孫氏(そんし)F ※孫賁(そんほん)の娘

【姓名】 孫氏(そんし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫賁(そんほん)の娘

父は孫賁だが、母は不詳。孫鄰(そんりん)・孫安(そんあん)・孫熙(そんき)・孫績(そんせき)はみな兄弟。

孫氏は、建安(けんあん)年間(196~220年)の初めに曹操(そうそう)の息子の曹彰(そうしょう)に嫁いだ。しかし、その後の動静については記事がない。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績に関する記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

孫氏が曹彰に嫁いだことは『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫策伝〈そんさくでん〉)に見えますが、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)には見えないようです。

「孫策伝」によると、「袁紹(えんしょう)の勢いが最も盛んだった時期は、孫策が廬江(ろこう)を攻略し江東(こうとう)を統合した時期と重なっており、曹操は存分に実力を発揮できなかった」のだと。

「そこで曹操はひとまず孫策を懐柔しようと計り、弟の娘を孫策の末弟の孫匡(そんきょう)に嫁がせたうえ、息子の曹章(曹彰)のために孫賁の娘を娶った」ということでした。

「このとき曹操は、孫策の弟の孫権(そんけん)と孫翊(そんよく)を手厚い礼をもって招いて官職に就け、さらに揚州刺史(ようしゅうしし)の厳象(げんしょう)に命じて孫権を茂才(もさい)に推挙させた」ともありました。

なお吉川『三国志』(第112話)では、曹操が孫策を懐柔しようと、一族の曹仁(そうじん)の娘を孫策の弟の孫匡へ嫁入りさせたことが出てきますが、息子の曹彰のために孫賁の娘を娶ったことは出てきません。

また『三国志演義』(第29回)でも、曹仁の娘を、孫策の幼い弟の孫匡と婚約させたことは出てきますが、やはり息子の曹彰のために孫賁の娘を娶ったことは出てきません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました