曹啓(そうけい)

【姓名】 曹啓(そうけい) 【あざな】 ?

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹霖(そうりん)の息子、東海王(とうかいおう)

父は曹霖だが、母は不詳。兄弟には曹髦(そうぼう)がおり、おそらく曹啓のほうが兄。

249年?、曹啓は曹霖が薨去(こうきょ)したためその跡を継ぎ、東海王に封ぜられた。

景初(けいしょ)年間(237~239年)・正元(せいげん)年間(254~256年)・景元(けいげん)年間(260~264年)にたびたび加増され、6,200戸となった。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

上の加増についてのくだり、景初年間のものは曹霖の代のことになりますね。

曹霖の没年については、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・東海定王霖伝〈とうかいていおうりんでん〉)には嘉平(かへい)元(249)年のことだとありましたが、『三国志』(魏書・斉王紀)には嘉平2(250)年のことだとあり、はっきりしませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました