正史『三国志』における劉虞(りゅうぐ)の扱いについて

こちらの謎は正史『三国志』における劉虞の扱いに関するものです。

このカテゴリーでは「三国志の世界」と付き合うなかで、管理人(かぶらがわ)が個人的に疑問を感じたテーマを取り上げます。

情報やご意見をお持ちの方がおられましたら、記事の最下部にあるコメント欄かお問い合わせフォームからご連絡ください。どのようなことでも構いませんのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

劉虞は後漢(ごかん)の東海恭王(とうかいのきょうおう。光武帝〈こうぶてい〉の息子の劉彊〈りゅうきょう〉)の末裔(まつえい)であり、当時は帝族きっての名望家でした。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

三国志の謎 群雄諸侯の謎
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました