吉川『三国志』の考察 第124話 「琴を弾く高士(ことをひくこうし)」

劉表(りゅうひょう)配下の蔡瑁(さいぼう)の計略を何とかかわし、檀渓(だんけい)を跳んで対岸へ逃れた劉備(りゅうび)。

しばらく進んだところでひとりの童子に呼び止められると、誘われるまま司馬徽(しばき)の住まいを訪ねた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第124話の展開とポイント

(01)司馬徽(しばき)の庵(いおり)

檀渓(だんけい)を跳んで辛くも一命を拾った劉備(りゅうび)。ひとりさまよっていたところを童子に呼び止められ、誘われるまま司馬徽(水鏡先生〈すいきょうせんせい〉)の庵を訪ねる。

ここで劉備自身が、はや47歳になったことを嘆じていた。延熹(えんき)4(161)年生まれの劉備が、このとき(建安〈けんあん〉12〈207〉年)47歳だったというのは史実とも合う。

また、ここで童子が、劉備の耳が人並み優れて大きかったことから大耳子(だいじし)とあだ名されていたことを語っていた。

劉備が童子に取り次ぎを頼んでいると、はたと琴の音がやみ、たちまちひとりの老人が内から扉を排してとがめる。

ここで司馬徽のことを「老人」や「年は50余りとおぼしく」などと表現していたが、何を根拠にした設定なのかわからなかった。

司馬徽は劉備とあいさつを交わし、草堂へ迎え入れる。劉備は檀渓を跳ぶに至った経緯を包まずに語った。

司馬徽は、すでに立派な朝廷の藩屛(はんぺい。国家の守りとなる諸侯)たるあなたが、なぜ他人の領地で空しく大事な時を過ごしているのかと惜しむ。

ここで司馬徽から現在の官職を尋ねられた劉備が、左将軍(さしょうぐん)・宜城亭侯(ぎじょうていこう)で予州牧(よしゅうのぼく。豫州牧)を兼ねていると答えていた。この時の官爵は史実とも合っているようだが、先の第121話(07)では公孫康(こうそんこう)も左将軍に任ぜられたとあった。このあたりの兼ね合いは史実も含めてよくわからなかった。

その言葉に反論する劉備だったが、関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)・趙雲(ちょううん)は一騎当千の勇ではあるが権変の才はない。

孫乾(そんけん)・糜竺(びじく。麋竺)・簡雍(かんよう)らも言わば白面の書生で、世を救う経綸(けいりん)の士ではない、とも言われると、劉備はしばらくさしうつむいて黙考する。

やがて面を上げ、今の世に張良(ちょうりょう)・蕭何(しょうか)・韓信(かんしん)のような人物を望むほうが無理だと思う、と言った。そのような俊傑が隠れているはずはない、とも。

しかし、司馬徽は聞きもあえずに面を振り、「いつの時代でも決して人物が皆無ではない。ただそれを用いる具眼者がいないのだ」と、彼の考えを否定する。

劉備が教えを乞うと、司馬徽は近ごろ諸方で歌われているという童歌を持ち出して説く。

建安8(203)年に劉表(りゅうひょう)が前妻(陳氏〈ちんし〉)を亡くしたところから家が乱れ始めたこと。建安13(208)年に劉表が死去するであろうこと。そして天命は帰する所があること。劉備は、天命の帰する所とはあなたのことだと言われて驚く。

また司馬徽は、臥龍(がりょう)か鳳雛(ほうすう)のうちひとりを得ることができれば、おそらく天下は掌(たなごころ)にあると告げる。

劉備は身を乗り出しさらにふたりの素性を聞こうとするが、司馬徽は不意に手を打ち、「好々(よしよし)、好々」と言いながら笑った。唐突な奇言にとまどう劉備だったが、これは司馬徽の癖であることを後で知った。

司馬徽は劉備と食事をともにし、今宵は臥房(ふしど)へ入り休むよう勧める。劉備は好意に甘え別の部屋へ入ったが、なかなか寝つけなかった。

すると深夜になって馬のいななきが聞こえ、庵の後ろで人の気配や戸の音がする。思わず耳を澄ませていると、徐元直(じょげんちょく)という壮年らしい男が訪ねてきたようだ。

翌朝、劉備は昨夜の客のことを尋ねる。司馬徽は、よい主君を求めるため、もう他国へ出かけただろうとだけ答えた。

劉備は足元にひざまずいて再拝しながら、新野(しんや)へ来てほしいと頼む。だが、司馬徽はカラカラと笑い、自分に十倍百倍もするような人物が、今に必ず将軍をお助けするだろうと答え、自身は動こうとしない。

なお劉備は臥龍と鳳雛の名や所在を聞き出そうとしたが、司馬徽は「好々」と応ずるのみ。

そのとき童子が駆け込み、数百人の兵を連れた大将が庵の外を取り囲んだと伝える。劉備が出てみると趙雲の一隊だった。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (05) 孔明の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました