吉川版『三国志』の考察 第306話 「水火(すいか)」

諸葛亮(しょかつりょう)が葫蘆谷(ころこく)に大規模な拠点を築いていると伝わると、ようやく司馬懿(しばい)も動きを見せた。魏軍(ぎぐん)は部隊を繰り出すたび勝利を重ね、蜀軍(しょくぐん)の力を侮るようになる。

そのうち司馬懿は祁山(きざん)を総攻撃すると見せかけ、自身は途中で進路を一転。息子の司馬師(しばし)と司馬昭(しばしょう)を従え、中軍の精鋭200騎のみをもって葫蘆谷を急襲。ところが、谷の内には恐るべき罠が待ち受けていた……。

第306話の展開とポイント

(01)渭水(いすい) 司馬懿(しばい)の本営

魏軍(ぎぐん)の一部は翌日も出撃を試み、若干の戦果を挙げる。以来、機をうかがい出撃を敢行するたび諸将がそれぞれ功を得た。

その多くは葫蘆(ころ。葫蘆谷〈ころこく〉)の口へ兵糧を運んでいく蜀勢(しょくぜい)を襲撃したもので、糧米や輸車、そのほかの鹵獲(ろかく)は魏の陣門に山積みされた。捕虜は毎日、数珠(じゅず)つなぎになって送られてきたが、司馬懿は惜しげもなく解き放した。

ここ久しく合戦もなく、長陣に倦(う)み、功名に渇していた魏の諸将は、われもわれもと許しを仰ぎ戦場へ飛び出す。そしておのおの功を競い、必ず勝って帰った。そういう連戦連勝の日が20日余りも続いた。

「出て戦えば、勝たぬ日はない」

近ごろでは、それが魏の将士の通念になっていた。実際、往年の面影もないほど蜀兵は弱くなっている。

要するにこの原因は、多くの兵を農産や土木や撫民に用いすぎた結果、軍そのものの本質が低下したに違いない。また、陣地移動による兵力の分散も弱体化の因をなしているものであろうと魏軍では観ていた。

この観測は、いつの間にか司馬懿の胸にも合理化されてくる。ある日、司馬懿は捕虜の中に蜀の一部将がいるのを見て自ら取り調べた結果、心から左右に語った。

「戦況は急に有利に開けてきた」

その虜将の口述により、諸葛亮(しょかつりょう)が今いる陣地も明らかになる。葫蘆谷の西方10里(り)ばかりの地点にいて、目下、谷の城寨(じょうさい)の内へ数年間を支えるに足る、大量の食糧を運び込ませているのだという。

「測るに祁山(きざん)には、孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)以外の諸将がわずかに守っているにすぎまい」

司馬懿はついに戦いの主動性を握り奮い立つ。祁山総攻撃の電命は、久しく閉じたる帷幕(いばく。作戦計画を立てる場所)から物々しく発せられたのである。

息子の司馬師(しばし)が尋ねた。

「なぜ諸葛亮のいる葫蘆を攻めずに、祁山を攻めるのですか?」

司馬懿が、祁山は蜀勢の根本だと答えると、さらに司馬師が言う。

「しかし、諸葛亮は蜀全体の生命とも言えましょう」

すると司馬懿は言った。

「だから大挙して祁山を襲い、わしは後陣として続くが、実は不意に転じて葫蘆谷を急襲する。孔明の陣を蹴(け)破り、谷中に蓄えている彼の兵糧を焼き払う考えなのじゃ。兵機は密なるうえにも密を要す。あまり問うな」

息子たちはみな服し、父の計を称える。司馬懿はまた、張虎(ちょうこ)と楽綝(がくりん)を呼んで言いつけた。

「わしは後陣として行くが、汝(なんじ)らはなおわが後から続いてこい。硫黄や焰硝(えんしょう。火薬)を十分に携えてくるように」

(02)葫蘆谷の近く 諸葛亮の本営

諸葛亮は日々、葫蘆の谷口に近い一高地に立ち、遥かに渭水と祁山の間を見ていた。1か月近くも味方の負け戦(いくさ)のみを眺めていたわけである。

その危険なる中間地帯を高翔(こうしょう)の輸送隊がのべつ往還し、わざわざ敵の好餌(こうじ)となっていたのも、祁山の兵が戦えば敗れ、戦えば敗れている蜀勢も、もとより彼の意中から出ている現象で憂暗となるものではなかった。

その日、かつて見ない大量なる魏の軍馬が、またかつて見ざる陣形をもって一団一団、さらにまた一軍、また一軍と、祁山へ指し堂々と前進していくのが遠く眺められた。

「おうっ! ついに仲達(ちゅうたつ。司馬懿のあざな)が行動しだした」

諸葛亮は思わず叫ぶ。声は口の内だったが、語気はその面を微紅に染めた。待ちに待っていたものである。ただちに左右から一将を選んで伝令を命じ、かねて申し含めておいた事どもを怠るな、ゆめ疑うなかれと、祁山の味方へ急速に言い遣った。

(03)祁山 蜀の軍営

蜀軍は祁山に拠って以来の猛攻撃に包まれる。到る所で屍(しかばね)に屍を積むの激戦が行われた。魏は当然、大量な犠牲も覚悟のうえの総掛かりなので、馬の蹄(ひづめ)も血潮で滑るような難攻の道を、踏み越え踏み越え中核へ肉薄する。

こういう乱軍を予想し、司馬懿は中軍の後ろから突然方向を変え、葫蘆谷のほうへ急ぐ。彼の跡を慕って張虎と楽綝の二隊が続いた。また、彼の周囲には中軍の精鋭200ばかりと、司馬師と司馬昭(しばしょう)の息子ふたりが寄り添っていた。

(04)葫蘆谷へ向かう司馬懿

その途中、幾回となく蜀兵が阻める。しかし何の備えもなく、狼狽(ろうばい)のまま立ち向かってくるにすぎない。2、300の小隊もあり、7、800の中隊もあった。もとよりその程度のものでは鎧袖一触(がいしゅういっしょく)の値すらない。

蹂躙(じゅうりん)、また蹂躙。司馬懿父子の前には柵(さく)もなく、兵もなく、矢風もない。ここは敵地かと疑われるくらいである。まさに無人の境を行くがごとき速さと激しさだった。

するとやや強力な圧力が南方から感じられる。前方に立ちはだかった大将と一軍を見れば、蜀中に猛将の名のある魏延(ぎえん)。司馬師と司馬昭や旗本の精鋭は一団となり出はなへ跳びかかる。司馬懿も龍槍(りゅうそう)をしごき、魏延の足元へわめき進んだ。

魏延は奮戦する。さすがに強い……。一進一退が繰り返されるかと見えた。けれど、司馬懿の後ろには張虎と楽綝の二軍が続いてくる。その重厚とすさまじい戦意に押され、たちまち魏延は逃げ出す。

この日ほど司馬懿が積極的に出たことはまれである。ここぞと必勝の戦機を見定めれば、彼も決して保守一点張りの怯将(きょうしょう)でないことは、これを見ても明らかである。

はや葫蘆谷の特徴ある峨々(がが)たる峰々も間近に見えた。魏延は敗走する兵を立て直すと再び鼓躁(こそう)を盛り返し抗戦してくる。

そして、そのたび若干の損害を捨てては逃げた。無念、無念と追い詰められていく姿だった。けれど、これも諸葛亮の命であることは言うまでもない。ついに魏延は、甲盔(こうがい。鎧〈よろい〉と兜〈かぶと〉)まで捨てて谷の内へと逃げ込む。

さらに、かねて諸葛亮から言われていたところの、昼は七星の旗、夜は七盞(しちさん)の灯火の見えるほうへ、という指令の目印に従い走った。

諸葛亮の指令については前の第305話(04)を参照。

(05)葫蘆谷

谷の口まで来ると司馬懿は急に馬を止め、逸(はや)る旗本やふたりの息子を後ろに制する。そして左右の者に、2、3騎で谷の内を見届けてこいと命じた。数騎の旗本が谷の口へと駆け入る。大勢が馬首を並べては通れないような隘路(あいろ)だった。

すぐ戻ってきた旗本は司馬懿に状況を伝える。

「谷の内を見渡すと、諸所に柵や壕(ごう)があります。また、新しき寨門(さいもん)や糧倉などは見えますが、守備の兵はことごとく南山の一峰へ逃げ退いているようです」

「遥かそこには七星の旗も見えますから、おそらく諸葛亮も、いち早く谷外の本陣を彼方へ移したものと思われます」

聞くと司馬懿は、鞍坪(くらつぼ)を打ち叩(たた)き命令した。

「敵の兵糧を焼き尽くすのは今だ」

一道の隘路を混み合い、みな続々と谷の内へ突進する。だが司馬懿は、魏延が刀を横たえ控えているのを見ると、後ろに続く者たちに馬上から手を振って制した。

彼方に魏延の一軍が見えたことも懸念されたし、なお彼をたじろがせたものは、付近の穀倉や寨門に沿いおびただしい量の枯れ柴(シバ)が積んであることだった。

本来なら火気厳禁の制を敷いていなければならない倉庫の付近に、燃えやすい枯れ柴などが山となって見えるのはなぜだろうか?

先に見届けに入った旗本たちには、その不審がすぐに不審と感じられなかったのは是非もないが、司馬懿の活眼はそれを見逃しにできなかった。司馬師と司馬昭が逸りきるのを、なお司馬懿は抑えて言った。

「いや待て。いま通ってきた隘路こそ危ない。谷の内で動いておる間に万一、蜀の一手があの谷口をふさぎ止めたら、われは出るにも出られない破滅に陥ろう。誤った。師よ、昭よ、早く外へ引き返せ」

司馬懿は息子たちとともに声の限り、後へ返せ、もとの道へと、鞭(むち)を振り上げ制したが、とうてい勢いづきなだれ込んでくる後続部隊まで容易に指令が届かない。

その混雑のうちに、何とはなく急に異臭が強く鼻を突いてきた。目にも染む、喉(のど)にもむせる。火を放った者は魏軍にはいない。それどころか命令の混乱で、駆け込んでくる者と引き返そうとする者とが谷口の一道で渦巻いている騒ぎである。

時こそあれ、一発の轟音(ごうおん)が谷の内にこだました。と思うと、隘路の壁をなしている断崖(だんがい)の上から、驚くべき巨大な岩石が山を震わせいくつも落ちてきた。

馬も人もその下になった者は、悲鳴すら上げ得ずに押しつぶされてしまう。たちまち谷口は、累々たる大石に大石を重ね封鎖されてしまった。

いや、その程度はまだ小部分の一事変でしかない。四方の山から飛んできた火矢は、いつの間にか谷中を火の海となす。火に追われて逃げ回る司馬懿以下、魏軍の駆け狂うところ、地を裂き爆雷は天に冲(ちゅう)し、木という木、草という草、燃えださないものはなかった。

魏兵の大半は焼け死ぬ。火に狂う奔馬に踏まれて死ぬ者もおびただしい数である。火炎と黒煙の谷底から阿鼻叫喚(あびきょうかん)が空にまでこだました。

このありさまを見て、「計略は図に当たった。さあ立ち退こう」と、心地よげに谷口へ向かっていったのは司馬懿軍を誘い入れた魏延。ところがすでに谷口はふさがれていたので、その魏延までも逃げる道を失ってしまう。

魏延はあわてる。部下も火に追われ次々と倒れた。彼の鎧にも火が付いてきた。魏延は髪を逆立てて罵りやまない。

「さては孔明の奴、日ごろのことを根に持ち、おれまでを司馬懿とともに殺そうと計ったに違いない。無念、ここで死のうとは!」

司馬懿父子は3人がひとつ壕の中に抱き合い、「あぁ、われら父子も、ついにここで非命の死を受けるのか……」と嘆き悲しんでいた。

しかし、なおこの父子の天運が強かったものだろうか。時しも沛然(はいぜん)として大驟雨(おおゆうだち)が降ってくる。ために、谷中の大火も一度に消えてしまった。

そして濛々(もうもう)たる黒霧が立ち込め、霧を吹き捲(ま)く狂風に駆られ、再び赤い火が諸所からチロチロと立ち始めると、また驚くべき雨量が地表も流すばかりに降り抜いた。

父子3人は壕の中から這(は)い上がる。どこをどう歩いたか、ほとんど意識もなく死の谷間から外へ出た。

馬岱(ばたい)の小勢がこれを見つけ、まさか司馬懿父子とも思わず追いかけていく。だが、そのうち魏の一部隊が来たので、つまらぬ者を追っても無用と引き返してしまう。

かくて司馬懿父子は完全に命拾いした。彼の出会った味方の部隊の中に、張虎と楽綝の二将も救われていた。

(06)渭水 司馬懿の本営

司馬懿が渭水の本陣へ帰ってみると、ここにも異変があり、東部の一陣地は蜀兵に占領されている。それを撃退せんものと、魏の郭淮(かくわい)と孫礼(そんれい)らの一軍が浮き橋を中心に激戦の最中だった。

司馬懿を擁した一軍が帰ってきたのを見ると、蜀軍はにわかに退却し遠く渭水の南に陣を下げた。司馬懿は浮き橋を焼き、敵の進路を断てと命ずる。

もとよりこの浮き橋は、河流のほかの地点にも幾条となくあるので、祁山へ向かった味方が引き揚げに困るようなことはない。その方面から続々と帰ってきた魏軍もすべて敗北の姿を負っていた。夜通し篝(かがり)を焚き、負傷者や敗走者を北岸へ収容することに努める。

さらに司馬懿は蜀軍が下流を越え、本陣の後ろへ迂回(うかい)する恐れがあるとして、かなりの兵力を後方へも向けた。

この日、魏が被った損害というのは物質的にも精神的にも、開戦以来、最大のものと言えるほどだった。しかし、この戦果を見てもなお、蜀軍の内にはただひとり天を仰いで痛涙に暮れていた人がいる。言うまでもなく諸葛亮その人である。

「事ヲ謀ルハ人ニアリ。事ヲ成スハ天ニアリ。ついに長蛇を逸せり。あぁ、是非もないかな」

彼が司馬懿父子を捕捉(ほそく)し、今日こそと必殺を期していた計も、心なき大雨のために万谷の火は一瞬に消え、まったく水泡に帰してしまった。

管理人「かぶらがわ」より

周到な下準備を経て発動された諸葛亮の大計。ただ、天はこのことを成しませんでした。この第306話で描かれた葫蘆谷の一件は(正史の)『三国志』には見えません。ですがそれを踏まえても、『演義』の魅せる創作のひとつだろうと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】