夏侯威(かこうい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 夏侯威(かこうい) 【あざな】 季権(きけん)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第301話で初登場。
【演義】 第102回で初登場。
【正史】 登場人物。

夏侯淵(かこうえん)の四男

父は夏侯淵だが、母は不詳。夏侯衡(かこうこう)・夏侯霸(かこうは)・夏侯称(かこうしょう)はみな兄で、夏侯栄(かこうえい)・夏侯恵(かこうけい)・夏侯和(かこうか)はみな弟。夏侯駿(かこうしゅん)と夏侯荘(かこうそう)という息子がいた。

夏侯威は男気のあることで知られ、「荊州刺史(けいしゅうのしし)」や「兗州刺史(えんしゅうのしし)」を務め、曹叡(そうえい)の太和(たいわ)年間(227~233年)には「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

曹丕(そうひ)が「五官将(ごかんしょう。五官中郎将〈ごかんちゅうろうしょう〉)」だったころ(211~217年)、座にあった30余人の人相を朱建平(しゅけんぺい)に見させたことがあった。

この折、朱建平は夏侯威にこう言った。

「あなたは49歳で『州牧(しゅうぼく)』になられますが、そのとき災難があるでしょう。それをうまく切り抜けられれば『公輔(こうほ。天子〈てんし〉の補佐役)』の位に昇られ、70歳までは大丈夫でしょう」

のち夏侯威は「兗州刺史」となったが、49歳の12月上旬に病にかかる。彼は朱建平の言葉を思い出し、遺言をしたためたうえ葬儀の準備まで整えさせた。

ところが12月下旬に病状は快方へ向かい、ほぼ癒えたと言えるまで回復。そこで大みそかの夕方、主だった部下たちを招き酒席を設けて言った。

「私の病もようやく良くなり、明日の夜明けには50歳を迎える。朱建平が戒めた時期も無事に過ごせたということだ」

しかし、酒席が果てて休もうとしたとき夏侯威の病は再発し、そのまま夜半に死去してしまったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・夏侯淵伝)と裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く郭頒(かくはん)の『世語(せいご。魏晋世語〈ぎしんせいご〉)』および『三国志』(魏書・朱建平伝)によるものです。

文中に「49歳」や「50歳」という記述が見られますが、具体的に何年のことなのかはわかりませんでした。

夏侯威に関する特段の記事がなかったものの、兄弟が列挙されていたので拾っておきました。朱建平伝」のネタのひとつに使われた感じもしますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】