吉川版『三国志』の考察 第290話 「食(しょく)」

【この記事をシェアする】

曹真(そうしん)は郭淮(かくわい)の進言を容れ、孫礼(そんれい)に兵糧運搬を装わせ、蜀軍(しょくぐん)をおびき寄せようと計った。

だが報告を受けた諸葛亮(しょかつりょう)は、孫礼が曹叡(そうえい)から信寵されている人物だと聞くや、これが罠であることを看破する。

第290話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう)

呉(ご)の境から退き司馬懿(しばい)が洛陽に留まっているのを、時の魏人(ぎじん)は、この時勢に閑を偸(ぬす)むもの(閑を見つけては怠けるもの)なりと非難していた。

ところがここ数日にわたり、「諸葛亮(しょかつりょう)が再び祁山(きざん)に出てきた。ために、魏の先鋒の大将は幾人も戦死した」という情報が旋風のように聞こえてくると、彼への非難はピッタリやんでしまう。

やはり司馬懿は凡眼ではないと、言わず語らず、その先見にみな服した形だった。

どのような時にも、何か誹謗(ひぼう)やあげつらいの目標を持たなければ寂しいというような、一種の知識人や門外政客は洛陽にも数多い。それらの内からは向きを変え、このような非難が囂々(ごうごう)と起こってくる。

「いったい総兵都督(そうへいととく)はいるのか、いないのか? 曹真(そうしん)は何をしているか!」

曹真は魏の帝族である。それだけに曹叡(そうえい)は心を悩ませ、司馬懿を召し対策を下問した。

「恐るべきは蜀(しょく)と呼ばんより、むしろ諸葛亮そのものの存在である。どうしたらよいであろう?」

司馬懿は、おっとりと答えた。

「さほどご宸念(しんねん)には及ばないでしょう」

司馬懿は、諸葛亮が1か月分ほどの兵糧しか持たないに違いないと言い、速戦即決を望んでいると観る。なので、こちらは長期持久の策を採るべきだと。

朝廷から使いを遣り総兵都督にその由を仰せつけられ、諸所の攻め口を固くして曹真が滅多に戦わないようお命じあることが肝要だとも。

さっそく曹叡はこの方針を採る。さらに司馬懿は言った。

「山険の雪が解けるころともなれば、蜀兵の糧も尽き、嫌でも総退却を開始しましょう。虚はその時にあります。追撃を加え大勝を得ること間違いございませぬ」

曹叡は先見を称えつつも、なぜ陣頭に出て計策しないのかと尋ねる。

すると司馬懿はこう答えた。

「臣はまだ洛陽に老いを養うほどの者でもありませんが、さりとてまた生命を惜しんでいるわけでもございません。要は呉の動きの見通しがつきかねているからです」

以後、数日の間にも、曹真から届く報告はことごとく魏に利のないことのみ。そして、ようやくその自信まで失ってきたもののごとく、このように伝えてきた。

「とうてい現状のままでは守りに堪えません。ひとえにご聖慮を仰ぐ」

暗に曹叡の出馬なり、司馬懿の援助を求めている。けれど司馬懿は何か思うところがあるらしく、容易に立たない。そのうえで、曹叡にこういった献言ばかりしていた。

「今こそ総兵都督の頑張るべきときです。お使いをもって丁寧に戒められ、諸葛亮の虚実にかかるな、深入りして重地に陥るなと、くれぐれも持久策をお採らせになりますように」

朝廷では韓曁(かんき)を使いに立て、こうした方針を伝えさせる。すると司馬懿は、わざわざ韓曁を洛外まで見送りに行き、別れに臨み言づてを頼む。

「言い忘れたが、これは総兵都督の功を願うためにぜひ注意してさしあげてくれ。蜀勢が退くとき、決して性質の短慮な者や狂躁(きょうそう)な人物に追わせてはいけない。軽々しく追えば必ず諸葛亮の計に陥る。このことを朝廷の命として付け加えておいてもらいたい」

そのくせ、それほど魏軍の苦境を知りながら、自分は車を巡らせ悠々と洛陽へ戻るのだった。

(02)曹真の本営

太常卿(たいじょうけい)の韓曁が総兵都督の本部に着き、曹真に朝廷の方針を伝える。曹真は謹んで詔(みことのり)を拝受し、韓曁の帰るのを見送ったが、後にこの由を副都督(ふくととく)の郭淮(かくわい)にも語った。

郭淮は笑って言う。

「それは朝廷のご意見でも何でもない。すなわち司馬懿の見ですよ」

郭淮は、洛陽から伝えられた方針には十分感心していたが、その通りに行うだけというのも、この総司令部に人なきようで嫌だった。

そこで彼がささやいた一策は、これも曹真を動かすに足りた。曹真も、何かで連戦連敗の汚名から免れたいのである。

で、計画は徐々に実行されだす。事実、蜀軍の大なる欠陥は、大兵を養う「食(しょく)」にあることは万目一致していた。

いまや日を経るに従い、諸葛亮が食の徴発に奔命しつつあるは必定だから、敵の求めるそれを好餌(こうじ)に用いて罠にかけよう、というのが郭淮の着想である。

郭淮も絡んでいないわけではないが、井波版『三国志演義』(第98回)で具体的な策を献じたのは「孫礼(そんれい)」。

(03)祁山の西

それから1か月ほど後、魏の孫礼は兵糧を満載したように見せかけた車輛(しゃりょう)を何千となく連れ、祁山の西にあたる山岳地帯を延々と行軍していた。陳倉城と王双(おうそう)の陣へ後方から輸送していくものとは、一見して誰でもわかる。

けれど車輛にはみな青い布がかぶせてあり、その下には硫黄や焰硝(えんしょう。火薬)、また油や柴(シバ)などが隠してあった。これが郭淮の考えた、蜀軍を釣るエサなのである。

一面その郭淮は、箕谷(きこく)と街亭(がいてい)の二要地へ大兵を配し自ら指揮に臨み、張遼(ちょうりょう)の子の張虎(ちょうこ)と楽進(がくしん)の子の楽綝(がくりん)を先鋒として、あらかじめある下知を付しておいた。

さらに陳倉道の王双とも連絡を取り、蜀軍が乱れたときの配置を万全にしておいたことは言うまでもない。

ここで出てきた「張虎」は、先の第33話(07)で登場した「張虎」とは別人。

(04)祁山 諸葛亮の本営

蜀の物見は、鬼の首でも取ったように報告する。

「隴西(ろうせい)から祁山の西を越え、数千輛の車が陳倉道へ兵糧を運んでいく様子に見えます」

蜀の諸将はみなその好餌に目色を輝かせたが、諸葛亮はまったく別のことを左右に尋ねた。

「兵糧隊の敵将は誰だと言ったな?」

それが孫礼だと聞くと、諸葛亮はその人物を知る者はないかと、また尋ねる。

むかし魏にいた一将が話す。

「かつて魏王(ぎおう)が大石山(だいせきざん)に狩猟をなしたとき、一頭の大きな虎(トラ)が魏王に跳びかかったことがありました。そのとき孫礼がいきなり盾となり大虎に組みつき、剣をもって刺し殺したことから、非常に信寵を受け今日に至った人物です」

ここでいう「魏王」とは、魏の「皇帝(こうてい)」である曹叡のこと。

諸葛亮は謎が解けたように笑い、諸将に言った。

「兵糧を運送するに、それほどの上将を付けるわけがない。思うに車輛の覆いの下には、火薬や枯れ柴などが積んであるのだろう。笑うべし、わが胃に火を食わせんとは」

これをまったく無視したが、ただ無視し去ることはしない。帷幕(いばく。作戦計画を立てる場所)に将星を集め、敵の計を用いて敵を計るの機をつかみにかかる。

情報が集められ、風のごとく物見が出入りした。その帷幕の内から命令は次々に発せられている。真っ先に馬岱(ばたい)が、3千の軽兵をひきいてどこかへ走った。

次に馬忠(ばちゅう)と張嶷(ちょうぎ)が5千騎ずつをひきいて出動する。呉懿(ごい)や呉班(ごはん)らも何か任を帯びて出た。

「呉懿」については先の第196話(05)を参照。

そのほか関興(かんこう)や張苞(ちょうほう)などもことごとく兵をひきいて出払い、諸葛亮自身も床几(しょうぎ)を祁山の頂に移し、しきりと西の方角を望んでいた。

(05)祁山の西

魏の車輛隊の行軍はすこぶる遅々としている。2里(り)行っては物見を放ち、5里行っては物見を放つ。魏の物見は、諸葛亮の本陣が動きだしたことを告げた。孫礼は得たりと思い、この旨をただちに曹真の陣へ急報する。

曹真は張虎と楽綝の先鋒に向かい、こう激励した。

「今宵、祁山の西方に炎々の火光を見るときこそ、蜀兵がわが火計にかかり、本陣を空虚にしたときである。空が赤く染まるのを合図に敵の本陣へ突っ込め」

日も暮れようとし、祁山の西に留まった孫礼の運送部隊は野営の支度にかかると見せる。だがその実は、1千余輛の火攻め車をあなたこなたに屯(たむろ)させ、蜀兵を焼き殺す配置を終えていた。

発火、埋兵、せん滅の三段に手はずを定め、全軍ヒソと仮寝のしじまを装っていると、やがて人馬の音が粛々と夜気を忍んでくる様子。折ふし西南の山風が強い。孫礼は「敵きたらば」と手に唾(つば)して待っていた。

ところがいまだ魏軍が立たないうち、風上から火を放った者がある。何ぞ図らん敵の蜀兵だった。初め孫礼は味方の手違いかと狼狽(ろうばい)したが、蜀兵が火を放ったものだと知ると躍り上がって無念がる。

「すでに諸葛亮は看破しているぞ。わが事破る」

1千余の車輛を焼き立てると、蜀兵はふた手に分かれ矢を送り、石を飛ばしてきた。鼓角は夜空に響き、火光は天を焦がし、魏兵の混乱ぶりはひとかたでない。

風上から攻めくるのは蜀の馬忠や張嶷など。風下からも蜀の馬岱の一軍が鼓噪(こそう)して攻めかかる。

自ら設けた火車の死陣の中に、魏兵は火をかぶって戦うほかなかった。のみならず、魏勢は谷間や山陰の狭路に埋伏していたため、その力が分散しており、主将の命令も各個に一貫していない。

火光の中に討たれる数もおびただしいものだったが、踏み迷い、逃げ惑って焼け死ぬ者や、火傷(やけど)を負って狂う者も数知れなかった。かくてこの一計は見事に魏の失敗に終わっただけでなく、火をもって自ら焼け滅ぶの惨禍を招いてしまう。

(06)祁山 諸葛亮の本営

この夜、このような不測が起こっているとも知らず、ただ空を焦がす火光を望み、「時こそ至る」と、いたずらに行動を開始してしまったのは、曹真から命を受けていた張虎と楽綝の二隊だった。危ういかな、ふたりは盲進し諸葛亮の本陣に突入してしまったのである。

敵影はない。それは予期したところだが、須臾(しゅゆ)にして陣営の周りから、突然、湧いて出たような蜀軍の鬨の声が起こる。呉懿と呉班の軍勢だった。

ここでも魏勢は残り少なに討たれたうえ、散々の態で逃げ崩れてくる道を、さらに関興と張苞の二軍に完膚なきまで痛撃される。

(07)曹真の本営

夜明けとともに曹真の本陣には、西から南から北からと、落ち集まってきた残軍と敗将の姿こそ見る影もないもの。食うか、食われるか。戦の様相は常に苛烈(かれつ)である。この苛烈を肝に銘じていながら、曹真の軽挙は重ねがさねの惨敗をみてしまった。

曹真の落胆は恐怖に近づく。今は郭淮の献策を恨むこともできない。彼は「総兵大都督」である。そこで警戒を非常なものとした。むしろ度が過ぎるほど、堅固に堅固を取った。

「以後は必ずみだりに動くな。敵の誘いに乗るな。ただ守れ。固く守備せよ」

このため祁山の草は幾十日も兵に踏まるることなく、雪は解け、山野は靉靆(あいたい。雲が横に長く引くさま)たる春霞(はるがすみ)をほの赤く染めてくる。

(08)祁山 諸葛亮の本営

諸葛亮は悠久なる天地を眺め、あたかも霞を食うて生きている天仙か地仙のごとく、もの静かに日々を送っていた。

そのようなある日、書をしたため、陳倉道の魏延の陣へ密かに使いを遣る。楊儀(ようぎ)は魏延の陣に引き揚げが命ぜられたと聞いて怪しむ。

だが諸葛亮は、陳倉道だけでなく、ここの陣地も引き払おうと思うと話す。進発するわけではなく、漢中(かんちゅう)へ退くのだと。

楊儀は解せないとして言った。

「でも、かくのごとく蜀が勝っているところを……。しかも万山の雪は解け、いよいよ士気旺盛(おうせい)たろうとしている矢先ではございませんか?」

これを聞き諸葛亮が言う。

「さればこそ、今を退くときと思うのである。魏がいたずらに守って戦わないのは、わが病を深く知らないからだ。わが病とは、ほかでもない兵糧の不足」

「如何(いか)んともなしがたい重患だが、幸いにも敵はただその枯渇を待っていて、積極的にわが通路を断とうとはしていない。これなおわが余命のある所以(ゆえん)だ。もし今のうち療養に帰らなければ、この大軍をして救いがたい重体に落とすだろう」

それでも楊儀は言った。

「その点は、われわれも絶えず腐心しているところですが、先ごろの大勝にだいぶ戦利品も加えましたから、もうしばらくは支えられないこともありません。そのうち勝ち続けて自然と活路に出れば、敵産をもって長安(ちょうあん)に攻め入るまで食い続けられないこともないと思いますが……」

諸葛亮は、かんで含めるように諭す。

「否とよ。草は食えるが、敵の死屍(しし)は糧にならない。魏の陣気を遥かにうかがうに、おそらく大敗のことが洛陽に聞こえ、思い切った大軍をもって援けに来るに違いない。さもあらば敵は新手。後方にいくらでも運輸の道を持つ大軍。いかにしてわが勝利を保ち得よう」

「敗れて退くにあらず、勝って去るのである。退くとは戦いの中のこと、去るとは作戦による行動にほかならない。さように歯がみして無念がるな」

また、諸葛亮はこうも言う。

「しかし、魏延へ遣った使いに一計を授けてあるから、引き揚げると言っても無為に退くわけではない。見よ。やがてあそこにある魏の王双の首は、魏延のよい土産となるであろう」

関興や張苞らの若手組は案のごとく、この陣払いに対し不満を表したが、それも楊儀になだめられ着々と引き揚げにかかりだした。もちろん、それは密かに行われたものであることは言うまでもない。

(09)曹真の本営

一方で魏の曹真はその後、守るに専念し、とみに気勢も上がらずにいた。そこへ折から、左将軍(さしょうぐん)の張郃(ちょうこう)が洛陽から一軍をひきいて到着する。曹真が尋ねると、司馬懿の計らいで加勢に来たとの答え。

逆に張郃がこのごろの戦況を尋ねると、曹真は初めて少しニコッとして言った。

「この数日の戦況は大いに味方の有利に転回してきた。以後まだ大合戦はないが、諸所においていつも味方が勝ちつつある」

ところが張郃は、「アッ。それはいかん」と言う。そのことも離京の際、司馬懿がくれぐれも警戒せよと言っていたのだと。

張郃は司馬懿から言われたことを話す。

「蜀軍は、たとえ兵糧が欠乏しだしても決して軽々しくは退くまい。だが、彼の兵がしばしば小勢で出没し、そのたび負けて逃げるようなときは、大いに機微を見ていないといけない」

「反対に、彼が大軍を動かすか、大いに強みのあるときは、まだ退陣の時は遠いと見ていて間違いない。このへんが兵家の玄妙であるから、よくよく曹真閣下にお伝えしておくがいい」

曹真は何か思い当たるものがあるらしく、急に間諜(かんちょう)の上手な者を数名放ち、諸葛亮の本陣をうかがわせる。

間諜は帰ってきて報告した。

「祁山の上にも下にも敵は一兵もおりません。ただ備えの旗と囲いが残されているだけです」

続いて帰ってきた者も言う。

「諸葛亮は、漢中を指して総引き揚げを行ったようです」

曹真は頭を搔(か)いて後悔する。聞くやいな、張郃は新手の勢をもって急追してみたが、時すでに甚だ遅かった。

(10)陳倉道

陳倉道の口に残り久しい間、魏の王双を防ぎ支えていた蜀の魏延。諸葛亮の書簡に接すると、こちらも陣払いを開始していた。当然、その動きは王双の知るところとなり、暇(いとま)を置かず追撃してくる。

蜀兵の逃げ足は速かった。王双の追うことがあまりに急だったので、彼の周囲には旗本の騎馬武者が2、30騎しか続いてこられない。

すると、後から駆けてきた一騎が注意した。

「わが大将。ちと急ぎすぎましたぞ。敵将の魏延は、まだ後ろのほうにおります」

王双が振り向くと、どうしたことか、陳倉の城外にある自分の陣営から黒煙が上がっていた。あわてて引き返し、途中の有名な険路である陳倉峡口の洞門までくる。ここで上から大岩石が落ちてきて、王双の馬や部下たちはみなくじきつぶされた。

突如、後ろに一彪(いっぴょう)の軍馬が見え、その中に魏延の声がした。一度、馬上からもんどり打ったため逃げられない。その武力を表すに暇なく、ついに魏延の大剣に首を任せてしまった。魏延は王双の首を高々と槍の先に掲げさせ、悠々と漢中への引き揚げを果たす。

(11)曹真の本営

王双の死が曹真の本営へ知らされてから幾ばくもなく、陳倉の守将たる郝昭(かくしょう)の死が続けて報ぜられる。郝昭のほうは病死だったが、曹真にとっても魏にとっても重ねがさねの凶事ばかりだった。

管理人「かぶらがわ」より

郭淮の計を逆用し、魏軍に大打撃を与えた諸葛亮。ホント、この人を計るのは難しい。確かにこうなるのなら……。ひたすら堅守に努めていたほうがマシだったかも?

とはいえ、別に魏は長安へ迫られたわけでもない。こうやって魏の兵力をいくらか削ってみても、なかなか蜀の突破口は見えてきませんね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】