曹氏(そうし)と袁氏(えんし)の縁組について

こちらの謎は曹氏と袁氏の縁組に関するものです。

このカテゴリーでは「三国志の世界」と付き合うなかで、管理人(かぶらがわ)が個人的に疑問を感じたテーマを取り上げます。

情報やご意見をお持ちの方がおられましたら、記事の最下部にあるコメント欄かお問い合わせフォームからご連絡ください。どのようなことでも構いませんのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

建安(けんあん)8(203)年に曹操(そうそう)は劉表(りゅうひょう)討伐に向かい、軍勢をひきいて西平(せいへい)まで進みました。

これ以前に曹操が鄴(ぎょう)を離れて許(きょ)へ帰ったあと、冀州(きしゅう)では袁譚(えんたん)と袁尚(えんしょう)が支配権を巡る争いを繰り広げます。

敗れた袁譚は平原(へいげん)へ逃げますが、袁尚軍に激しく攻め立てられたため、辛毗(しんぴ)を遣わして曹操に降伏を申し入れたうえ、救援を要請しました。

曹操は荀攸(じゅんゆう)の進言を受けて袁譚の要請を容れ、西平から黎陽(れいよう)へ転進。その地で息子の曹子整(そうしせい)のために袁譚の娘を娶ったのです。

「[建安8年]冬十月、[曹操は]到黎陽、為子整(曹子整)與譚(袁譚)結婚」
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)

ところが、史実ではなく創作のほう、つまり吉川『三国志』や『三国志演義』では、袁譚が曹操の娘を娶ったという筋立てに変わっています。その理由が謎だと感じました。

管理人「かぶらがわ」より

物語としては、袁譚が曹操の娘をもらう形にしたほうがおもしろい、という発想なのでしょうか?

ですがこの縁組は袁譚の娘を人質の意味で差し出させたわけなので、曹操が娘を袁譚に嫁がせるという設定はどうもしっくりきませんでした。行き詰まって救援を求めた袁譚より、曹操のほうが圧倒的に立場は上ですしね……。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました