吉川版『三国志』の考察 第134話 「出廬(しゅつろ)」

ようやく諸葛亮(しょかつりょう)との対面がかなった劉備(りゅうび)は、漢室(かんしつ)再興にかける熱い思いを語り、彼の意見に耳を傾ける。

だが諸葛亮は、いささか所見を述べたのは、たびたび訪ねてくださった非礼を詫びる気持ちからだと言い、出廬に応じてくれない。しかし劉備も簡単に引き下がらず、ついに……。

第134話の展開とポイント

(01)隆中(りゅうちゅう) 諸葛亮(しょかつりょう)の草廬(そうろ)

10年語り合っても理解し得ない人と人もあるし、一夕の間に100年の知己となる人と人もある。劉備(りゅうび)と諸葛亮は互いに一見旧知のごとき情を抱いた。

諸葛亮は所見を述べ始め、この荊州(けいしゅう)から起って益州(えきしゅう)を討ち、両州を跨有(こゆう)したうえで曹操(そうそう)と対立することが可能になると説く。

また、呉(ご)とは和戦両様の構えで外交を行う。こうすれば漢室(かんしつ)の復興という希望も、はや痴人の夢ではないのだと。

諸葛亮は童子を呼び、書庫にある西蜀(せいしょく)54州の地図を持ってこさせる。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「(ここでいう54州は)正しくは54県。益州を指す」という。「ただし益州の管轄下にある県の数は実際には全部で118あり、54というのは、このうち巴(は)・蜀・広漢(こうかん)・漢中(かんちゅう)・犍為(けんい)の5郡のみの合計である」ともいう。

なお、范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』(郡国志〈ぐんこくし〉)を見てみると、確かに言われている通りの数になっていた。

諸葛亮は天地の大なることを示すが、劉備は荊州の劉表(りゅうひょう)、そして益州の劉璋(りゅうしょう)とも自分と同じ漢室の宗親なので、その国を奪うのは忍びないとためらう。

これに対し諸葛亮は、心配には及ばないと断ずる。劉表の寿命は早晩おのずから尽きる。劉璋は健在とはいえ、国政の乱れに民は苦しみ、それを正すのを誰が仁義なしと言うのかと。

劉備はひと言の下に心服し、事ごとに大義と小義とを混同している自己の蒙(もう)を悟る。そこで改めて出廬を乞うが、諸葛亮は急に言葉を変えて言った。

「今日いささか所信を述べたのは、先ごろからの失礼を詫びる寸志のみです。朝夕おそばにいるわけにはいきません。やはり自分は分を守り、ここに晴耕雨読していたい」

劉備は落涙し、先生(諸葛亮)が起たれなければ、ついに漢の天下は絶え果ててしまうと嘆く。

この様子を見ていた諸葛亮は、やがて唇を開くと、静かに、しかし力強い語韻で言った。

「いや、お心のほどよくわかりました。もし長くお見捨てなくば、不肖ながら犬馬の労を取って、ともに微力を国事に尽くしましょう」

劉備は「あまりにうれしくて、何やら夢のような心地がする」と言い、関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)を呼んで子細を語る。そして供に持たせてきた金帛(きんぱく)の礼物を、主従固めの印ばかりにと贈った。

諸葛亮は辞して受けなかったものの、大賢を聘(へい)すには礼儀もある。志ばかりの物だからと言われると、弟の諸葛均(しょかつきん)に納めさせた。諸葛亮は諸葛均に妻(黄承彦〈こうしょうげん〉の娘の黄氏)のことを頼み、草廬の留守を任せる。

その夜、劉備はここに一泊。翌日には駒を並べて草廬を発った。岡を下ると、昨夜のうちにこの趣を供の者が新野(しんや)へ告げに行ったとみえ、迎えの車が村まで来ていた。

劉備は諸葛亮とひとつの車に乗り、帰る途中も親しげに語り合う。このとき劉備は47歳、諸葛亮は27歳だった。

ここはちょっと残念。前の第133話(01)では、年が明け建安(けんあん)13(208)年になったと書かれていた。ならば劉備と諸葛亮の年齢もひとつずつ増やし、48歳と28歳とすべきだろう。

(02)新野

新野に帰ってからも劉備と諸葛亮は寝るにも部屋をともにし、食事をするにも卓を別にしたことがない。昼夜天下を論じ、人物を評し史を案じ、令を工夫していた。

諸葛亮は新野にわずか数千の兵しかおらず、財力も極めて乏しいことを知る。そこで劉備に、劉表に勧めて戸簿を整理し、遊民を簿冊に入れ、非常の際はすぐ兵籍に加え得るようにしなければならないと言った。

また、自ら保券(ほけん)の証人となり、南陽(なんよう)の富豪の「大姓黽氏(たいせいぼうし)」から銭1千万貫(がん)を借り受ける。これを密かに軍資金に回し、その内容を強化した。

ここで出てきた「大姓黽氏」についてはよくわからず。大姓(権力のある家柄)の黽氏から資金を借りたということだろうか? なお『演義』では、この(諸葛亮が借財したという)件に言及がないようだ。

管理人「かぶらがわ」より

劉備の「三顧の礼」に応え、いよいよ出廬する諸葛亮。まさにお互い「あなたがいてよかった」という感じなのでしょう。

でもちょっと意地悪な見方をすれば、いくら胸に大略を抱いていても、誰も諸葛亮を迎えに来なかったら……。この先の展開はどうなっていたのでしょうね?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】