務能力のない例が多いのですけど……。彼の場合は「阿九」の貶称(へんしょう)に腐ることなく、勉学に励んで悪評を吹き飛ばしてみせました。魏の外戚のひとりですから九卿(きゅうけい)などにはなれませんでしたが、心がけは立派だったと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】