吉川版『三国志』の考察 第222話 「趙子龍(ちょうしりゅう)」

【この記事をシェアする】

曹操(そうそう)自ら20万の大軍をひきい漢水(かんすい)まで迫ると、黄忠(こうちゅう)は劉備(りゅうび)の許しを得て迎撃に向かうが、このとき副将として趙雲(ちょううん)を付けてもらう。

黄忠は少数の兵で曹操軍の兵糧が蓄えられている北山(ほくざん)を急襲。だが、この動きは読まれていたため窮地に陥り、全滅寸前のところへ駆けつけた趙雲に救われる。

第222話の展開とポイント

(01)葭萌関(かぼうかん)

夏侯淵(かこうえん)の首を得たことは、何と言っても黄忠(こうちゅう)が一代の誉れと言ってよい。黄忠はそれを携えて劉備(りゅうび)にまみえ、さすがに喜悦の色を包みきれず、「ご一見を」と見参に供えた。

劉備も功を称揚してやまず、即座に彼を「征西大将軍(せいせいだいしょうぐん)」に任じ、その夜は大酒宴を張る。

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・黄忠伝)によると、このとき黄忠は「征西将軍」に昇進したという。だが、吉川版『三国志』では先の第204話(03)の時点で、すでに「征西将軍の黄忠」とあった。そのためここで、さらに「征西大将軍」に昇進したことになったのかもしれない。

ここへ前線の張著(ちょうちょ)から急報が届く。曹操(そうそう)自ら20万騎をひきい、徐晃(じょこう)を先陣に立て漢水(かんすい)まで迫ってきたという。そこで兵馬を留め、米倉山(べいそうざん)の兵糧を北山(ほくざん)のほうへ移している様子だとも。

諸葛亮(しょかつりょう)は情勢を判断し、劉備に対策を漏らす。これは魏軍(ぎぐん)の弱点を自ら暴露するものだとして、味方の一軍を深く境外へ潜行させるようにと。

敵の輜重(しちょう)を奪うことに成功したら、それは今次の戦いにおき、第一の勲功と言っても差し支えないとも。

傍らで聞いていた黄忠がその任を望むと、諸葛亮は冷静な面を振り、今度の敵の張郃(ちょうこう)は夏侯淵とは桁(けた)が違うと言う。

結局、諸葛亮は黄忠に散々大言を吐かせてから承知したが、副将として趙雲(ちょううん)を連れていくよう言った。

先の第219話(16)では、諸葛亮は張郃より夏侯淵を評価する発言をしていた。ここで言っていることと矛盾するようだが……。なお、井波版『三国志演義』(第70回)と(第71回)にも同じような場面が出てきた。井波版『三国志演義』(第71回)のほうでは、諸葛亮が「曹操は夏侯淵とは比べものになりません」と言っており、吉川版『三国志』のような矛盾は感じられない。

(02)漢水 黄忠の本営

趙雲は黄忠に、あなたは今度の任務を何の苦もなく引き受けられたが、何か妙計がおありなのかと尋ねる。

そんなものはない、と黄忠。ただ事成らねば死を期しているだけだと。こたびばかりでなく、それが常に老黄忠の戦(いくさ)に臨む心事なのだと。

これを聞いた趙雲は、あなたにそのような危地を踏ませることはできないと、先陣を買って出る。しかし黄忠は、強いて命を乞うた自分が先に立つのが当然だと言って聞かない。

だが趙雲も譲らず、鬮(くじ)を引き先陣と後陣を決めようと提案。こうしてふたりが鬮を引くと、黄忠が「先」を引き当てた。

「もし午(うま)の刻(正午ごろ)までに敵地から帰らなかったら、その時には援軍を繰り出してくれ」

そう言い残すと、一軍をひきい敵地深くへ入っていく。趙雲は見送った後、心もただならぬよう部下の張翼(ちょうよく)に告げた。

「老将軍が午の刻までに帰らなかったら、私はただちに漢水を渡り、しゃにむに敵の中へ駆け込むであろう。そのとき汝(なんじ)はしかと本陣を守り、滅多にここを動いてはならぬぞ」

(03)北山

黄忠はわずか500の部下を連れ、未明に漢水を渡り、夜明けごろには敵の糧倉本部たる北山のふもとへ迫って山上の兵気をうかがっていた。

井波版『三国志演義』(第71回)では、黄忠は500の兵だけを陣営に残したうえ、副将の張著には自分の加勢を命じていた。

「柵(さく)は厳しいが、守備は手薄と思われたり。それっ、駆け上って満山の兵糧に火を放て!」

黄忠の一令を耳にするや、蜀兵は朝霧を突き諸所の柵を打ち破り、まだ眠っていたらしい魏兵の夢を驚かせた。

遥か漢水の東に陣していた張郃はその朝、北山の煙を見て仰天した。にわかに兵に下知し真っ先に駆けつけると、すでに全山の糧倉は炎に包まれている。諸所の山道や坂路では蜀兵と守備兵とが入り乱れて戦っていた。

ここで張郃が、「このうえは小癪(こしゃく)な蜀の雑兵を踏み殺し、せめてはその首将たる黄忠の首でも挙げねば魏公(ぎこう)に申し訳がない…」と言っていた。だが、この時の曹操は「魏王(ぎおう)」である。それを「魏公」などと呼んだら、首が飛びかねない不敬だと思うが……。

このことは早くも曹操の本陣に達し、そこからも北山の煙がよく見えた。曹操はさらに徐晃を増援に送り込む。

(04)漢水 黄忠の本営

この時すでに巳(み)の刻(午前10時ごろ)を過ぎていた。今朝から固唾(かたず)を飲んでいた趙雲は腹を据える。

「まだ午の刻には少し間があるが、あの黒煙が空に見えだしてから時も経つ。いでこのうえは老黄忠の安否を見届けん」

趙雲は張翼に改めて言う。

「先にも言った通り、汝は寨(とりで)の狭間(城壁に作った、矢や弾を放つための穴)に弩(ど)を張り、敵が迫るまでみだりに動くな」

こう言い残すやいな、3千の兵を差し招いて野を馳(は)せ、数条(すうじょう)の流れを越え、ひたすら北山の黒煙へと近づいた。

ここにあった「狭間」の解釈は微妙かも? 当時の弩が狭間から発射できたのか、よくわからなかったので……。

(05)北山のふもと

趙雲は、道を遮った文聘(ぶんぺい)の手下の慕容烈(ぼようれつ)を、ただひと突きに突き殺し血しぶきの中を駆け抜けていく。さらにふもと近くでは、重厚な一軍を構えた焦炳(しょうへい)に阻まれる。

先に来た蜀軍のことを聞くと、焦炳が答えた。

「何を寝ぼけておるか。黄忠を始め蜀の木っ端どもは一兵残らず討ち殺した。汝もまた、わざわざ骨をうずめに来たか?」

焦炳が鋭い三尖刀(さんせんとう)を差し伸べると、趙雲はありったけな声で吼(ほ)えかかり、敵の胸板に槍を突き通した。

「三尖刀」については先の第143話(03)を参照。

(06)北山

趙雲は意識しないうちに張郃や徐晃の囲みも突破していたが、誰も彼の前に馬を立てることはできなかった。

北山のここかしこで敵の重囲に陥ち、せん滅の寸前まで追い込まれていた黄忠軍は、趙雲が救いに来たと知ると、思わず歓呼を上げ集まってきた。500の兵は3分の1に討ち減らされていたが、それでもその中に黄忠の顔が見える。

趙雲は黄忠の身を抱えんばかりに鞍(くら)を寄せ、「お迎えに来た。もう安心されい」と一散に走りだす。

だが黄忠はなお振り向いてばかりで、部下の張著が見えないと嘆く。これを聞くと趙雲は取って返し、別の囲みから張著を救って走りだした。

この日、曹操は高所に登って戦況を見ていたが、趙雲の戦いぶりに大いに驚く。軽々しく前に立つなと急に陣鼓を打たせ、味方に向かい無用の命を捨てるなかれと戒めた。

(07)漢水 曹操の本営

立ち騒ぐ味方をまとめ、曹操は漢水のこなたに陣容を改める。そして自ら陣頭に出たが、これは散々な部下の敗北を自身の采配で取り返そうとするものらしくみえた。

(08)漢水 黄忠の本営

首尾よく黄忠や張著を救い出し自軍の寨に帰っていた趙雲。互いの無事を喜び、また今日の戦勝を賀し、祝杯の用意を命じていた。そこへ後詰めの張翼が馬煙を巻き逃げ帰ってくる。

張翼は、祝杯どころではないと言わんばかりな顔をして告げた。

「一大事です。曹操が来ました。自身大軍をひきい、やがてこれへ来ます。いやその軍容の物々しさ、何万騎やらただ真っ黒になって漢水を越えてきます」

趙雲は卑怯(ひきょう)を叱り、またすぐ張翼やほかの者たちを激励して言った。

「すべての陣門を開け。射手はみな堀の中に身を伏せろ。旗は潜め鼓はやめよ。そして林のように寂として、たとい敵が目に映る所まで来ても必ず動くな」

こうしてしばらくすると、まったく鳴りを潜めた寨内から堀橋にかけて、ただ一騎の蹄(ひづめ)の音が妙に高く聞こえた。趙雲が一騎、槍を横たえ突っ立っている。

やがて魏の先鋒が到着したが、敵が深く謀っているようだと疑心暗鬼に捕らわれ、そこからは進み得ない。

曹操は陣前に出て、ためらわずに攻めるよう命ずる。日は暮れかけていたが、この暮靄(ぼあい)を突き徐晃と張郃の部隊が突進した。しかし、なお橋上の趙雲がびくとも動かないので、ふたりはいよいよ気味悪く思い、急に駒を返そうとする。

すると、初めて趙雲が呼びかけた。

「やあ、魏の人々。せっかくこれまで来ながら、物も言わぬ間に逃げ帰る法やある。待ちたまえ、待ちたまえ」

はや曹操までが後から続いてきたので、徐晃も張郃も再び勇を鼓し堀際へと駆け向かう。ここで趙雲が下へ向かって何か怒鳴ると、とたんに堀の陰から無数の矢が大地すれすれに射放たれた。魏の人馬は噓(うそ)のようにバタバタ倒れ、曹操も肝を冷やして逃げ出した。

すでに遅し、蜀の別動部隊は米倉山の横道に迂回(うかい)し、また一手は北山のふもとへ出る。振り返れば、魏の陣々は到る所で火の手だった。

いよいよ曹操は退却に急だったが、当然、寨内から趙雲以下の全軍が追撃してきたため、漢水の流れにかかるやここかしこに溺(おぼ)れる者、討たれる者、その数も知れぬほどだった。

管理人「かぶらがわ」より

タイトルにも使われていた「趙子龍」は、まさに劉備軍に欠かせない存在。関羽(かんう)や張飛(ちょうひ)とは異なるタイプで、本当に安定感が抜群なのですよね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】