吉川版『三国志』の考察 第292話 「司馬仲達計らる(しばちゅうたつはからる)」

【この記事をシェアする】

229年4月、司馬懿(しばい)ひきいる魏軍(ぎぐん)と諸葛亮(しょかつりょう)ひきいる蜀軍(しょくぐん)が、初めて祁山(きざん)で直接対峙した。

蜀は別動部隊を用いて武都(ぶと)と陰平(いんぺい)を攻略、諸葛亮の読みはことごとく司馬懿の先を行く。司馬懿は諸葛亮の実力を改めて思い知り、急に動きを見せなくなる。

第292話の展開とポイント

(01)祁山(きざん)

蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)と魏(ぎ)の司馬懿(しばい)とが堂々と正面切って対峙するの壮観を展開したのは、実にこの(蜀の)建興(けんこう)7(229)年4月の「祁山夏の陣」をもって最初とする。

それまでの戦いでは、司馬懿はもっぱら洛陽(らくよう)にあって陣頭に立たなかったと言ってよい。序戦の街亭(がいてい)の役には自ら西城(せいじょう)まで迫ったが、諸葛亮は楼上に琴を弾じ、彼の疑い退くを見るや、風のごとく漢中(かんちゅう)へ去ってしまった。

このあたりのことについては、先の第285話(10)を参照。

両々相布陣して、乾坤一擲(けんこんいってき)に勝敗を決せんとするような大戦的構想は、ついにその折には実現されなかった。

諸葛亮も司馬懿の非凡を知り、司馬懿ももとより諸葛亮の大器はよくわきまえている。そのうえでの対陣である。しかも司馬懿軍の10万余騎は、まだ傷つかざる魏の新鋭であり、その先鋒の張郃(ちょうこう)も百戦を経た雄将だった。

(02)祁山 司馬懿の本営

祁山に着いた日、司馬懿は郭淮(かくわい)と孫礼(そんれい)にこう尋ねる。

井波版『三国志演義』(第99回)では、司馬懿は10万の軍勢をひきいて祁山に到着し、渭水(いすい)の南に陣を敷いたとあった。

「一望するところ、孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)は祁山の3か所に陣を構え、旗旛(きはん。旗や垂れ下がる幟〈のぼり〉のたぐいが)整々たるものが見える。貴公らは彼がここへ出て以来、幾度かその戦意を試みてみたか?」

ふたりとも、まだ一度も戦っていないとの答え。司馬懿は続けて言った。

「孔明は必ず速戦即決を希望しているだろうに、敵も悠々とあるは、何か大なる計があるものと観なくてはならぬ。隴西(ろうせい)の諸郡からは何の情報もないか?」

すると果たして、武都(ぶと)と陰平(いんぺい)へ遣った連絡の者だけが帰ってきていないという。

司馬懿は諸葛亮がその二郡を攻めようとしていると告げ、間道から救援に向かうよう命ずる。そして守備を固めた後、祁山の後ろへ出よとも。郭淮と孫礼は即夜、数千の兵をひきいて隴西の小道を迂回(うかい)する。

井波版『三国志演義』(第99回)では、このとき郭淮と孫礼がひきいた軍勢は5千とある。

(03)救援に向かう郭淮と孫礼

途中ふたりは、諸葛亮と司馬懿のどちらが優れていると思うか、などと語り合いながら進む。

すると夜明けごろ、急に先頭の兵馬が騒ぎだす。何事かと見ると、一山の松林の中に「漢(かん)の丞相(じょうしょう)諸葛亮」と記した大旗が翻り、霧か軍馬か濛々(もうもう)たるものが山上からなだれてくる。

先の第288話(09)でも似たことが見られたが、ここで諸葛亮の旗に「漢の丞相」と記すのはマズい。諸葛亮は街亭の敗戦の責任を取る形で、自ら願い出て「右将軍(ゆうしょうぐん)」に降格していたはず。先の第286話(02)を参照。

とはいえ、気持ちとしては十分に理解できる。ここで「漢の右将軍諸葛亮」と書いていたのでは、いかにも安っぽく見えるので……。ちなみに井波版『三国志演義』(第99回)でも、軍旗には大きな字で「漢丞相諸葛亮」と記されているとあった。こっちもか……。

ふたりがいぶかしんでいる間に一発の山砲が轟(とどろ)く。それを合図に四山金鼓の声を上げ、郭淮と孫礼がひきいてきた4、5千人は完全に包囲された形になる。

諸葛亮は四輪車の上からこう呼ばわりつつ、群がる敵を前後の旗本に討たせながら近づいてきた。

「夜来の旅人。もはや先へ行くは無用。隴西の二郡はすでに陥ちわが手にあり。汝(なんじ)らも無益な戦いはやめ、わが前に兜(かぶと)を投げよ」

郭淮と孫礼はおめき合って血の中へ挺身(ていしん)したが、蜀の王平(おうへい)と姜維(きょうい)の二軍に阻まれる。

手勢を討ち減らされると、「今は是非なし」と無我夢中で逃げ出した。これを蜀の張苞(ちょうほう)が追う。しかし、魏のふたりの逃げは盲滅法(めくらめっぽう)だったし、張苞の急追もあまりに無茶だった。

松山に近い岩角に乗っていた馬がつまずいたとたん、張苞は馬もろとも谷底へ転げ落ちてしまう。後に続いていた蜀兵は、「やや。張将軍(ちょうしょうぐん)が谷へ落ちた」と逃げる敵もさておき、みなで谷底へと下りていく。

張苞は岩角に頭を打ちつけたため重傷を負い、流れのそばに昏絶(こんぜつ)していた。

(04)祁山 司馬懿の本営

郭淮と孫礼が惨たる姿で逃げ帰ってきたのを見ると、司馬懿は慙愧(ざんき)し、かえってふたりに詫びる。

「この失敗はまったく貴公らの罪ではない。孔明の知謀がわれを超えていたからだ。しかし、このわしにもなお別に勝算がないでもない。貴公たちは雍(よう。雍城)と郿(び。郿城)の二城へ分かれ堅く守っておれ」

司馬懿は一日沈思していたが、やがて張郃と戴陵(たいりょう)を招き言った。

「武都と陰平の二城を取った孔明は、さしずめ戦後の経策と撫民のため、その方面へ出向いているに違いない。祁山の本陣には依然、孔明がいるような旌旗(せいき)が望まれるが、おそらく擬勢であろう」

「汝らはおのおの1万騎を連れ、今夜、側面から祁山の本陣へ掛かれ。儂(み。われ)は正面から当たり、一挙に彼の中核を突き崩さん」

(05)祁山

張郃はかねて調べておいた間道を縫い、夜の二更(にこう。午後10時前後)から三更(さんこう。午前0時前後)にかけ、馬は枚(ばい。夜に敵を攻める際、声を出さないよう口にくわえさせた細長い木)を含み、兵は軽装捷駆(しょうく)して祁山の側面へ迂回しにかかる。

途中は峨々(がが)たる岩山の狭い道ばかり。行くこと半途にして、その道も重畳たる柴(シバ)と木材、さらに車の山でふさがっていた。張郃が踏み越えて進めと励ましていると、たちまち四方から火の手が上がり、魏兵の進路を危うくする。

山上で高らかに言っているのは、まぎれもない諸葛亮の声。

「愚や、愚や。司馬懿の浅慮者(あさはかもの)が前にも懲りず、再び同じ敗戦を部下に繰り返させている。見ずや、孔明は武(武都)や陰(陰平)にあらず。ここにあるぞ!」

怒った張郃が無理に馬を立てて駆け上がろうとすると、諸葛亮の下知に応じて巨木や大石が流れを下るごとく落ちてくる。

張郃の馬は足をくじき倒れた。彼は別の馬を拾ってふもとへ逃げ退いたが、友軍の戴陵が敵の重囲に落ちているのを知ると、取って返して救い出し、ついにもとの道へと引き返していく。

諸葛亮は後でこう言った。

「むかし当陽(とうよう)の激戦で、わが張飛(ちょうひ)とかの張郃とがいずれ劣らぬ善戦をなしたので、当時『魏に張郃あり』と大いに聞こえたものだ。その理由なきにあらざるものを今夜の態度にも見た」

「やがて彼は蜀にとって油断のならぬ存在になろう。折あらば、必ず討ってしまわねばならない害敵のひとりだ」

張郃が良将なのは否定しないが、ここで諸葛亮が称えていた内容には違和感があった。当陽での張郃は阿斗(あと。劉禅〈りゅうぜん〉の幼名)を抱いた趙雲(ちょううん)を阻もうとして、肩先から馬体まで一刀に斬り下げられ、すさまじい血をかぶっていただけだったと思う。このあたりのことについては、先の第143話(03)を参照。

だが、第143話で見える張郃と、この第292話で見える張郃が、本当に同一人物なのかイマイチはっきりしない。ちなみに井波版『三国志演義』(第99回)では、諸葛亮が左右の者に「以前、張翼徳(ちょうよくとく)どのが張郃と激しく戦い、見る者はみな驚き恐れたという話を聞いたことがある…」と言っており。ここで称えた戦いぶりが、当陽でのものとまでは言っていないようだ。

なお、「翼徳」は(『演義』における)張飛のあざな。(正史の)『三国志』では「益徳(えきとく)」とある。

(06)祁山 司馬懿の本営

一方、魏の本陣では、この惨退を知った司馬懿が手を額にあてて色を失い、その敵たることを忘れ、ただただ嘆じていたという。

「またわが考えの先を越されていたか。孔明の用兵はまさに神通ものだ。凡慮を超えている」

それでも司馬懿は自らの気を奮い、さらに心を落ち着かせると、昼夜肝胆を練り砕き次の作戦を案じていた。

(07)祁山 諸葛亮の本営

序戦二度の大勝に、蜀軍は大いに士気を上げたばかりでなく、魏軍の豊かな装備や馬匹武具などの戦利品も多く得る。

けれど司馬懿の軍勢は、それきり容易に動かない。やむなく諸葛亮も、滞陣のまま半月余りを過ごす。

諸葛亮はかこち顔に言った。

「動く敵は計りやすいが、まったく動かぬ敵には施す手がない。かかるうち味方は運送に、兵糧の枯渇に当面しては、自然、形勢は逆転せざるを得まい。はて、何とすべきだろうか?」

こうして幕々の諸将と評議していると、成都(せいと)から勅使の費禕(ひい)が着いた。

管理人「かぶらがわ」より

いよいよ直接対決の形となった諸葛亮と司馬懿。ですが、またも司馬懿が計られてしまいました。

まぁそれでも……。いつも壊滅的な損害を食わないのが司馬懿。諸葛亮がこういう勝ちを積み重ねていくうちに、結局は司馬懿のほうもパワーアップしているのですよね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】