吉川版『三国志』の考察 第288話 「二次出師表(にじすいしのひょう)」

街亭(がいてい)の敗戦以来、諸葛亮(しょかつりょう)は漢中(かんちゅう)に留まって蜀軍(しょくぐん)の再編制にあたり、ようやく目的を遂げつつあった。

趙雲(ちょううん)の訃報に接したあと、諸葛亮は劉禅(りゅうぜん)に「後出師表(こうすいしのひょう)」を奉呈。出兵の許しを得ると自ら30万の大軍をひきいて陳倉(ちんそう)へ進撃する。

第288話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう)

魏(ぎ)の大司馬(だいしば)の曹休(そうきゅう)は、石亭(せきてい)の大敗を深く恥じ恐れて洛陽へ逃げ戻っていたが、まもなく癰疽(ようそ。悪性の腫〈は〉れ物)を病んで亡くなってしまう。

彼は国の元老であり、帝族のひとりでもある。曹叡(そうえい)は勅して厚く葬らせた。するとその大葬を機に、呉(ご)の抑えとして南の境にいた司馬懿(しばい)が取るものも取りあえず上洛する。

諸将が怪しんで尋ねると、司馬懿はこう答えた。

「お味方は街亭(がいてい)に一勝したが、その代わり呉に一敗を受けてしもうた。孔明(こうめい。諸葛亮〈しょかつりょう〉のあざな)は必ずお味方の敗色をうかがい、再び迅速な行動を起こしてくるに違いない」

「隴西(ろうせい)の地が急なるとき誰がよく孔明を防ごうか? かく言う司馬懿のほか人はないと思う。それゆえに急ぎ上ってまいった」

これを聞いた者は笑う。

「彼は案外、卑怯(ひきょう)だぞ。呉は強いが蜀(しょく)は弱い。そう見ておるのだ。先の一戦に味を占め、呉には勝てんが蜀になら勝てるつもりでおるのだろう」

しかし、このような毀誉褒貶(きよほうへん)を気にかける司馬懿でもない。彼は彼として深く信ずるものあるがごとく、折々に悠々と朝(ちょう)に上り、洛内に自適していた。

(02)漢中(かんちゅう)

時に諸葛亮もまた、以来漢中にあって軍の再編制を遂げ、その装備や軍糧などもまず計画どおりに進み、おもむろに魏の間隙(かんげき)をうかがっていた。

呉の石亭での大勝が伝わると、成都(せいと)から三軍へ酒が下賜される。諸葛亮は一夜、盛宴を張り恩賜を披露し、併せて将士の忍苦精励を慰めた。

ところが、宴もたけなわのころ一陣の風が吹いて、庭上の老松の枝が折れる。諸葛亮はふと眉(まゆ)を曇らせたが、なお将士の歓を興ざめさせまいと何気ない態で杯(さかずき)を重ねていた。

そこへ侍中(じちゅう)の一士が取り次ぐ。

「ただいま趙雲(ちょううん)の子の趙統(ちょうとう)と趙広(ちょうこう)がふたりして参りました。これへ召しましょうか?」

聞くと諸葛亮はハッとした顔をし、嗟嘆(さたん)しながら手の杯を床へ投げてしまう。

「あぁ、いけない。趙雲の子が訪ねてきたか。老松の梢(こずえ)はついに折れたそうな」

彼の予感は当たっていた。やがてそこへ導かれてきたふたりの子は、「昨夜、父が亡くなりました」と、趙雲の病没を知らせに来たのである。

諸葛亮は耳をそばだてて惜しみ、潸然(さんぜん)と涙した。

「趙雲は先帝(劉備〈りゅうび〉)以来の功臣。蜀の棟梁(とうりょう)たる者であった。大きくは国家の損失であるし、小さくはわが片臂(かたひじ)を落とされたような心地がする」

(03)成都

この悲しみはただちに成都へも報ぜられる。劉禅(りゅうぜん)も声を放って泣いた。

「むかし当陽(とうよう)の乱軍中に趙雲の腕(かいな)に救われなかったら、朕が今日の命はなかったものである。悲しいかな、いまその人は逝く」

勅して「順平侯(じゅんぺいこう)」と諡(おくりな)し、成都郊外の錦屛山(きんびょうざん)に国葬をもって厚く祭らしめた。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「『錦屛山』は山の名。益州(えきしゅう)蜀郡に属す。現在の四川省(しせんしょう)大邑県(だいゆうけん)東。後漢(ごかん)・三国時代にこの地名はなかった」という。ちなみに、先の第196話(01)で出てきた「錦屛山」とは別の山だった。

このことについて同じく『三国志演義大事典』によると、「(『錦屛山』は)『閬中山(ろうちゅうざん)』ともいう。益州巴郡(はぐん)に属す。現在の四川省閬中県南。ふたつの峰が屛風のようにそそり立ち、四季の花が錦(にしき。いろいろな色糸や金銀の糸を横糸に使い、きれいな模様を織り出した厚い高価な織物)のように入り乱れて咲くことからこの名がある」という。

また、遺子の趙統を「虎賁中郎将(こほんちゅうろうしょう)」に任じ、弟の趙広を「牙門将(がもんしょう)」に任じて父の墳(つか)を守らせた。

井波版『三国志演義』(第97回)では、趙統を「虎賁中郎」に任じ、趙広を「牙門将」に任じて、父の墓守をするよう命じたとある。

ここへ漢中から、諸葛亮の使いとして楊儀(ようぎ)が到着。劉禅の闕下(けっか。ここでは「御前」の意か?)に伏し恭しく一書を奉呈する。

これなん諸葛亮が再び悲壮なる第二次北伐の決意を披歴した、いわゆる「後出師表(こうすいしのひょう)」であった。

表に言う。

「漢と賊とは両立しない。王業はまた偏安すべきものではない。これを討たざるは、坐(ざ)して亡(ほろ)ぶを待つに等しい。坐して亡びんよりは、むしろ出でて討つべきである。そのいずれがよいかなど議論の余地はない」

諸葛亮は表の冒頭に、まずこのような大正案を下していた。彼の抱持する理想とその主戦論に対し、いまなお成都の文官中には消極論がまま出るからであった。

しかし彼は筆を進め、「この業たるや、けだし一朝一夕に成るものではなく、魏を撃滅することの困難と百忍を要することは言うまでもない」と、慎重かつ悲調なる語気をもって、魏の強大な戦力と蜀の不利な地勢弱点を正論する。

また今日、自己が漢中に留まり戦衣を解かないでいる理由を6か条に分けて記し、不撓不屈(ふとうふくつ)、ただ先帝の遺託に応え奉るの一心と、国あるのみの赤心を吐露した。

そして末尾の一章には、悲壮極まる言葉が読まれた。

「今、民窮シ、兵疲ルルモ、事熄(や)ムベカラズ、僅(わず)カニ一州ノ地ヲ以テ、吾(わ)レニ十倍ノ賊ト持久セントス。コレ臣ガマダ解カザルノ一也」

「臣、タダ鞠躬尽力(きっきゅうじんりょく。一所懸命に尽くすこと。鞠躬尽瘁〈きっきゅうじんすい〉)、死シテ後已(や)マンノミ。成敗(せいはい)利鈍ニイタリテハ、臣ガ明ノヨク及ブトコロニ非(あら)ザル也。謹ンデ表ヲタテマツッテ聖断ヲ仰グ」

この表は(蜀の)建興(けんこう)6(228)年冬11月付になっていた。また井波版『三国志演義』(第97回)では、「後出師表」に書かれていた物故者についても触れており、趙雲を始め、陽羣(ようぐん)・馬玉(ばぎょく)・閻芝(えんし)・丁立(ていりゅう)・白寿(はくじゅ)・劉郃(りゅうこう)・トウ銅(とうどう。登+阝)の名を挙げていた。だが吉川版『三国志』では、このくだりを(おそらく意図的に)省いており、趙雲以外の7人については文中にも名が見えていない。

先ごろ魏はおびただしい数の軍勢を呉の境に出したものの、戦い利あらず。のち曹休も没し、以後、魏の関中(かんちゅう)にはかつてのごとき勢いはなく、また戦気も見えない。

「関中」については先の第204話(03)を参照。

西域の守りも自然、脆弱(ぜいじゃく)を免れまいと見た諸葛亮が、この再挙の機を捉(とら)えて表を上せてきたものであることは、すでに言外にあふれている。もとより劉禅は許した。これを受け、ただちに楊儀は漢中へ帰っていく。

(04)漢中

諸葛亮は詔(みことのり)を拝すと、半年余りの慎重な再備と軍紀に結集された蜀の士馬30万を起こし、陳倉道(ちんそうどう)へ向かって進発した。

この年、諸葛亮48歳。時は冱寒(ごかん。厳しい寒気)の真冬。天下に聞こゆる陳倉道の険と四山の峨々(がが)は万丈の雪に包まれ、眉も息も凍てつき、馬の手綱も氷の棒になるような寒さだった。

(05)洛陽

魏の境界にある常備隊は漢中の動きを見るや大いに驚き、この由を洛陽へ伝令する。

「諸葛亮、再び侵攻す。蜀の大軍、無慮数十万。急ぎ防戦のお手配あれ」

曹叡は群臣を集めて問うた。

「果たして諸葛亮はまた襲ってきた。長安(ちょうあん)の一線を堅守して国防の全きを保つには、そも誰を大将としたらよいか?」

この席にあった大将軍(だいしょうぐん)の曹真(そうしん)が面目なげに言う。

「臣、先に隴西に派せられ祁山(きざん)において諸葛亮と対陣し、功少なく罪は大でした。密かに慙愧(ざんき)して、いまだ忠を攄(の)ぶることができないのを恥ずかしく思っております」

「ですが近ごろひとりの頼もしき大将を得ました。彼はよく60斤(きん)に余る大刀を遣い、千里(せんり)の征馬に乗ってなお鉄胎(てったい)の強弓を引きます」

「また、その身には2個の『流星鎚(りゅうせいつい)』を秘し持ち、一放すればいかなる豪敵も倒し、百たび発して百たび外すことがありません。願わくはこの者こそ、このたびは臣の先鋒にお命じ賜らんことを」

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「『流星鎚』は飛鎚。紐(ひも)の両端に鎚(おもり)を付け、敵に当てるほうを『正鎚』、自分の手に残すほうを『救命鎚』と称する」という。

曹叡がすぐ呼ぶよう言うと、ほどなく殿上に一怪雄が現れた。身の丈7尺(せき)、目は黄色で面は黒い。腰は熊(クマ)のごとく、背中は虎(トラ)に似ている。

井波版『三国志演義』(第97回)では、王双(おうそう)の身長は「9尺」とある。

しかもそれに盛装環帯して、傲岸(ごうがん)世になきがごとき大風貌をしていた。曹叡は喜び眺め、曹真に「彼の産はどこか?」と尋ねる。

曹真が直答するよう促すと、怪雄は伏して奉答した。

「隴西郡狄道県(てきどうけん)の生まれで『王双』、あざなを『子全(しぜん)』と申す者でございます」

曹叡は即座に彼を「前部大先鋒(ぜんぶだいせんぽう)」に任じ、また「虎威将軍(こいしょうぐん)」の称号を授ける。

さらに「これは汝(なんじ)の偉軀(いく)に似合うだろう」と、鮮やかな錦の戦袍(ひたたれ)と黄金の鎧(よろい)を下賜した。

そして、なお曹真に言う。

「恥じて恥にひるむな。再び『大都督(だいととく)』として戦場に行き、先の戦訓を生かして諸葛亮を破れ」

こうして曹叡は、前の通り総司令官たるの印綬(いんじゅ。官印と組み紐)を授けた。曹真は恩を謝し洛陽の兵15万を引き連れ、長安へ行って郭淮(かくわい)や張郃(ちょうこう)らの軍勢と合する。これらを前線諸所の要害に配し、防戦の備えを万端整え終わった。

(06)陳倉の城外

すでに漢中を発した蜀軍は陳倉道を進むうち、ここの隘路(あいろ)と三方の険を負い、「通れるものなら通ってみよ」と言わんばかりに要害を構えている一城にぶつかっていた。

これなん先に魏が諸葛亮の再征を見越して早くも築いておいた陳倉城で、そこを守る者も忠胆鉄心の良将、かの郝昭(かくしょう)である。

このあたりのことについては前の第287話(01)を参照。

蜀の諸将は言った。

「この大雪にこの険路。加うるに魏の郝昭が要害にこもっていては、とても往来はなりますまい。道を変えて太白嶺(たいはくれい。太白山〈たいはくざん〉)の鳥道を越え、祁山へ打って出てはいかがでしょう?」

しかし、諸葛亮は容れずに応える。

「この一城だに攻め落とせないようでは、祁山へ出たところで魏の大軍には勝てまい。陳倉道の北は街亭にあたる。この城を陥して味方の足だまりとなせ」

魏延(ぎえん)に攻撃の命を下して連日攻めさせたが、城は揺るぎもしない。この時、蜀の陣中に「勤祥(きんしょう)」という者があった。

ここで出てきた「勤祥」については、(正史の)『三国志』や『演義』では「靳詳」となっていた。

その勤祥が、敵の守将の郝昭とは同郷の友だと名乗り出て諸葛亮に献言する。

「ひとつ私を城下まで出してください。郝昭とはずいぶん親しい間柄でしたが、私が西川(せいせん。蜀)に流落して以来、つい無沙汰のままに過ぎていました。懇々と利害を説き、降伏するよう勧めてみます」

諸葛亮は望むところと、その乞いを許す。勤祥は城門の下から呼びかけた。

「友人の勤祥である。久しぶりに郝昭に会いたくてやってきた」

(07)陳倉

郝昭は櫓(やぐら)から一見した後、門を開いて懐かしげに迎え入れる。勤祥は彼を説き、諸葛亮に引き合わせたいと言ったが、まったく相手にされない。

勤祥が帰ろうとしないため、郝昭は部将に命じて馬を引かせ、有無を言わせずその背に押し上げる。そして城門を開かせると、自ら槍の柄で馬の尻(しり)を殴った。

(08)陳倉の城外 諸葛亮の本営

勤祥はありのままを復命する。ところが諸葛亮は、もう一度行って、さらに利害を説くよう命じた。郝昭の人物が惜しまれていたのである。

(09)陳倉の城外

勤祥は甲衣馬装を飾り、今度は堂々と城の堀際に立つと、城中の郝昭に向かって呼びかけた。

「量るにこの一孤城、如何(いか)んぞ蜀の大軍を防ぎ得べき。わが丞相(じょうしょう。諸葛亮)は足下(きみ)の英才を惜しんでやまぬゆえに、再びそれがしをこれへ差し向けられたものだ。この機を逸せず門を開いて蜀に降り、またこの勤祥とも長く交友の楽しみを持て」

ここで勤祥が諸葛亮のことを「わが丞相」と呼んでいたが、これは残念だった。諸葛亮は街亭の敗戦の責任を取る形で、自ら願い出て「右将軍(ゆうしょうぐん)」に降格していたはず。先の第286話(02)を参照。

郝昭は櫓の上から言い返す。

「言うをやめよ。汝とそれがしとは、なるほど、かつては相識(そうしき)の友であったが、弓矢の道では知り合いでもない。いったん魏の印綬を受け、たとえ100人の寡兵なりとこの身を信じて預け賜ったからには、その信に答うる義のなかるべきや」

「われは武門、汝は匹夫。いま一矢を与えぬのも武士の情けだ。戦(いくさ)の邪魔、疾く疾く失せよ」

郝昭が櫓の上から姿を隠すと、たちまちおびただしい数の矢弾が空にうなった。勤祥は是非なく立ち戻り、ついに諸葛亮の前で匙(さじ)を投げる。

すると、諸葛亮はひと言に決した。

「よし。このうえは私自身が指揮して踏み破るまでのことだ」

管理人「かぶらがわ」より

趙雲の死をもって、かつての「五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)」もついにみないなくなりました。時の流れを感じます。

「五虎大将軍」については先の第225話(01)を参照。

「後出師表」を奉呈し陳倉道から進軍する諸葛亮でしたが……。ここは陳倉城の備えといい、郝昭の起用といい、司馬懿の読みが冴えていましたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】