孫礼(そんれい)

【姓名】 孫礼(そんれい) 【あざな】 徳達(とくたつ)

【原籍】 涿郡(たくぐん)容城県(ようじょうけん)

【生没】 ?~250年(?歳)

【吉川】 第285話で初登場。
【演義】 第095回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・孫礼伝』あり。

地方官を歴任して治績を上げ、曹爽(そうそう)の処刑後は「司空(しくう)」に昇る

父母ともに不詳。孫の孫元(そんげん)は跡継ぎ。

207年、曹操(そうそう)が幽州(ゆうしゅう)を平定すると、孫礼は「司空軍謀掾(しくうぐんぼうえん)」に取り立てられた。

先の動乱の時代、孫礼の母が行方不明になったことがあり、同郡の馬台(ばい)が捜し当ててくれる。孫礼は感謝し、すべての家財を彼に贈った。

のち馬台が法に触れ、その罪は死刑に該当した。孫礼はひそかに彼を牢獄(ろうごく)から逃がしたうえ、自首して出る。

だが、馬台も逃亡する理由がないと言い、刺奸主簿(しかんしゅぼ)の温恢(おんかい)のもとに出頭した。温恢は曹操に詳しい事情を説明し、孫礼と馬台とも死刑のところを1等下の刑に減ぜられた。

のち孫礼は「河間郡丞(かかんぐんのじょう)」に任ぜられ、昇進を重ねて「滎陽都尉(けいようとい)」となる。

このころ魯山(ろざん)の山中に数百人の盗賊がおり、険阻に拠り住民に被害を与えていた。そこで孫礼が「魯国相(ろこくのしょう)」として起用される。

孫礼は着任すると、扶持米(ふちまい)を出して官民を動員。賊の首に懸賞金をかけ、降伏や帰参する者を招き入れ、彼らを山中へ戻して離間させ、たちまち平定した。

次いで「山陽太守(さんようのたいしゅ)」「平原太守(へいげんのたいしゅ)」「平昌太守(へいしょうのたいしゅ)」「琅邪太守(ろうやのたいしゅ)」を歴任。

228年、孫礼は大司馬(だいしば)の曹休(そうきゅう)に付き従い、呉(ご)討伐のため夾石(きょうせき)へ赴く。この際、深入りしないよう諫めたものの、曹休に容れられず大敗を喫した。のち孫礼は「陽平太守(ようへいのたいしゅ)」に転じ、中央へ戻って「尚書(しょうしょ)」となる。

このころ曹叡(そうえい)は盛んに宮殿を造営していたが、天候は不順で、天下に穀物が少なかった。孫礼は労役をやめるよう強く諫め、曹叡に容れられた。

曹叡が大石山(たいせきざん)に狩猟に出かけた折、御車に虎(トラ)が走り寄る。孫礼はすぐさま鞭(むち)を投げ捨てて馬から下り、剣を抜き虎を斬ろうとした。しかし曹叡は、馬に乗れと孫礼に命じた。

239年、曹叡は臨終の際に曹爽を「大将軍(だいしょうぐん)」としたが、よき補佐役が必要だとも考える。そこで孫礼に寝台のそばで遺詔を受けさせ、「大将軍長史(だいしょうぐんちょうし)」に任じ「散騎常侍(さんきじょうじ)」の官位を加えた。

孫礼は誠実かつ正直(せいちょく)で妥協することがなかったため、曹爽には都合が悪い。そうしたこともあり、孫礼は「揚州刺史(ようしゅうのしし)」に任ぜられて(地方へ出され)「伏波将軍(ふくはしょうぐん)」の称号を加えられ、「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられる。

241年、呉の全ソウ(ぜんそう。王+宗)が数万の軍勢で侵攻してきたとき、州兵の多くが休暇を取っており残っている者はほとんどいなかった。孫礼は自ら守備兵を指揮して芍陂(しゃくひ)で戦う。

朝から夕暮れまで戦い続け、将兵の半数が死傷したが、孫礼の奮戦もあり敵軍は退却。詔(みことのり)によって慰労され絹700匹(ぴき)を賜る。孫礼は祭祀(さいし)の場を設け、自身も列席して哭(こく。死者に対して大声を上げて泣く礼)し、賜った絹はすべて戦死者の家に分け与えた。

孫礼は召されて「少府(しょうふ)」に任ぜられた後、地方へ出て「荊州刺史(けいしゅうのしし)」となり、やがて「冀州牧(きしゅうのぼく)」に転ずる。

このころ清河郡(せいかぐん)と平原郡との間で境界争いが起こっており、8年を経ても解決をみなかった。

孫礼は、烈祖(れっそ。曹叡)が初めて平原に封ぜられた際の地図を用いれば、座上でも判断が下せると考える。

曹叡は222年に「平原王」に封ぜられた。

そして地図を手に冀州へ赴くと、調査の結果、平原側の主張を容れるべきだとした。ところが曹爽は清河側の主張を信じ、地図を用いず、両者の言い分の食い違いについて調べるべきだと述べる。

これに対して孫礼が上奏文を奉り、地図と解釈の文書が存在することを根拠に持論を述べたうえ、(清河郡の)ユ県(ゆけん。兪+阝)が詔を受け入れないのは、自分が軟弱で職務に堪えられないからだとし、自ら放逐の処分を待つ。

曹爽は上奏文を見て激怒し、孫礼が朝廷に恨みを抱いていると弾劾。5年の禁錮刑(きんこけい)に処した。孫礼は自宅で1年ほどを過ごしたが、多くの者が執り成したので「城門校尉(じょうもんこうい)」として復帰。

当時、匈奴王(きょうどおう)の劉靖(りゅうせい)が強力な軍勢を擁しており、鮮卑族(せんぴぞく)も国境地帯を荒らしていた。

孫礼は「幷州刺史(へいしゅうのしし)」に起用され、「振威将軍(しんいしょうぐん)・使持節(しじせつ)・護匈奴中郎将(ごきょうどちゅうろうしょう)」の官位が加えられた。

249年1月、司馬懿(しばい)のクーデターによって曹爽が処刑されると、孫礼は中央へ戻って「司隷校尉(しれいこうい)」となり、7つの郡と5つの州を管轄して威信を轟(とどろ)かせた。

ここでいう「7つの郡」とは、河間・滎陽・山陽・平原・平昌・琅邪・陽平のこと。

同じく「5つの州」とは、揚州・荊州・冀州・幷州・司州(ししゅう)のこと。

同年12月、孫礼は「司空」に昇進し「大利亭侯(だいりていこう)」に爵位が進む。封邑(ほうゆう)は100戸だった。

翌250年、孫礼が死去すると「景侯(けいこう)」と諡(おくりな)され、孫の孫元が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、孫礼は盧毓(ろいく)と同郡の出身で年も近かったものの、感情的にうまくいかなかったということです。お互いの人柄には長所と短所がありましたが、名声や地位はほぼ等しかったとも。

孫礼は数多くの地方官を務めており、実務能力の高さがうかがえます。また、曹爽の意向に逆らって禁錮刑を食らうあたり、確かに正直で妥協しない人物だったらしい。

なお大石山の一件については、『吉川版』(第290話)や『演義』(第98回)でも採り上げられており、そこでは孫礼が虎を殺したという話になっていますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】