何進(かしん)

【姓名】 何進(かしん) 【あざな】 遂高(すいこう)

【原籍】 南陽郡(なんようぐん)宛県(えんけん)

【生没】 ?~189年(?歳)

【吉川】 第017話で初登場。
【演義】 第001回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

妹のおかげで大将軍(だいしょうぐん)に昇るも、宦官(かんがん)誅滅に失敗して死す

父は何真(かしん)だが、母は不詳。何苗(かびょう)は異母弟で、何氏(かし。霊帝〈れいてい〉の皇后〈こうごう〉)は異母妹。息子がふたりはいたことがうかがえる。

何進の家はもともと屠殺(とさつ)を生業としていた。父の死後、彼は宦官の手引きで妹の何氏を後宮に入れた。

何氏は霊帝の寵愛を受け、やがて劉辯(りゅうべん。のちの少帝〈しょうてい〉)を生み、180年12月には皇后に立てられた。妹のおかげで何進も霊帝から目をかけられ出世した。

184年3月、黄巾(こうきん)の乱の勃発を受け大将軍に任ぜられ、兵をひきいて洛陽(らくよう)の都亭(とてい)に駐屯。

189年4月、霊帝が崩御(ほうぎょ)し劉辯(少帝)が即位すると、何氏が皇太后(こうたいごう)として臨朝。またこの月、上軍校尉(じょうぐんこうい)の蹇碩(けんせき)を獄死させた。

同年8月、何進は宦官誅滅を計るも事が漏れ、中常侍(ちゅうじょうじ)の張譲(ちょうじょう)や段珪(だんけい)らにより謀殺された。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』には何進の伝が立てられていないため、その事績も断片的なものしか拾えませんでした。一方で范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』には彼の伝が立てられています。

『三国志』には何進に招かれた人物として多くの名が挙げられていました。王匡(おうきょう)・伍孚(ごふ)・袁紹(えんしょう)・劉表(りゅうひょう)・蒯越(かいえつ)・荀攸(じゅんゆう)・孔融(こうゆう)・鮑信(ほうしん)・鄭泰(ていたい)・華歆(かきん)といった面々。陳寔(ちんしょく)や張紘(ちょうこう)には断られたようですけどね。

何進が袁紹らと宦官の誅滅を計り、これに難色を示した何太后に圧力をかけるべく董卓を都に呼び寄せようとしたとき、鄭泰や陳琳(ちんりん)などが反対を唱えました。

この董卓を都へ呼び寄せたことが破滅の決定打でしたが、そもそも何進の器では世の混乱を収めることは難しそう。それでも董卓がこのタイミングで上洛しなければ、その後の諸侯の勢力分布や淘汰(とうた)の過程はまったく違ったものになっていたのでしょうね。
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました