程いく(ていいく。日+立)

【この記事をシェアする】

【姓名】 程イク(ていいく。日+立) 【あざな】 仲徳(ちゅうとく)

【原籍】 東郡(とうぐん)東阿県(とうあけん)

【生没】 ?~?年(80歳?)

【吉川】 第042話で初登場。
【演義】 第010回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・程イク伝』あり。

充足を知る者は恥辱を受けない。安郷粛侯(あんきょうのしゅくこう)

父母ともに不詳。息子の程武(ていぶ)は跡継ぎで、程延(ていえん)も同じく息子。

程イクは身長が8尺(せき)3寸(ずん)もあり、顎と頰に見事なひげを生やしていた。

184年、黄巾(こうきん)の乱が起こると、東阿県丞(とうあけんじょう)の王度(おうたく)は賊に呼応し県の倉庫を焼き払う。県令(けんれい)は城壁を越えて逃げ、官民も老幼を背負い東の渠丘山(きょきゅうざん)へ走った。

程イクは人を遣り様子を探らせ、王度らは県城を得たものの守ることができず、西の城外5、6里(り)にとどまっていることを知る。そこで豪族の薛房(せつぼう)らを説き、城に戻って固守するよう勧めた。

薛房らは同意したが官民は戻るのを嫌がり、「賊は西にいる。われらには東(に逃げる手)があるだけだ」と言う。

そこで程イクは一策を案じ、ひそかに数騎を遣って東の山上に幟(のぼり)を掲げさせる。さらに薛房らに「もう賊は来ているぞ!」と大声で言わせ、すぐさま山を下り県城へ向かう。官民もあわてて後を追い、県令を捜し当て城を守った。

王度らは県城を攻め落とせずに去ろうとし、官民をひきいた程イクの急追を受けて敗走。東阿県は事なきを得る。

190年、兗州刺史(えんしゅうしし)の劉岱(りゅうたい)に招聘(しょうへい)されたが、程イクは応じなかった。

このころ劉岱は袁紹(えんしょう)と公孫瓚(こうそんさん)の両者と手を結んでおり、袁紹の妻子を領内に住まわせる一方、公孫瓚配下の范方(はんほう)ひきいる騎兵の支援も受けていた。

翌191年、袁紹と公孫瓚が仲たがい。公孫瓚は袁紹軍を撃破すると劉岱に使者を遣り、袁紹の妻子を渡すよう求める。そして范方に対し、もし劉岱が袁紹の妻子を渡さない場合、騎兵をひきいて帰還するよう命じ、袁紹平定後の劉岱討伐をほのめかす。

劉岱は連日の評議を経ても決心がつかず、別駕(べつが)の王イク(おういく)の進言を容れ、程イクを招いて意見を聴く。

程イクは、公孫瓚は袁紹の敵ではないと断じ、いま袁紹軍を撃破したと言っても、結局は袁紹に捕らえられるだろうと述べる。劉岱はこの説に従い、范方は騎兵をひきいて帰還することになったが、まだ彼が着かないうちに公孫瓚は袁紹に大破されてしまう。

劉岱は程イクを「騎都尉(きとい)」とするよう上奏したが、彼は病気を理由に辞退。

翌192年、劉岱が黄巾賊との戦いで討ち死にすると、曹操(そうそう)は兗州に入って程イクを召し寄せる。これに応じて程イクが行こうとすると、郷里の人々は言った。

「先(劉岱の時)と今では何と(態度が)矛盾することか」

だが、程イクは笑って取り合おうとしなかったという。彼は曹操と語り合って気に入られ、「寿張県令(じゅちょうけんのれい)」を代行することになった。

翌193年、曹操が徐州(じょしゅう)の陶謙(とうけん)を討伐したとき、程イクは荀イク(じゅんいく)とともに鄄城(けんじょう)で留守を預かる。

翌194年、張邈(ちょうばく)らが曹操の不在を突いて反旗を翻し、兗州に呂布(りょふ)を迎え入れたため州内の郡県が呼応した。それでも、鄄城・范(はん)・東阿の3つの城だけは動揺しなかった。

呂布軍から降った者が、陳宮(ちんきゅう)が兵をひきいて東阿を取り、別に氾嶷(はんぎょく)に范を取らせるつもりだと言ったので、官民は恐慌を来す。

程イクは荀イクの意見に従い東阿へ帰郷。その途中で范を訪ね、県令の靳允(きんいん)を説得。靳允は母や弟、妻子を呂布側に捕らえられていたが、このまま范を固守することに同意した。

このときすでに氾嶷が范に来ており、靳允は会見の場に伏せた兵を使い彼を刺殺。城に帰ると兵を統率して守りを固める。

程イクのほうも、別に騎兵を遣って倉亭津(そうていしん)の渡し場を断ち切らせたため、陳宮の兵は黄河(こうが)を渡ることができなかった。

程イクが東阿に着くと、県令の棗祗(そうし)は官民を激励して城の守りを固めていた。さらに、兗州の従事(じゅうじ)の薛悌(せつてい)も程イクと相談し、最後まで3つの城を守り抜き曹操の帰還を待つ。

こうして無事に帰還した曹操は、程イクの手を取って働きを評価。彼を「東平国相(とうへいこくのしょう)」として范に駐屯させた。

この年、曹操は濮陽(ぼくよう)で呂布と戦ってたびたび負けたが、イナゴの発生により双方とも引き揚げる。

そこへ袁紹から使者が来て、曹操に手を結ぼうと持ちかけ、家族を鄴(ぎょう)に住まわせるよう勧めた。曹操は兗州を失ったばかりで兵糧も尽きていたため、申し出を受けようとする。

しかし、ちょうど使いから帰った程イクが、袁紹の下風に立つことができますかと再考を促し、曹操を翻意させた。

196年、許(きょ)への遷都が行われ、程イクは「尚書(しょうしょ)」に任ぜられる。だが依然として兗州が安定しないため、彼は「東中郎将(とうちゅうろうしょう)・済陰太守(せいいんのたいしゅ)・都督兗州事(ととくえんしゅうじ)」を務めることになった。

この年、徐州を失った劉備(りゅうび)が曹操のもとに身を寄せる。程イクは劉備の殺害を進言したが、曹操は聞き入れなかった。

199年、曹操が劉備を徐州へ派遣し、袁術(えんじゅつ)を迎え撃たせる。この時も程イクは郭嘉(かくか)とともに諫め、劉備に兵を貸すことへの懸念を述べた。曹操は後悔し、劉備を追わせたものの間に合わず、そのうち袁術も病死する。

徐州に行き着いた劉備は、曹操配下の徐州刺史(じょしゅうしし)の車胄(しゃちゅう)を殺害したうえ兵を挙げて背いた。

しばらくして程イクは「振威将軍(しんいしょうぐん)」に昇進。

この年、袁紹が黎陽(れいよう)から南下し黄河を渡ろうとしたとき、程イクはわずか700の兵で鄄城を守っていた。曹操は兵2千を増援しようとしたが、程イクは断って言う。

「袁紹は10万の軍勢を抱えており、向かうところ敵なしと思い込んでおります。いま私の兵が少ない様子を見れば、必ずや軽く見て押し寄せては来ないでしょう」

「ですが兵を増やせば、袁紹は通過する際に攻めずにはおきません。そうなれば敵が勝ち、わが方は援軍とも無駄に損なうことになってしまいます。どうか殿にはお疑いなさいますな」

曹操は程イクの言葉に従い援軍を送らず、袁紹も予想どおり鄄城を攻めなかった。曹操は感嘆し、賈詡(かく)にこう言ったという。

「程イクの肝は孟賁(もうほん)や夏育(かいく)以上だな」

孟賁、夏育とも戦国(せんごく)時代、秦(しん)の武王(ぶおう)に仕えた勇士。

その後、程イクは山や沼地に逃亡していた者たちを駆り集め、数千の精鋭を手にする。こうして曹操と黎陽で合流し、袁譚(えんたん)と袁尚(えんしょう)の討伐に加わり、ふたりを敗走させた。

程イクは「奮武将軍(ふんぶしょうぐん)」に任ぜられ「安国亭侯(あんこくていこう)」に封ぜられる。

208年、曹操が荊州(けいしゅう)の討伐に乗り出すと、劉備は孫権(そんけん)に助けを求めた。みな孫権は劉備を殺すに違いないと考えたが、程イクの予想は違う。

それは、孫権を策謀に優れた人物としながらも、ひとりでわれらと敵対することはできないと見るもので、劉備には英名があるうえ、配下の関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)は1万人を相手に立ち向かえる。孫権は彼らを助けとし、われらに抵抗するに違いないとした。

さらに、この困難な状況を乗り越えれば両者は分裂するとも見ており、それを利用して劉備は成功を収め、もうわれらが彼を殺すことは不可能になるだろうと語った。

結局、孫権は劉備に多大な援助を与えて曹操に抵抗させる。それでも曹操の手により、中原(ちゅうげん。黄河流域)は次第に平定されていった。

あるとき曹操は程イクの背中をたたいて言う。

「兗州での敗戦の折にきみの言葉を採り上げていなかったら、私はここまで来ることができただろうか……」

一門の者は牛や酒を捧げて大宴会を開いたが、程イクは『老子(ろうし)』の言葉を引きこう言った。

「『充足を知る者は恥辱を受けない』という。私は引退する」

そして自分から兵を返上し、家の門を閉ざし外出しなくなった。程イクは強情で他人と衝突することが多かった。そのため、彼が謀反を企んでいると告げ口する者まであったが、曹操からの下賜や待遇はますます手厚いものだった。

217年?、復帰して「衛尉(えいい)」に任ぜられたが、やがて中尉(ちゅうい)の邢貞(けいてい)と威儀を争い免職。

217年、初めて魏に「衛尉卿(えいいけい。衛尉)」とその属官が置かれた。

220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと再び「衛尉」となり、「安郷侯」に爵位が進み300戸の加増を受ける。以前と合わせて封邑(ほうゆう)は800戸となった。

曹丕は程イクを「公(宰相)」にするつもりだったが、その矢先に死去(時期は不明)した。このとき80歳だったともいう。

曹丕は涙を流し、「車騎将軍(しゃきしょうぐん)」の官位を追贈したうえ「粛侯」と諡(おくりな)した。息子の程武が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』には以下のようにありました。

「程イクは若いころ、泰山(たいざん)に登り両手で太陽を捧げる夢をよく見た。彼は不思議に思い、このことを荀イクに話した」

「兗州が曹操に反旗を翻すと、程イクのおかげで3つの城を保持することができた。そのとき荀イクは曹操に、程イクがよく見るという、例の夢の話を聞かせた。すると曹操が言った。『卿(きみ)は最後まで私の腹心でいてくれるに違いない』」

「程イクの本名は『立(りゅう)』という。そこで曹操は『立』の字の上に『日』の字を加え『イク(日+立)』と改名させた」

「程立」でも悪くはなさそうですけど、やはり「程イク(日+立)」のほうが見栄えがすると思います。

没年はイマイチはっきりしませんが、曹丕が帝位にあったときなら220~226年のこと。上で挙げた「80歳で亡くなった」というのは、同じく本伝の裴松之注に引く王沈の『魏書』によるもの。

曹操に仕えたのが192年ですから、曹丕との付き合いを含めても30年ぐらいでしょうか? 仕えた時点で結構な年配だったのですね。彼の性格を考えると「公」への昇進話を受けたかどうか……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】