蒯越(かいえつ)

【この記事をシェアする】

【姓名】 蒯越(かいえつ) 【あざな】 異度(いたく)

【原籍】 南郡(なんぐん)中廬県(ちゅうろけん)

【生没】 ?~214年(?歳)

【吉川】 第122話で初登場。
【演義】 第006回で初登場。
【正史】 登場人物。

曹操(そうそう)が荊州(けいしゅう)よりも欲しがった名士

父母ともに不詳。蒯良(かいりょう)は兄。

蒯越は、秦末(しんまつ)漢初(かんしょ)の人である蒯通(かいとう)の後裔(こうえい)にあたるという。公正な人柄で才知もあり、堂々たる風貌を備えていた。

彼の名声を聞いた大将軍(だいしょうぐん)の何進(かしん)から召され「東曹掾(とうそうのえん)」に任ぜられた。

何進が「大将軍」を務めていた期間は184~189年。

蒯越は宦官(かんがん)の誅殺を進言したが、何進は決断できない。そこで何進を見限り、自ら求めて「汝陽県令(じょようけんのれい)」として転出すると、190年に「荊州刺史(けいしゅうのしし)」となった劉表(りゅうひょう)を補佐し、州内の平定に貢献した。

のち蒯越は献帝(けんてい)の詔(みことのり)によって「章陵太守(しょうりょうのたいしゅ)」に任ぜられ「樊亭侯(はんていこう)」に封ぜられた。

208年7月、曹操が軍勢をひきいて南下を開始し、荊州の攻略に乗り出す。

同年8月、劉表が病死。長男の劉キ(りゅうき。王+奇)を差し置き、次男の劉ソウ(りゅうそう。王+宗)が跡を継ぐ。

蒯越は、従事中郎(じゅうじちゅうろう)の韓嵩(かんすう)や東曹掾の傅巽(ふそん)とともに曹操への帰順を進言。初めこそ劉ソウは渋ったものの、結局は彼らの意見に従う。

帰順後、蒯越は「光禄勲(こうろくくん)」に任ぜられ、改めて「列侯(れっこう)」に封ぜられた。

のち蒯越は214年に死去したが、臨終に際し曹操に手紙を送り、家族のことを頼んだという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・劉表伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く傅玄(ふげん)の『傅子(ふし)』などによるものです。

この『傅子』には、曹操が荊州平定後に荀イク(じゅんいく)に手紙を送り、こう述べたともありました。

「荊州を手に入れたことより、蒯異度(『異度』は蒯越のあざな)を手に入れたことのほうがうれしい」

このような高い評価を得た蒯越でしたが、補佐役としては諸葛亮(しょかつりょう)などとは比べられないでしょう。

まぁ、劉キにせよ劉ソウにせよ、みなで守り立てて曹操に対抗するには力不足ですよね。それにしても、旧劉表配下の重臣たちは割り切りが早い……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】