正史『三国志』における劉岱(りゅうたい)の扱いについて

こちらの謎は正史『三国志』における劉岱の扱いに関するものです。

このカテゴリーでは「三国志の世界」と付き合うなかで、管理人(かぶらがわ)が個人的に疑問を感じたテーマを取り上げます。

情報やご意見をお持ちの方がおられましたら、記事の最下部にあるコメント欄かお問い合わせフォームからご連絡ください。どのようなことでも構いませんのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

劉岱は前漢(ぜんかん)の斉孝王(せいのこうおう。高祖〈こうそ〉の孫の劉将閭〈りゅうしょうりょ〉。父は斉悼恵王〈せいのとうけいおう〉こと劉肥〈りゅうひ〉)の末裔(まつえい)で、劉繇(りゅうよう)の兄でもあります。

管理人「かぶらがわ」より

劉岱は『三国志』に伝が立てられていないだけでなく、困ったことに同姓同名かつあざなまで同じのもうひとりの劉岱(沛国〈はいこく〉の人)が存在したため、吉川『三国志』や『三国志演義』では一部で混同されてしまっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

三国志の謎 群雄諸侯の謎
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました