吉川版『三国志』の考察 第291話 「総兵之印(そうへいのいん)」

【この記事をシェアする】

諸葛亮(しょかつりょう)が蜀軍(しょくぐん)をひきいみたび祁山(きざん)に進出。今回は陰平(いんぺい)と武都(ぶと)の両郡の攻略を目指し、王平(おうへい)と姜維(きょうい)に1万騎ずつを付けて差し向けた。

これに対し魏(ぎ)の曹叡(そうえい)は、長安(ちょうあん)で病臥(びょうが)していた曹真(そうしん)に替え、司馬懿(しばい)を「大都督(だいととく)」に起用する。

第291話の展開とポイント

(01)武昌(ぶしょう)

魏蜀(ぎしょく)の消耗(実は「しょうこう」が正しい音なのだという)を喜び、その大戦のいよいよ長く、いよいよ苛烈(かれつ)になることを願っていたのは言うまでもなく呉(ご)である。

この時にあたり呉王(ごおう)の孫権(そんけん)は、ついに宿年の野望を表面にした。彼もまた、魏や蜀に倣い「皇帝(こうてい)」を僭称(せんしょう)したのである。

(呉の黄武〈こうぶ〉8〈229〉年の)4月、武昌の南郊に盛大な壇を築いて大礼の式典を執り行い、天下に大赦を令した。

また即日、「黄武8年」の年号を「黄龍(こうりゅう)元年」と改め、亡き父の孫堅(そんけん)に「武烈皇帝(ぶれつこうてい)」と諡(おくりな)した。

併せて嫡子の孫登(そんとう)が「皇太子(こうたいし)」に昇る。その輔育(ほいく)の任には、諸葛瑾(しょかつきん)の子の諸葛恪(しょかつかく)を「太子左輔(たいしさほ)」とし、張昭(ちょうしょう)の子の張休(ちょうきゅう)を「太子右弼(たいしゆうひつ)」とした。

(02)諸葛恪について

諸葛恪は蜀の諸葛亮(しょかつりょう)の甥にあたる。資質聡明(そうめい)、声は甚だ清高だったという。つとに神異の才を称えられ、6歳の時にはこのようなこともあった。

史実の諸葛恪は建安(けんあん)8(203)年生まれ。彼が6歳の時なら建安13(208)年のことになるはずだが、その年には孫権は「呉王」ではなかった。

なお、井波版『三国志演義』(第98回)では以下の件について、(諸葛恪が)6歳の時、たまたま呉で宴会が開かれ、諸葛恪が父のお供をして宴席に連なった際の話としており、このとき孫権が「呉王」だったとはしていない。

ある折、呉王の孫権が戯れに一頭の驢馬(ロバ)を宮苑(きゅうえん)に引き出させ、面に白粉(おしろい)を塗らせたうえ「諸葛子瑜(しょかつしゆ。『子瑜』は諸葛瑾のあざな)」と四文字を書く。

諸葛瑾が人一倍の長面なので、それを揶揄(やゆ)して笑ったのである。だが君公の戯れなので、当人も頭を搔(か)いて苦笑していた。

すると、父のそばにいた6歳の諸葛恪がいきなり筆を持って庭へ飛び下り、驢馬の前に背伸びして面の四文字の下に二字を書き加える。人々が見ると「諸葛子瑜之驢」と読まれた。見事、からかわれている父の恥をそそいだのである。

井波版『三国志演義』(第98回)では、別の日の宴席で、張昭が諸葛恪に言い負かされ、無理に酒を飲むことになったという話も採り上げていた。だが、吉川版『三国志』では使われていない。

(03)武昌

この輔弼(ほひつ)に加え、丞相(じょうしょう)の顧雍(こよう)と上将軍(じょうしょうぐん)の陸遜(りくそん)を武昌に残し、皇太子の守りとする。そして孫権自身は建業(けんぎょう)へ帰った。

(04)建業

かくて魏蜀が戦えば戦うほど、呉の強大と国力は日を追うて優位になるばかり。宿老の張昭は固く兵を戒め、産業を興して学校を建て、農を励まし馬を養い、ひたすら他日に備える。

一面で蜀へ特使を遣わし、なおの善戦を慫慂(しょうよう)していた。特使の使命には孫権の皇帝即位を伝え、これを国際的に承認させる副意義もあったことはもちろんである。

(05)漢中(かんちゅう)

この特使は成都(せいと)の劉禅(りゅうぜん)だけでなく、漢中の諸葛亮のもとへも同様に臨んだ。

井波版『三国志演義』(第98回)では、成都へ呉の使者が着いた後、劉禅が諸葛亮の意見を聴くため漢中へ(別の)使者を遣わしたとある。

諸葛亮は心の内に安からぬものを抱いたに違いない。なぜなら彼の理想は漢朝(かんちょう)の統一にあるからだ。天にふたつの日なし、という信念が彼の天下観だからである。

しかし、今はそれを唱えていられないときだった。ひとたび呉が離脱せんか、魏と結ぶことは必然であり、かくては永遠に蜀の興隆はない。蜀の滅ぶときは、彼の理想もついに行い得ないことになる。

「それは実に慶祝に堪えない。いよいよ蜀呉両帝国の共栄を確約するものです」

ただちに諸葛亮も漢中の礼物を山と積ませ、呉へ賀使を遣わし喜びの表を呈した。

井波版『三国志演義』(第98回)では、諸葛亮の意見に従った劉禅が、太尉(たいい)の陳震(ちんしん)に名馬・玉帯・黄金・真珠・宝物を持たせ、祝賀すべく呉に向かわせたとある。

その際、呉へこう申し入れ、朝野に向かって時は今なることを大いに鼓欣(こきん)宣伝させた。

「いま貴国の強兵をもってお攻めになれば、魏は必ず崩壊を兆すことでしょう。わが蜀軍が不断に彼を打ち叩(たた)き、疲弊に導きつつあるのは申すまでもございません」

(06)建業

申し入れを受け、陸遜はにわかに建業へ召還される。孫権が意見を求めると陸遜は言った。

「修好の約がある以上、容れなければなりますまい。ですが、多くを蜀に労させて、呉はもっぱら虚をうかがいます。いよいよという時、洛陽(らくよう)へ入城する者は、諸葛亮よりひと足さきにわが呉軍であれば最上でしょう」

これを聞いた孫権は快げに笑う。

(07)陳倉(ちんそう)

諸葛亮は三度目の祁山(きざん)出兵を決行した。その動機となったのは、陳倉の守将の郝昭(かくしょう)がこのところ病にかかり重体だという確報を得たこと。

郝昭は洛陽へ急報し、自分に代わる大将の援軍を仰いだ。長安(ちょうあん)にあった郭淮(かくわい)は、洛陽へ奏していたのでは遅いとし、すぐに張郃(ちょうこう)に3千騎を付けて陳倉へ向かわせる。だが、この時はもう遅かった。郝昭は死し、陳倉は陥ちていた。

郝昭の死(病死)については前の第290話(11)でも触れられていたものの、このあたりの時間的な経過がわかりにくい。なお井波版『三国志演義』(第98回)では、王双(おうそう)の戦死を知らせたのが(陳倉城にいた)郝昭だとしており、吉川版『三国志』のようなわかりにくさは感じられない。

どうしてこう迅速だったかと言えば、しきりに諸葛亮の来襲を伝えたものは、実は魏延(ぎえん)や姜維(きょうい)などの一軍だった。

諸葛亮の本軍は疾く密かに漢中を発し、間道を通って陳倉城の搦(から)め手(裏門)に迫った。夜中に乱波(らっぱ。間者)を放ち城内に火をかけ、混乱に乗じてなだれ入ったものである。

そのため、味方の魏延や姜維が城中へ来たときすらすでに落城の後だった。いかに魏の張郃が急いで救援に来たところで、とうてい間に合うわけはなかったのである。

落去の跡を視察する諸葛亮。火中に死んだ郝昭の屍(しかばね)を捜させるとこう言い、兵を用いて手厚く弔えと命じた。

「この人は敵ながら、その忠魂は見上げたものだ。死すとも朽ちさすべき人ではない」

ここも「火中に死んだ郝昭」という一文が気になった。前の第290話(11)では病死したということだったはず。病死した後、安置されていた遺体が城内の火に焼かれてしまったという解釈なのだろうか?

なお、井波版『三国志演義』(第98回)では郝昭が病死したという記述はなく、蜀軍の来襲を聞いた(重病の)郝昭が、城壁の上に登って守備せよと命じている。だが、このとき各門から一斉に火の手が上がり城内は大混乱に陥る。これを知った郝昭は驚いて亡くなってしまい、蜀軍がドッと城内に突入した、という展開になっていた。

諸葛亮は魏延と姜維にまだ鎧(よろい)を解くなと言い、ただちにふたりを散関(さんかん)へ向かわせる。もし時を移しておれば、魏の兵馬が充満し第二の陳倉になるだろうと。

(08)散関

散関は手薄だったので、蜀軍は難なく乗っ取ることを得た。ところが蜀旗を掲げて半日もしないうちに、士気すこぶる盛んな魏軍が寄せ返してくる。張郃の軍勢だった。

しかし、すでに散関すら蜀軍に奪われているのを見ると、張郃はにわかに帰ろうとする。蜀勢は関を出て追撃。張郃軍は若干の損害を受け、空しく長安へ壊走した。

(09)祁山

諸葛亮は散関から戦況報告を受けると、いよいよ総兵力を挙げて陳倉から斜谷(やこく)へと進む。建威(けんい)を攻め取り祁山へ出た。

ここは二度の旧戦場。しかも両度とも蜀軍は戦いに利あらず、退却のやむなきをみている。彼にとっては実に痛恨の深い地であるに違いない。

諸葛亮は帷幕(いばく。作戦計画を立てる場所)の将星を集めて告げた。

「魏は二度の勝利に味を占め、このたびも旧時の例に倣い、われ必ず雍(よう)と郿(び)の二郡をうかがうであろうとなし、そこを防ぎ固めるに違いない。ゆえにわれは、矛を転じて陰平(いんぺい)と武都(ぶと)の二郡を急襲せん」

ここで「雍(雍城)・郿(郿城)」を「二郡」と表現していたが、これが適切なのかわからなかった。

そして王平(おうへい)と姜維に1万騎ずつを付け、陰平と武都の攻略に差し向けた。

この記述ではいくらかわかりにくいが、井波版『三国志演義』(第98回)では、王平が陰平へ、姜維が武都へ、それぞれ向かっている。

(10)長安

張郃の報告と諸葛亮の祁山出陣を聞き、郭淮は驚きに打たれる。郭淮は張郃に長安を守るよう言うと、自らは郿城を固め、雍城へは孫礼(そんれい)を派遣した。

張郃は早馬に次ぐ早馬をもって、祁山一帯の戦況を洛陽へ伝える。

「大兵と軍馬を続々下したまえ。さもなくば事態は予測を許さず」

(11)洛陽

魏の朝廷は狼狽(ろうばい)。この時、すでに呉の孫権の登極が伝わっていた。そのうえ蜀呉の特使交換や、武昌の陸遜が大兵を整え、今にも魏に攻め入ろうとする空気が濃厚にみなぎっている、などという、魏にとって不気味きわまる情報がやたらに入っていたからである。

「司馬懿(しばい)に問うしかない」

重臣や宿将は多しといえども、曹叡(そうえい)もついにはひとりの司馬懿に頼みを帰するしかなかった。

召された司馬懿は闕下(けっか。ここでは「御前」の意か?)に伏したが、このごろの風雲にはまるで聾(ろう)のような顔をしている。けれど曹叡が下問すると、その定見を糸を吐くように述べた。

「孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)が呉をけしかけたのは当たり前の考えです。呉がこれに応ずるのも修交上は当然と言えましょう。ですが呉は陸遜という偉物が軍を握っております」

「また、呉が率先挺身(ていしん)しなければ条約にたがうという理由はございませんから、攻めんと言い、攻めるぞと見せ、実は軍備ばかりしていて容易に動かない。蜀の戦いと魏の防ぎをにらみ合わせ、ひたすら機を測っているものに違いありません」

「ゆえに呉の態勢は虚です。蜀の襲攻は実です。まずもって実に全力を注ぎ、のち虚を始末すればよろしいでしょう」

言われてみると、このようにわかりきっていることをなぜ迷っていたのかと、曹叡は膝(ひざ)を打って嘆ずる。

嘆賞のあまり、曹叡は司馬懿を「大都督(だいととく)」に任じ、併せて「総兵之印」をも取り上げて汝(なんじ)に授けんと詔(みことのり)した。

しかし、司馬懿は甚だ迷惑そうな顔をする。なせなら「総兵之印」は全軍総司令たる曹真(そうしん)が持っているもの。勅命否みがたしと受けはしたが、司馬懿は言った。

「勅をもって取り上げられるのはお気の毒の限りですし、それでは当人の面子(メンツ)もありません。臣が参って自ら頂戴(ちょうだい)いたしましょう」

(12)長安

司馬懿は長安へ行き、府中で病臥(びょうが)している曹真を見舞う。

どちらでも大差はないと思うが、井波版『三国志演義』(第98回)では、曹真は洛陽の自邸で療養していることになっていた。

そして、四方山(よもやま)の話の後で尋ねた。

「時に、呉の陸遜と蜀の諸葛亮が緊密に機を結び合い、同時にわが国の境へ攻め入ってきたのをご存じですか?」

曹真は愕然(がくぜん)とする。何しろこの病体なので、誰も本当のことは知らせてくれないとも言う。

司馬懿が慰めると、さらに曹真は言った。

「いやいや。この病身では、ついに国家の大危局を救う力など到底わしにはない。どうかご辺(きみ)がこれを譲り受け、この大艱難(だいかんなん)にあたってくれ」

司馬懿は「総兵之印」を押しつけられる。これを再三辞退すると、なお曹真が言う。

「朝廷へは後でわしから奏聞しておく。決して卿(けい)に科(とが)はかけない」

どうしても曹真が聞かないので、司馬懿も断りあぐねた態をし、それでは一応お預かりしておきます、と答えて受け取った。

管理人「かぶらがわ」より

諸葛恪の機知を描いた「子瑜之驢」の逸話は、『三国志』(呉書〈ごしょ〉・諸葛恪伝)に見えました。ただ、そのとき彼が6歳だったとか、孫権が「呉王」だったとかいうことには触れられていないようです。

ですが本伝に、諸葛瑾は面長で、驢馬に似ていたとは書かれていました。ちょっと書かれ方がひどい気もしますけど、弟の諸葛亮もそのような風貌だったのでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】