荀粲(じゅんさん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 荀粲(じゅんさん) 【あざな】 奉倩(ほうせん)

【原籍】 潁川郡(えいせんぐん)潁陰県(えいいんけん)

【生没】 ?~?年(29歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

「女性は才知より容色」が持論

父は荀イク(じゅんいく)だが、母は不詳。荀ウン(じゅんうん。忄+軍)・荀俁(じゅんぐ)・荀詵(じゅんしん)・荀ギ(じゅんぎ。豈+頁)はみな兄。妻は曹氏(そうし。曹洪〈そうこう〉の娘)。

荀粲の兄たちは儒家の説を基に議論したが、荀粲だけは好んで道家の説を唱えた。だが、いくら弁論に長けた者であっても、彼を言い負かすことはできなかったという。

そのうえ、父の荀イクより従兄の荀攸(じゅんゆう。荀イクの従子〈おい〉)の生き方のほうが立派だと述べ、兄らの怒りを買う。それでも、やはり弟の言い分に反論することさえできなかった。

曹叡(そうえい)の太和(たいわ)年間(227~233年)の初め、荀粲は都で傅嘏(ふか)と語り合い、裴徽(はいき)の仲立ちもあり親しくなる。また、夏侯玄(かこうげん)も彼らと仲が良かった。

荀粲は、女性は才知ではなく、あくまで容色を重視すべきだと考えていた。驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の曹洪の娘が美人との評判だったので、荀粲は彼女を娶る。そして華麗な衣服や帷帳(カーテン)などをしつらえ、ひたすら妻を愛し歓宴を尽くした。

数年後に妻が病死すると、荀粲は悲しみを抑えきれず、彼も1年ほどして死去した。このとき29歳だったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・荀イク伝)に付された「荀ウン伝」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く何劭(かしょう)の『荀粲伝』によるものです。

この中では「荀粲は人を見下し尊大に振る舞ったため、普通の人々とはうまく付き合えず、交際があったのは一代の俊才や英傑ばかりだった」とあり、「そうしたことから荀粲の埋葬時に参列したのは10人ほどだったが、みな名を知られた人物ばかり。参列者が荀粲の死を悼む慟哭(どうこく)の声は道ゆく人々を感動させた」ともありました。

荀粲は荀イクの息子っぽくないですよね。末っ子(七男だったという)で奔放なところがあったのでしょうか? 「女性は才知より容色」の結論に至った話など、もう少し詳しいものがあったらなと思いました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】