呉(ご)の孫堅(そんけん)の没年について

こちらの謎は呉の孫堅の没年に関するものです。

このカテゴリーでは「三国志の世界」と付き合うなかで、管理人(かぶらがわ)が個人的に疑問を感じたテーマを取り上げます。

情報やご意見をお持ちの方がおられましたら、記事の最下部にあるコメント欄かお問い合わせフォームからご連絡ください。どのようなことでも構いませんのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

正史『三国志』において、呉の孫堅の没年は初平(しょへい)3(192)年だったと書かれています。

「初平三(192)年、術(じゅつ。袁術〈えんじゅつ〉)使堅(孫堅)征荊州(けいしゅう)、撃劉表(りゅうひょう)」

「表(劉表)遣黄祖(こうそ)逆於樊(はん。樊城〈はんじょう〉)、鄧(とう。鄧城〈とうじょう〉)之間」

「堅(孫堅)撃破之、追渡漢水(かんすい)、遂囲襄陽(じょうよう)、単馬行峴山(けんざん。襄陽郊外にある山)、為祖(黄祖)軍士所射殺」
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫堅伝〈そんけんでん〉)

また、「孫堅伝」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張勃(ちょうぼつ)の『呉録(ごろく)』には以下のような記述があります。

「呉録曰、堅(孫堅)時年三十七」

そして、「孫堅伝」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『英雄記(えいゆうき)』には以下のような記述があります。

「英雄記曰、堅(孫堅)以初平四(193)年正月七日死」

こちらでは、亡くなったのは初平3(192)年ではなく初平4(193)年だと言っていますね。

さらに『英雄記』には、孫堅が死に至った経緯の描写もあります。

「又云、劉表将呂公(りょこう)将兵縁山向堅(孫堅)、堅(孫堅)軽騎尋山討公(呂公)。公(呂公)兵下石。中堅(孫堅)頭、応時脳出物故」

劉表配下の部将である呂公の兵士が、軽装で呂公を探していた孫堅に山の陰から近づき、石を落としたところ、その石が孫堅の頭に当たって即死したのだという。

亡くなった経緯の描写が違うだけでなく、亡くなった年も違うんですよね……。

亡くなった年について『三国志』(呉書・孫策伝〈そんさくでん〉)の裴松之注に引く張勃の『呉録』には、建安(けんあん)3(198)年に孫策が献帝(けんてい)に奉った、詔(みことのり)に対する謝意を示した上表文が載せられており、その中で父の孫堅を17歳の時に亡くしたことを述べています。

裴松之は、「孫策伝」に孫策が建安5(200)年に亡くなり、そのとき26歳だった(つまり熹平〈きへい〉4〈175〉年生まれ)とあることに着目。もし孫堅が亡くなったのが初平3(192)年であるなら、当時の孫策は17歳ではなく18歳だったことになる。そして『呉録』にある上表文の内容とも矛盾すると指摘。

そのうえで、張璠(ちょうはん)の『漢紀(かんき。後漢紀〈ごかんき〉)』や胡沖(こちゅう)の『呉歴(ごれき)』が孫堅の死を初平2(191)年としていることも挙げ、「孫堅伝」のほうが誤りだと結論づけています。

管理人「かぶらがわ」より

三国の一角を形成した呉の孫権(そんけん)の父である孫堅というビッグネームの没年が、なぜ正史『三国志』では初平3(192)年とされてしまったのか――。

そのこと自体はやはり謎なのですけど、孫堅は初平2(191)年に亡くなったというのが正しいのでしょうね。現時点では孫堅の個別記事を「156?~192年?(37歳?)」としたままなのですけど、「155?~191年?(37歳?)」としたほうがいいみたい。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました