吉川『三国志』の考察 第014話 「打風乱柳(だふうらんりゅう)」

劉備(りゅうび)が県尉(けんい)を務める安喜県(あんきけん)にやってきて、無茶な要求をほのめかす勅使の督郵(とくゆう)。

ついに張飛(ちょうひ)がその横暴に耐えかね、督郵一行が滞在する県の役館の門を壊して乱入。そこで督郵の姿を見つけると――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第014話の展開とポイント

(01)安喜県(あんきけん) 役館

泥酔した張飛(ちょうひ)が、督郵(とくゆう)が泊まっている役館の門を壊して躍り込む。

奥にいた督郵を抱えて門外へ出ると、その体を大地に叩(たた)きつけ罵った。そして門前の大きな柳の木に吊(つ)るす。張飛は柳の枝を折り督郵を打ち始め、やがてその数が200回以上にもなった。

私邸に閉じこもっていた劉備(りゅうび)のもとへ、張飛が督郵を打ち据えているとの知らせが届く。劉備は居合わせた関羽(かんう)とともに駆けつける。

劉備の姿を見つけた督郵は卑しい言葉を吐いて助けを求め、かえって彼の張飛を制止しようという気持ちを削いだ。

それでも劉備は、あくまで督郵が勅使であることに思いを致し、張飛の手から柳の枝を奪い肩を打つ。こうして縄を解き、督郵の体を下ろした。

ここで関羽から、我々は住む所を誤ったと説かれ、いったん身を退いて別に遠大の計を図り直すよう勧められる。

劉備は胸に掛けていた県尉(けんい)の印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)を解き、官を捨てることを督郵に告げ立ち去った。

ここで印綬を胸に掛けていたという記述があったが、印綬はそういう使い方でいいのかよくわからなかった。

管理人「かぶらがわ」より

役館の門をぶち壊し、督郵をビシビシ打ち据える張飛。読み手としては、スッとした、いい気味だ、といったところなのでしょうが――。

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)やその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』によると、督郵を杖(つえ)で200回(『典略』では100回余り)も打ち据えたのは、張飛ではなく劉備なのですよね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(01) 桃園の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました