吉川『三国志』の考察 第137話 「蜂と世子(はちとせいし)」

劉表(りゅうひょう)は襄陽(じょうよう)に劉備(りゅうび)を招くと、老齢多病の自分に代わり、この荊州(けいしゅう)の統治を引き受けてもらえないかと頼む。

同席していた諸葛亮(しょかつりょう)も目くばせで承諾を促すが、あくまで劉備は受けようとしない。そして劉備らが旅館に戻ったところ、劉表の長男の劉琦(りゅうき)が訪ねてくる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第137話の展開とポイント

(01)江夏(こうか)

孫権軍(そんけんぐん)は勢いに乗り、水陸から江夏城へ迫る。この地に詳しい甘寧(かんねい)が真っ先に駆け入り、東門の門外数里(すうり)で黄祖(こうそ)を待ち伏せた。

やがて城から黒煙が上がり、望閣楼殿がすべて炎と化したころ、黄祖は散々に討ち崩され、わずか20騎ばかりで東門から駆け出してくる。すると、道の傍らから現れた5、6騎が不意に横へわめきかかった。

先手を取られた甘寧が見ると、呉(ご)の宿将の程普(ていふ)とその家臣たち。出遅れた甘寧はあわてて腰の鉄弓をつかみ取り一矢を放つ。矢は見事に黄祖の背を射、程普とともに駆け寄って首を挙げた。

孫権は黄祖の首をなげうち、箱に入れて本国へ送らせる。蘇飛(そひ)の首とふたつそろえ、父の墳墓を祭るであろうと。

諸軍に恩賞を分かち本国へ引き揚げることになったが、功が大きかった甘寧を「都尉(とい)」に任じ、江夏城へ若干の兵を残そうとした。

このとき張昭(ちょうしょう)が兵を残すことに反対。江夏を囮(おとり)にして劉表(りゅうひょう)を誘う、という一計を献ずる。孫権も同意し占領地をすべて放棄。総軍は凱歌を兵船に盛り、きれいに呉の本国へ帰ってしまった。

(02)呉城

檻車(かんしゃ)に放り込まれ、先に呉へ護送されていた蘇飛。孫権の軍勢が凱旋してきたことを人づてに聞き、ふと甘寧との旧誼(きゅうぎ)を思い出す。そこで書面をしたため、密かにその手渡しを人に頼んだ。

蘇飛が甘寧を助けたことについては、前の第136話(02)を参照。

孫権は、蘇飛を助けたらまた逃げて、呉へ仇(あだ)をするだろうと言うが、甘寧は首に誓ってそのようなことはさせないと応じた。

そこで助命を認めたうえ、甘寧の手引きに功があった呂蒙(りょもう)を「横野中郎将(おうやちゅうろうしょう)」に任ずる。

ところがこの宴席で、凌統(りょうとう。淩統)が剣を払い甘寧に跳びかかる。建安(けんあん)8(203)年の黄祖との戦において、父の凌操(りょうそう。淩操)は大功を立てたものの、そのころ黄祖の配下だった甘寧に射殺されていた。

凌操が甘寧に射殺されたことについては、先の第135話(02)を参照。

ここで凌統が「今年まだ21の若年」とあったが、建安8(203)年の初陣の時に15歳だったのなら、この年(建安13〈208〉年)には20歳のはず。なお『三国志演義(3)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第39回)では凌統の年齢には触れていなかった。

孫権は凌統を「承烈都尉(じょうれつとい)」に任ずる一方、甘寧には兵船100隻(せき)と江兵5千を預け、夏口(かこう)の守りを命ずる。凌統の宿怨(しゅくえん)を自然に忘れさせるためだった。

呉は水軍の編制に力を入れ、造船技術も急激な進歩を見せる。大船を盛んに建造し鄱陽湖(はようこ)に集め、周瑜(しゅうゆ)が「水軍大都督(すいぐんだいととく)」となり猛演習を続けていた。

また、孫権自身も叔父の孫静(そんせい)に呉会(ごかい)の守りを託し、鄱陽湖に近い柴桑郡(さいそうぐん)まで本営を進める。

「呉会」については先の第112話(03)を参照。

ここで「柴桑郡」とあったが、柴桑は揚州(ようしゅう。楊州)の豫章郡(よしょうぐん)に属する県名である。

(03)新野(しんや)

そのころ、新野の劉備(りゅうび)はすでに諸葛亮(しょかつりょう)を迎え、将来の計に対して準備を怠っていなかった。そこへ荊州(けいしゅう)の劉表の急使が着き、一大事があると伝える。劉備は荊州へ行くべきか迷っていたが、諸葛亮の意見に従い行くことにした。

(04)荊州(襄陽〈じょうよう〉)

劉備は供の兵500と張飛(ちょうひ)を城外に待たせておき、諸葛亮とふたりだけで登城。劉表は、先の「襄陽の会」で難儀をかけたことを詫びた後、江夏の敗北と黄祖の戦死に触れた。

劉備の「襄陽の会」における難儀については、先の第123話(03)を参照。

(05)襄陽 劉備の旅館

劉備のもとを劉表の長男の劉琦(りゅうき)が訪ねてくる。堂に迎え来意を聞くと、劉琦は涙を浮かべ、継母の蔡氏(さいし)に殺されそうになっていると訴え助けを乞うた。

「蔡氏」については先の第122話(03)を参照。

劉琦は悄然(しょうぜん)と帰るしかなかったが、劉備は気の毒そうに見送り、その際に一計を伝えた。

翌日、劉備は腹痛を理由に、諸葛亮に劉琦への回礼を頼む。

(06)襄陽 劉琦邸

諸葛亮はあいさつを済ませすぐに帰ろうとしたが、劉琦が礼を厚くして酒を勧めるので、帰ろうにも帰れなかった。

酒が半酣(はんかん)のころ、劉琦は、是非ご一覧に供えて教えを仰ぎたい古書があると言い、諸葛亮を閣の上へ誘う。しかしそこには書物などなく、諸葛亮は不審な顔をした。

すると劉琦は足元にひざまずき、涙を垂れながら百拝して保命の良計を乞う。諸葛亮が袂(たもと)を払い閣から下りようとすると、いつの間にか梯(かけはし)が外してある。それでも劉琦がいくら懇願しても、何の助言もしようとしない。

だが、劉琦が不意に剣を抜き、自分の手で頸(くび)を刎(は)ねようとすると、諸葛亮は急に押しとどめた。ここで春秋(しゅんじゅう)時代の話を持ち出し、晋(しん)の献公(けんこう)の息子である「申生(しんせい)」と「重耳(ちょうじ)」の処世を説く。

ここで出てきた例話の詳細は省くが、その概要は以下の通り。献公の第二夫人の「驪姫(りき)」が、自分の生んだ子を跡継ぎにしようと謀計を巡らせる。兄の申生が彼女の謀計にハマり父(献公)に殺されてしまうと、弟の重耳は国外へ逃れた。そして19年後、初めて世に出た晋の文公(ぶんこう)こそ、重耳だったという話。

諸葛亮は、望んで江夏の守りに就けば、継母の禍いから逃れられるだろうと勧める。重耳が国を出て、身の難を逃れたのと同じ結果が得られるだろうとも。

(07)襄陽

まもなく劉備は、再び劉表から呼ばれて登城する。そこで、急に劉琦が江夏の守りに遣ってほしいと言いだしたとの相談を受けると、しごく結構だと賛成。公(劉表)と御嫡子(劉琦)には東南の防ぎをお図りいただき、自分は西北の防ぎにあたると言い、劉表を安心させてから新野へ帰った。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (6) 赤壁の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました